マジョリティーとマイノリティー | くじらぐもびより

マジョリティーとマイノリティー

 午前中は須玉のスーパー前で憲法9条を守ろう、憲法を暮らしに生かそうなどの気持ちをこめたスタンディングに参加した。 

 

いろいろな意見があるだろうけれど、私は憲法は国民を律するものではなく、国を律するものなのだから、改正は慎重にならなくてはいけないと思う。

戦争という大きなことがあって、作られた平和憲法。 例え、アメリカ主導で作られたとしても、教え子や子どもたちを戦場に送り、白を黒といわなければならなかった時代があった。たくさんの尊い命をなくし合い、広島と長崎に2つの原子爆弾が落とされ、二度と過ちを繰り返さないという強い気持ちを持って、戦後を歩みはじめた。 戦争を経験した方がどんどん少なくなってきているからこそ、これからも守り続けたいし、伝え続けなくてはと思う。

 

 憲法改正が時代の流れで必要だ、という意見もあるし、改正が戦争をするためではないといわれるけれど、戦争ができてしまう国にしてほしくない。

声が大きいことが正しいこととは限らないけれど、今の世の中は声が大きい方が勝ってしまう矛盾も感じる。

 

 たまたまネットのニュースで茨城の公立高からハーバード大学に合格した男性のことが載っていて、今の仕組みはマジョリティーの状況が考慮されやすいのだけれどそれが果たして正しいのかどうかを研究したいという記事を読んだ。 ちょっとうれしくてわくわくした。

 

マジョリティーとマイノリティー。 

どちらの声も拾い上げられる世の中になっていってほしい。

 

ねずみが食べたくるみからコスモスが

 

 大豆も少し植えることができた。草取りしながらたくさんガラスなどのごみも発掘。 少しずつ使うことできれいになっていくのがうれしい。

 

おやつ やまにのあんバターサンドとカフェオレ。 

 

 

 

くるくるよく動くのでなかなかベストショットが撮れない