第一号 | くじらぐもびより

第一号

4月19日(木)去年おらんとうの森で植菌したほだ木から第一号が!

 

どのくらいの大きさかというと・・・こんなに。全然出てくる気配がないな、と思っていると突然のサプライズ。

 

真理ちゃんからもらったディルとパクチーの種も植えました。植物の名前の看板も少しずつ新しくしています。八重桜もいただいて 無事に桜の塩漬けも仕込めました。桜の塩漬けを作るのは乙女な気持ちになれます。

 

4月23日(月)夕方、枝豆用に黒大豆と大豆を蒔きました。枝豆を収穫できたら雄造さんに食べてもらおう。

藍もこぼれ種で芽が出始めています。大麦も穂が出てきました。

 

4月24日(火)挿し木のコデマリやレモンバームを地植えしました。

 

4月25日(水)床板スペースのホットカーペットや毛布を外して洗ったり、網戸に替えたり、よしずを買いに行ったり、連休仕様に模様替えをしたり、草刈りしたりここのところぱたぱた準備をがんばっています。

 

 花壇の雪柳とガレージに居候中の猫ちゃん。

 

何かを狙っています

 

くじらぐもの藤。支柱を立てなくちゃと思いつつ、日々過ぎています。藤棚にしたいんだけどな。

 

裏のおばあちゃんの藤棚。去年は刈り込んだから、寂しい感じだったけれど、

今年はまた華やかに。くじらの藤もこんな風にしたいな。

 

とってもいい香り

 

牡丹。素敵だな

 

 裏のお家は誰も住んでいないのだけれど、誰もいなくても植物たちは次々と花を咲かせて、散って自然の営みをたくましく繰り返していることになんだかじーんと。くじらぐもの建物や庭も少しずつ手を加えて、変化をしているけれどいつか私もおばあちゃんになって、誰もいなくなって。またぼうぼうの荒地に戻ってしまうのかもしれない。でもできるところまで、こつこつ夢を形にしていきたい。

 

ちょこちょこ合間に草取りもがんばってます。全然追いついてないけれど。おかげさまでやぎっこたちはごちそう続きで満足そう。これはくじらぐもの脇の小道。この小道を抜けて、裏手にてくてく歩いていくと夕日のポイントやホタルのいる小川もあります。

 

アマドコロ。楚々としてかわいい

 

すずらん

 

 今日は、ちょっと目を離した隙にくるみくんにジャムにしようと思って、テーブルに置いていたいちごを少し食べられたり、木のこね鉢をかじられたり、囲炉裏の灰を深く掘られたり。あれこれバリエーション豊かにいたずらされてしまった・・・