桃栗三年柿八年 | くじらぐもびより

桃栗三年柿八年

 今日から久しぶりの営業再開。 久しぶりの方、初めましての方、いろいろな方に支えられていることを実感しながらの一日。
また今日からよろしくお願いいたします。
 
 さて、お店の閉店間際に
さっきまでとても元気だったここちゃんが急にやたらに座りこみはじめる。珍しいな。
 

 
 
 夕方お茶に寄ってくれたYちゃんがここちゃんの異変に気付いてくれた。
 
 
 
 
 
 
右足をかばって一本立ちになったり、歩く時もびっこをひいている。 どこかにぶつけたのでは?とか骨折説もあったけれど、普段の動きを見ているとそんなにやわではないはず。 2、3日様子を見るしかないのかな、と思いつつも急におとなしくなって、びっこをひきながら歩くここちゃんを見ると心配になる
 
抱っこして足の裏を見てみるとなんと漫画みたいに長くて細いとげ(広島弁ではすいばりと言ってる)が刺さっていて、それで歩く度に痛かったみたい。結構細くて長かった。 そのとげをえいっと抜いたら、ほんの少し血が。 もう痛くないからね。 ここちゃんも自分で急に私はどうしちゃったんだろう・・・と思っていただろうな。 Yちゃん、ありがとう。 いつも私とやーさんややぎっこや鶏たちみんなを愛情深く見守ってくれて、感謝だな。
 
最後のお客さんをお見送りして戻ったら、またまたここちゃんが白壁さんのかごの中に。 しまった。 ここちゃんの隣にここちゃん用のざるを置いておいたからそこに眠くなったら入ってくれると予想したけれど、囲炉裏の上に入るのがここちゃんの中で決まりになってたのか。 明日からここちゃん用ざるはここに置くからね。
 
ここがここちゃんのベッドなのだけれど・・・
 
 さて、夜はお茶のお稽古。
S先輩のアレンジメント
 
やーさんと先生の合作。あまんどうって知ってる? 今日の花材の小さな実があまんどうという柿なんだそう。 かわいくてテンションが上がってしまった。緑色だと渋いけれど、黒くなるまで待てば甘くなるのだそう。 
身延に行く時にあまんどうというお店が道沿いにあるのだけれど、そのお店の名前の由来はこの子だったんだね。
お花が終わったら挿し木にしてみよう。 8年後、くじらの庭でもあまんどうが楽しめたら夢があるな。 その時は今日の記憶を遡ろう。
 
 ゆっくりゆっくり 速さや効率だけじゃないものを大切にしていけたら。
 
本日の掛け軸とお花