手と手と声と  | くじらぐもびより
2010-09-18 23:38:18

手と手と声と 

テーマ:音の世界

 今日は、15時で通常営業は終了。 そして16時半から『手と手と声と』の

ライブでした。

リハーサルを含めて、いろいろ見られるのは毎度贅沢だなーとうれしく

なります。

3組、準備時間にいらっしゃった方たちは、外でのお茶になりましたが

リハーサルの音を聴きながらやぎを見ながらのティータイム(*^o^*)

これは、これでレアなくじらぐも体験です。


 写真は長野から参加くださったIさんから提供していただいてます♪


くじらぐもびより

 三木千夏ちゃんの詩。 横森裕子ちゃんの絵と連動して描かれた

ものもあるし、詩のみを楽しむものもあります。

手書きで紙までこだわりながら書かれた千夏ちゃんの世界。


くじらぐもびより  ももくん

 こんなに大きくなってます(^人^) くじらぐもに来た頃は、寂しくて

よくないていたけれど。 すっかりたくましく変身したねー。


 さて、キャンセルも出ず、全員参加してくださった方と一緒にライブスタート。


 千夏ちゃんの声の温度が心地よく、ギターやウクレレの音と歌と詩が

やさしくくじらぐもを包み込む。


 裕子ちゃんの今回の展示のために、全部新作を描いてくれた絵たちも

空間を彩ってくれています。


 5日後の23日夕方18時から大きな自分たちのライブを控えている

『WATER WATER CAMEL』の斉藤キャメルさんはゲストとして

千夏ちゃんとハーモニーとトークも息がぴったりなところを見せてくれて。


 玄さんは、PAとして、黒子係りを務めてくれてます。


 詩を書く時は、自分の心の奥の深いところにもぐりこみながら、書くという

千夏ちゃん。 とても孤独な作業だそう。

幸せとか、癒しとかテーマにしての曲はほとんどない、といっていたけれど。


 どの曲も、どの詩も、和訳さえ、千夏ちゃんの人柄がにじみでてるなーと。


 とにかく穏やかで温かなひと時でした。

あの空間に集まれた皆さんにも感謝です・・・


 打ち上げの方は、くじらぐも音楽祭の打ち上げでも料理の腕を振るって

くれたUぞうさんがメインで、水餃子やさつまいもの緑和えを作って

きてくれました。 これがねー、もう絶品!!


くじらぐもびより  舌鼓


くじらぐもびより

くじらぐもびより
 『タテノファーム』から初物で届いたさつまいも。

黄色と紫と2色のさつまいもタルト。 上にのっているのは

もみじいちご。


くじらぐもびより

 栃木や長野、東京などから遠方からも駆けつけてくださったみんな。


 こうして、今日のひと時を一緒にできた縁に感謝(*゚ー゚*)


 番外編


くじらぐもびより

 くじらぐものOhanaチームのgouくんがお店の網戸を新しくしてくれました。

3年ちょっとの間に網戸がかなりぼこぼこになってきていて、直したいと

思っていたのです。

めいちゃんが子やぎの頃は、よく網戸をはさんで一緒に寝たりして、

めいちゃんは網戸に体をすりつけるのがすきで、体重をかけるものだから。

網戸ひとつにもくじらぐもの歴史が織り込まれていて面白いなー。


 気分一新。 気持ちいい! 


くじらぐもびより

それから。 これまたgouくん手彫りの新作ファミリーが一匹

増えました♪  手の中にコロンと。 


ありがとう、gouくん。



やひめさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス