手作り広場*燻製料理 | くじらぐもびより

手作り広場*燻製料理

 今日の手作り広場は燻製料理。
 
ベーコン:1週間前に豚バラ固まり肉にフォークで穴をブツブツ開け、塩4%、砂糖2%、コショウ、ハーブをすりこむ。赤ワインをひたひたに注ぎ、冷蔵庫で保存。 液から取り出し、流水で8時間くらい洗い、塩を抜く。 しっかり水分をふき取り、冷蔵庫でふたをせず、乾かすように保存。
60度くらいの燻煙で5~6時間燻すと完成。
くじらぐもバージョンは冷燻で桜の枝を使っている。ハーブは庭のローズマリーとオレガノ。 燻す時間は3時間。料理の時に火を入れながら使っている。 長期保存は小分けにして冷凍。
 
鮭や魚の切り身など:ソミュール液 水に対して4%の塩、2%の砂糖に1から2日漬け、1時間くらい流水に当て塩抜き。 水分をしっかり取る
たこは塩10%の液に漬けた。
 
 とにかくどれも水分をしっかり取るのがポイント。
 
このドラム缶がくじらぐもの燻製器。 桜の枝で燻製していく。
 
昨日おろした鮭。駆け足でソミュール液につけ、朝、塩抜きして水分を取った。
燻製は濡れていると香りがつきづらいので水分を取るのが大切。 豆腐も水切りをしっかり
 
ここちゃん 輝いている
 
 
 
 大物はドラム缶。
短時間のものは、ペール缶を再利用。
 
ベーコンは1週間前から液につけて準備。 燻す時間が長い方がいいのでまずは朝一に燻し始めた
 
 今年の燻製料理は種類も多く、いろいろな味や香りを楽しめた。
 
ご近所の紅葉。1週間でだいぶ紅葉した
 
 
のどか
 
うたくんのおみやげたんぽぽを摘んだ。 テントウムシ
 
クサギの実。 美しい色
 
ドゥ ミールでモンブラン。 至福
 
帰り道浄居寺へ立ち寄る。 水鏡。 風でさざ波だっているときれいな景色は映らない。 難しいけれど心もできるだけ平穏にしていたい。 
 
 
 
 
 
 
同じ明野なのにイチョウや紅葉落葉している木が多かった。 不思議
 
 
大きなつつじ
 
ただいま。 くじらの庭
 
夕ご飯 日本酒と燻製料理や差し入れのおいしくて楽しい時間。 流星群は雲に覆われて見られなかったのが残念