小さな音楽会 | くじらぐもびより
新型コロナウイルスに関する情報について

小さな音楽会

 今日は台風の余波もあって、一日風が強く吹いていた。 雨は降らず、気温は暑くもなく、寒くもなかった。
 

じゃーん。 少し見えづらいけれど弘樹くんデザイン。 山梨県のコロナ対策で代表者の連絡先を聞くことになっているのだけれど、この紙に書いてもらおうという作戦。 予約の方や知っている方は連絡先が分かるのでそちらを控えさせていただいている。 くるみくんがあちこち大活躍してくれている。

 
いつもうこっけいのたまごが4つ集まったらうこっけいのブリュレを作るのだけれど。今日は3つ。鶏のたまごも合わせて焼こう。 このところ卵を使ったスイーツはほとんどくじらのたまごでまかなえている。 こんな日が来るなんて、なんだか感慨深い。やたら産んでくれて、使うのに追われたり、全然産んでくれなくてヤキモキしたり。 それが自然なんだ、ということを日々実感している。
 
おらんとうの森で作ったやーさん机
 
この隙間にちょうどいい端材見つけたい
 
お昼はかごの白壁さんにいただいていた富士吉田のそば。 つゆもそばも温かくして。あっという間に温かいものの季節に
 
 今日のランチ時間はまったりくじらぐも。女性の方がウクレレを弾いてくださった。 私とやーさんとここちゃんは縁側でウクレレの音を楽しんだ。 大きな古時計と嵐のカイトを弾いてくれた。 大きな古時計の歌が今店内に飾っている齋藤雄造さんの遺作展の油絵たちとすごくマッチしていて、聴きながら、くじらぐもをやっているからこそ出会える特別な時間やご縁を感じてうれしくなった。 またぜひ、聴かせてほしい。
 
ウインターコスモス
 
しその実。 塩漬けにして保存
 
ここちゃん
 
 
 
チャイ君
 
りりーちゃん
 
こはるちゃん
 
暴れん坊だけど甘えん坊
 
ひなたちゃん めちゃめちゃ遠くにいる
 
お米や粉を納品してくださっている浅川さんがダリアを持ってきてくれた
 
一輪だけど華やか。 くじらの庭にも球根をいただいて植えたものにつぼみがついていた。もう少しで咲いてくれるかな
 
Fさんにいただいたキイジョウロウホトトギス。 紀伊上臈杜鵑、漢字だとめちゃめちゃ難しい。 山里の貴婦人と呼ばれているのだそう。 挿し木にしたからついてくれるとうれしい
 
 
 
4日目のすくも。 午前中、ほかほか。 午後もタオルを外したらもわっと熱気がくるくらい。 触ると温かいし、少し独特なにおいがしてきた。 白い膜も表面にうっすら。  午後、かき混ぜる時は、居合わせたお客さんみんなで触ったり、覗き込んで、みんな興味津々だった。 初めてのことだからどんな風に変化してくのか毎日楽しみができている。 明日は温度を測ってみよう。