1 | 2 次ページ >> ▼ /
2016-11-29 22:14:22

いいにくの日 

テーマ:ブログ

 お誕生日。 またひとつ大人になりました。

いい肉の日でもあるし、いい福の日でもあるんだな。

こうして日々楽しく過ごせていること。 感謝です・・・

 

 前の日のごはん会。 おいしいものたくさん。

 

 あんず茸の入ったパスタ。

 

 mayuちゃんが淹れてくれた紅茶とガレット。

 

 朝。 お部屋の真ん中まで朝日が差し込んできた。 くじらは屋根が

大きくて光が入らない作りなので冬の朝だけのお楽しみ。

陽だまりってあったかい。

 

 いろいろな方にお祝いしていただきました。 ありがとうございます。

 

 恒例の黄金バットならぬ「タテノファーム」の長芋。

 

 午後13時過ぎ。 影の形。

 

 干したとうもろこしの粒はずしやりました。 炒って野草茶にします。

 

 収穫した大豆粒はずしも合間時間にはじめました。

 

 4人でお話しながら。 誰かと話しながらやると楽しい。冬仕事。

 

 「バオバブ堂」まい子ちゃんの手刷りの手ぬぐいも届きました。

くじらぐもオリジナル手ぬぐいです。

 山茶花

 

 紅葉もそろそろ終わり

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-27 21:25:23

宝物

テーマ:ブログ

 11月24日。夕方。朝起きたら初雪が数センチ積もっていました。

あっという間にこの辺りは溶けました。 でもこの日は寒かった・・・

もみの木と雪。 物語の世界だ。

 きらきら。 朝だともっとふわっとしてたかな。

 

11月27日。 今日は本当は臨時休業しておらんとうの森で大鍋

ほうとう大会だったけれど、天気がいまひとつで中止に。

おらんとうの森の隊長、福嶋棟梁へこんでいるだろうなー。

 

 せっかく素敵な場所があるのだからもっと森にみんなで集えたら

いいなー。 来年の目標。

おらんとうの森をフィールドにしてみたいことあったらどんどん声を

かけてくださいね。

 

 温かい飲み物やスイーツもいろいろ充実中です。 写真は米麹の

甘酒オレ。 柿やさつまいも。 柿はくじらの庭やこの辺りご近所さんから

分けてもらったもの。 さつまいもは私の両親が作っています。

 

 くじらぐものランチプレートや珈琲カップでもおなじみ、北杜市

武川町の森の中の工房で薪窯で焼き締めの器を焼いている

陶房 窯八」で今年最後の工房展を開催されるそうです。

 

12月4日(日)~7日(水) 10:00~16:00

ぜひ、お出かけください。

 

 山梨県立かえで支援学校の生徒が焼いたお皿。プレゼントして

いただきました。 お料理載せるの楽しみです。

 

 初イルミネーションはじめました。 17時くらいになると周りが

暗くなるのでとってもかわいいです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-27 07:21:26

11月27日(日)おらんとうの森のイベント中止いたします→くじらぐも営業いたします

テーマ:ブログ

 楽しみにしていたおらんとうの森で遊ぼう!イベント。

ぎりぎりまで天候回復を祈っていたけれど残念ながら今回は

中止とさせていただきます。

 

 またイベント企画いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

 くじらぐもは通常営業いたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-26 23:12:00

11月27日(日)営業します→おらんとうの森のイベント中止となりました

テーマ:ブログ

11月のお休み

 

 2(水)、3(祝・木)8(火)、9(水)、10(木)、16(水)、17(木)、

22(火)、23(祝・水)、24(木)、30(水)

 

*11月27日(日)営業いたします

                ↓

*11月27日(日) おらんとうの森で遊ぼう!

→悪天候のため中止いたします

 10時から15時くらい。 雨天中止。

 

 笛吹市御坂町のおらんとうの森で大鍋でほうとうを

作ったり、焼き芋を作ったり、一日森で過ごすイベントを

企画しています。

ぜひ遊びにいらしてください!

 

*くじらぐも年内営業は12月25日(日)までとなります。

*年始営業は1月13日(金)からとなります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-26 23:04:03

おめでとうとありがとう

テーマ:

 白くてふわふわであったかくて・・・

 

 これ、なーんだ?

 

 

 11月19日(土)。くるみくん 6歳のお誕生日会やりました

 

 いつもくじらの動物たち、あちこちいろいろなところの動物たちに

愛を注いでくれているひろきくんと。

人参の葉っぱの冠ケーキでお祝い。

 

 なでられるのがすき。 人がすき・・・ かな。

 

 

 

 

 

 子どもから 大人まで みんなを笑顔にさせちゃう人気者。

 

 くるみくんが初めてくじらぐもに来た日。 2010年11月21日。

ここに来てくれてありがとう。

 

 

 くじらぐもの庭のもみの木にも飾りつけしてみました。

去年よりバージョンアップしてます♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-24 21:37:08

食いしんぼうの旅  長野編

テーマ:

 11月22日~23日。お友達のK夫妻に誘われて

一緒に長野へ旅してきました。

 

 茅野駅で合流して、まずはお昼ご飯へ。

白樺湖を抜け、峠は紅葉というより、もう落葉の木々。

ふもとに降りてくると紅葉がきれい。思ったより日中は

暖かくてドライブ日和。

千曲市上山田温泉の「大黒屋」へ。 

おすすめのにんたれかつライスとラーメンをいただきました。

 

 ボリュームあるよ、といわれていた通りおなかいっぱいに。

にんたれはとんかつににんにくとにら、醤油だれがついています。

ラーメンはしつこくなくてスープも一緒に楽しめます。

体がぽかぽかになったところで・・・

 

 「ルヴァン」へ。天然酵母パン屋さん。いろいろな方から

うわさを聞いていてパンも差し入れしてもらったこともあったので

お店に来られてうれしい。 りんごの入ったざっくりしたパン、

スコーン、クロワッサンを買いました。 りんごパンもスコーンも

とっても好きな味で幸せでした。 2階で木の器「木器」の展示を

のぞいたら、山梨から上田に移住した二人と偶然会えてびっくり。

木器さんも私たちが金継ぎに通っている工房から20分くらいの

ところに工房がある、ということでそのうち遊びに行けそうです。

 

 ルヴァンの隣の亀齢という酒蔵で200年前のお雛様を見たり、

大きな大きな酒樽を利用した茶室があったり。 こんな樽の家が

くじらにあったら、とっても楽しいなー・・・

 

 

ここの城下町通りがカフェがあったり風情があって探検すると

楽しそうです。

 

 夕ご飯用の食材の買い物をして今度は温泉へ。

田沢温泉の有乳湯(うちゆ)へ。 男湯は混んでたそうだけれど

女湯はすいてて、ゆっくりお湯につかれました。

 

 そしていよいよ今回の旅の一番の目的、旧和田村にある

「だいすき」という民宿へ。 築160年の庄屋さんの家だった

建物の宿です。 

161122_2058~01.jpg 

 夕ご飯。 おいしいもの尽くしです。 具沢山の

すいとんや炊き込みご飯やあれこれゆったり宿にいる

みんなで家族みたいに飲みながら、食べながら歌いながら

夜は更けていきます。

 

161123_0928~01.jpg

 朝ごはんの締めに神奈川県伊勢原市のコーヒー豆屋さん

「珈琲焙煎室 そら」の淑子ちゃんが深煎りのコーヒーを

淹れてくれました。 買ったばかりの宿仲間 宮さんが焼いた

器に淹れて。 はー、幸せ。

 

 今は諸事情で不定期にしかやっていない宿だけれど。

宿のオーナー夫妻もとっても素敵な方で、お家も障子と雨戸という

昔の暮らしに思いを馳せることができます。 

 

 くじらぐももそうなんだけれど、少し不便なところがあると

工夫したり、ありがたみが分かったり、豊かさに気づけたりするから、

そういう意味でも貴重な宿だなーと思います。

 

 宿に着いた時からずっと沢の音もしていたので今度は周りも

ゆっくり散策してみたいな。

私が泊まった部屋は水の流れが滝のように聞こえる部屋だったので

滝の間と呼んでいるそう。 心が落ち着く音です。

でもきっと大雨だったらすごい音になったりもするんだろうな。

 

 今日の夜から雪予報が出ているので風がぐっと冷たいです。

お昼ごはんは上田市真田にあるそば屋「福田屋」へ。

天盛りそばを。 おいしくてボリュームもあるのでうれしいです。

 

 そして15時から川上村の80歳のおばあちゃんが作る

味噌仕込みと漬物を見学させていただいてきました。

 

 おばあちゃんと大おばさまが作る味噌漬けと味噌を以前

いただいたことがあって、仕込むところもいつか見てみたい!と

思っていたのでとてもうれしいです。

 

 今までは近所の方と一緒に釜とかまどで大豆を煮るところから

全部自分たちでやっていたそうです。

さすがに体がきつくなってきたので今年は麦麹と大豆と塩、

大豆を煮た汁を混ぜたものを持ってきてもらったそう。

 

 私の腰くらいの高さの木の樽に仕込んでいきます。

木の樽は1ヶ月くらい水を張っておく。

漬物用の野菜を一晩塩漬けにしておく:きゅうり、大根(半割り)、ごぼう。 

おばあちゃんの手で5つかみくらいの塩と水に漬けておく。

 

 木の樽に焼酎を全体にまぶす。

そこに味噌玉を作って端っこから力を入れながらいれていく。

味噌を樽に入れるときは一人でやること。

なんで?と質問したらおばあちゃんも大おば様もそういうもの

なの、とのこと。 

3分の1くらい入れたら手で表面を平らにならす。

 

 漬物用のきゅうり、大根、ごぼうを3分の1入れる。 大根は

切り口を下に。 その上から米麹をぱらぱらとふりかける。

米麹は小さな袋2袋分で野菜と味噌の表面に薄くかける。

 

 続いて味噌、野菜、米麹を繰り返す。

 

 最後にきれいに手で表面をならし、真ん中を少し高く

する。

焼酎に浸した布を表面にかける。 紙袋でふたをして

ひもでしばり、木のふたをして仕込み終了。

 

 味噌を使う時に中に入れた野菜も取り出しながら

いただきます。 2年もの、3年もの・・・究極の保存食。

漬物は細かく刻んで、みりん、砂糖と甘く煮ておむすびや

ごはん、お茶漬けなど楽しみます。

 

 木の樽は、味噌がなくなったらそのままにしておいて

また味噌を仕込む時に1ヶ月前に水をはっておく。

使う前に洗うといいよ、と教えてもらいました。

 

 味噌仕込みを見学させてもらった後、おばあちゃんの台所で

お茶や漬物などテーブルいっぱいにささっとおいしいものを

並べてくれて、こんなおばあちゃんに私もなりたい、と思いました。

 

 おばあちゃん自家製のかりんとうがまたまたとってもおいしくて

図々しくも第2弾かりんとう教室も来させていただこう!と思っています。

 

 手から生み出すもの。 奥が深くて触れる度、ふとした

こぼれ話を聞く度にわくわくしてきます。

 

 夜はご近所さん宅でご飯会。 鶏がゆ、白菜と豚肉の重ね蒸し、

鶏と蒸し野菜、揚げ玉ねぎ、甘酒・・・ 

 

 食のリポーターになったみたいな2日間でした(^_^)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-17 10:21:14

11月 365分の1の知恵*くるみ料理

テーマ:ブログ

 先週、くるみを拾ってきました。

9月に拾うと緑色の皮がついているので周りの皮を腐らせる

(水につけておく、土に埋める)必要があるのだけれど、

遅めに拾うと周りの皮が自然の力で 分解されていて

処理が楽なのです。

ということでここのところ11月にやるのが定番になっています。

 

 例年、食べきれないくらいのくるみが取れるのだけれど、今年は

数がそんなに取れなかったので来年は10月の終わりくらいに

くるみ拾いに行こう・・・と思っています。

 

 丸いのが鬼ぐるみ。とんがっているのが姫ぐるみ。

姫ぐるみの頭のとんがり具合はすごいです。

 

 洋ぐるみと違って、和ぐるみは殻も固いし、実も小さいし、

ばらばらになるし、殻も混ざりやすいし、とても手間がかかるのだけれど

味はとってもおいしいのです。

くるみ初参加のMちゃんは実を食べて、フロランタンの味がする!と

感動していました。

殻がむきやすいように炒っているので実がさらに甘くてコクが

あるのです。

 

 去年はたくさん採れたのだけれど、皮付きのまま置いておけば

今でも食べられます。 究極の保存食。

 

 拾ってきたくるみは洗って、ざるに並べて干しておきます。

当日の朝、割りやすいように薪とかまどと銅鍋でじっくり炒ります。

 

 炒ると少し隙間があきます。

 

 そして・・・ 割る時に大活躍のくるみ割り器。 とても便利。

アーモンドもこれで割れました。

 

 ひたすら割って、中の実を取り出していきます。殻が入りやすいので

注意。実が黒っぽいものも外して、おいしいものだけ、丁寧に。

 

 一人でやると気が遠くなる作業もみんなでやれば楽しい。

 

 取り出した実はゆっくりじっくりすっていきます。

 

 

*くるみ豆腐の作り方

 

・くるみ 50g  ・吉野くず 50g  ・水 400ml  ・砂糖 大さじ1

・塩  少々

 

①くるみをよくする

②くず粉と水をあわせ、砂糖塩も入れ1に少しずつ加えよく混ぜる。

 裏ごしして鍋に入れる

③弱火にかけよく練る。 20分くらい

④型に流し、2時間くらいおく。 

⑤切り分ける

 ここでがんばって練るのがポイント。

 

 このくるみをごまに変えたらゴマ豆腐、落花生と芋くず粉とタピオカ粉に

変えたらジーマミー豆腐に。 やみつきになる素朴なおいしさ。

 

*くるみの和え衣の作り方

 

 くるみをする。 

砂糖、味噌、みりん、だし醤油を適宜入れる。

 

 今日は味噌ぐるみあんと醤油くるみあん。 どちらも

甘辛く仕上げました。

 

*くるみだんごの作り方

 

1 もち米を炊く

2 炊けたもち米をすりこ木ではんごろしにする。

3 小判型に丸める

4 くるみあんをつける

5 炭火で網焼きにする

 

 

 男性の手作り広場参加もお待ちしてます・・・

 

 おだんごにくるみあんをつけるのは手でつけるのがよくつくのよ、

そういった何気ない一言が尊いなーと思う。

 

 

 

 

 

 

 手作り広場の先生 さっちゃん。

 

 薪の熾き火の後に炭をおくので楽ちん。

 

 炭火で焼いたくるみ団子は、外がかりっ、中がふわっ。 あんが

少しこげるのもおいしい。

 

 里芋。 皮付きで蒸して、くるみあんをつける。

 

 青菜のくるみ衣和え:今日はオータムポエムという菜の花を

ゆでて、切り、くるみ衣で和えました。

 

 お昼ごはん:大根とかぶの味噌汁、くるみだんご、ごはん、青菜の

くるみ和え、くるみ豆腐、里芋のきぬかつぎ、赤パプリカのきんぴら、

大根と柿サラダ、大根葉と長芋炒め煮

 

 作業がひと段落して椿油計画の一歩、椿の実拾い。

 

 椿の実       ↓

 はじけて落ちた茶色の種を拾い集めています

 

 自然の形ってすごく美しくてどれも個性的。 椿油・・・

さてはてどんな風に進んでいくのかわくわくしています。

失敗してもいいからとにかくやってみることが第一歩だな。

 

 手作り広場チームのMちゃんがハワイの蜜蝋で作ったキャンドルを

プレゼントしてくれました。

森のなかまたち。 箱を開けた瞬間、平和な心に満たされました・・・

 

 さて、来月の手作り広場は 12月14日(水) 10時半~ おせち料理。

お昼ごはんつき。 一人1200円。

こんなの作ってみたい、というリクエストも募集中です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-10 22:39:51

紅葉

テーマ:ブログ

 

 11月8日(火)

 

 仕入れも兼ねてあちこち周ってきました。

 

 まずは「森沢建物研究舎」の事務所へ。 事務所は行ったことが

なかったので初めて。森沢さん(くじらぐもをリノベーションしてくれた

建築士・大工さん)の遊び心がいっぱい詰まった男の隠れ家みたいな

事務所でした。

「inond」でお昼ご飯。 「アデムク亭」でパンをいろいろ買って、

「ミート高橋」でお肉を買って、「ギャラリー ハン」で作家さんの

あれこれを見て、「konoha」で雑貨を手に取り、物語を

いろいろ空想して旅気分を味わって、のんびり過ごしてきました。

 

冒頭の紅葉はギャラリーハンのお庭にあったもの。

山野草もいろいろあって、お庭も素敵なところです。

 

 友人宅の新しい家族にも会えました。

 

 

 あんずちゃん。 子猫の好奇心・・・ すごい!

たくさん遊んで癒されてきました。

 

 11月10日(木)

 やぎ小屋の掃除をしたり、レモングラスを刈ったり、竹やぶの

整理をがんばりました。

 

 

 お庭のブルーベリーの木も紅葉中

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-09 23:58:00

くるみ拾い

テーマ:365分の1の知恵

11月9日(水) 晴れ、強風。

シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)が重なって、椿の実の

油を搾ってみようと思っています。

くじらの周りの椿の実をせっせと集めています。

 

 さて、今日の目的は来週の手作り広場用のくるみ拾いです。

いつもお世話になっているNOTS(国際自然大学校日野春校)の

沢ぐるみを毎年拾わせていただいています。

 

 くじらの周りにもくるみの木はあるのだけれど、種類や木によって

実の大きさもいろいろなのです。

 

 例年、あっという間にかごいっぱいになるくるみ・・・ が、今年は

ちょっぴり苦戦しました。 今年は実が早かったみたいで、ちょっと

時期が遅かったみたい。 ねずみやりすに食べられちゃったのかも。

 

 くるみ拾いデビューの人も。

 

 川が流れてるし、ピクニックに最高。 コーヒー持ってくれば

よかった。 来年は持ってこよう。

 

 くるみに混ざってぷっくぷくの立派などんぐりもたくさん落ちていて、

りすになったみたい。

 

 くるみ拾いが終わった後は、高根町の「キッチン OHANA」へ。

おひさまプレートいただきました。 野草のエンジェルエッジっていった

っけ?忘れてしまったけれどスズメノエンドウかな? 

周りの野草もいろいろ使えたら楽しいな。

 

 さて、くじらぐもに帰ってきて、柿取り開始。

 

 葉っぱと枝はやぎっこたちへ。

 

 甘柿。 あまーい!

 

 みんな柿の実を見ています。

 

 鳥の巣も発見!

 

 6月に卵から孵したうこっけい。 5ヶ月でこの風格。

 

 きい

 

 まめ

 

 ちゃぼ

 

 大豆の収穫もがんばりました。 一粒ずつ植えた大豆が

こんな風に実をつけてくれて愛しいな。

 

 ストーブで和むくるみくん

 

 ホットカーペットで和むくるみくん。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-09 23:57:32

どっしり

テーマ:手から生み出すもの

くじらぐものパン。 自家製酵母と北杜市産農薬不使用の強力粉で

作っています。パンはやーさん担当。

自家製酵母は、ブルーベリー、赤スグリ、ラズベリー、ブラックベリーなど

お庭で採れたものを素材に酵母を育て、使っています。

かめばかむほど味わいがあって素朴なパン。 

 

 お店で飲むことのできるハーブティーや野草茶も自家製です。

ハーブティーは10種類くらいお庭のハーブをブレンドさせています。

基本はレモングラス。それにミント、オレガノ、タイム、木苺の葉、

矢車草の花びら、マリーゴールド、ローズマリー、カモミール、

レモンバーム、レモンバーベナなど加えて作っています。 

自然の恵みをしっかり感じていただけたらうれしいです。

 

 11月4日。 薪ストーブの初火入れ。

 

 ストーブの上でお料理を作る幸せ。 くるみくんも暖かいところがすき。

 

 おらんとうの森の福嶋棟梁がくるみのストラップを作りました。

くるみは本物。ひとつ500円。 くじらぐもでも扱っています。

森の応援基金になります。 手にとって見てください。

 

 棟梁が携帯につけているくるみの実は深い色に

育ってぴかぴかつやつやです。 磨くとつやがでてきます。

 

11月27日(日)はお店をお休みして、おらんとうの森で

遊ぼう!という企画に参加してきます。

10時から15時までおらんとうの森で大鍋ほうとうや

落ち葉で焼き芋作ります。

 

 みんなでのんびり森時間を過ごせたらうれしいです。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。