1 | 2 次ページ >> ▼ /
2015-02-28 22:40:49

エール

テーマ:ブログ


くじらぐもの竹やぶの中に生えているやぶ椿。 咲き始めました!


 ねこやなぎ


 桃


 お雛様

 手前は母作。 奥のセットは、以前くじらぐも市場に出店された

方から譲っていただいたもの。


 これは以前、金沢で一目ぼれしたもの。


 「とらや」のようかん。 羊♪


 広島のレモン


 まかないごはん

 鶏を飼っている方からいただいたたまごでたまごかけごはん、

味噌汁、母が作ったさよりの干物、漬物。

幸せご飯。 以前、こっこちゃんという鶏を飼っていました。

時々たまごを生んでくれて、その経験がたまごひとつが

どんなに貴重かこっこちゃんから教えてもらいました。

またくじらでも飼えたらいいな。


 先週の夜、竹切り姫ことえっちゃんが岐阜の白川町黒川という

ところで作っている農薬不使用の日本茶を販売できるように

50gずつ袋詰めしました。

協力してくれたみんなありがとう♪

それから、日本茶とハーブの香りのお茶も作りました!

ホットでもアイスでもおいしいのです。


 やりたいな、と思い続けて、温めてきたことが形になる瞬間って

なんともいえない、うれしい気持ち。


ハーブの方は、くじらぐものお庭で採って、ドライにしたもの。

日本茶とハーブといろいろおいしい配合を試して、生まれた自信作

です。

手作りのため、どちらもそんなに数はないので、お茶好きの方や

プレゼントなどにぜひ( ̄▽+ ̄*)


 オリジナルのフレーバー紅茶もそのうち、販売できるよう、

あれこれ作戦を練って、イメージを膨らませ中です。

自分のすきなスパイスやハーブ、ドライフルーツをブレンドする

ワークショップもいつかやりたいな。


 こちらは明野在住のKちゃんから紹介していただいた

福島バッジプロジェクト のバッジ。

福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・

声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示を

しようという事で始めたプロジェクト。


 バッジをつけることで、エールを送ったり、意思表示ができます。


 くじらぐもでもバッジを置いていますので、ぜひ、チラシや

本(福島在住で震災からの3年間の日記や手紙をまとめたもの)も

手にとって見てください。


 気づき、考え、つながれる世の中になっていくといいな。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-26 17:41:48

醤油仕込み②

テーマ:365分の1の知恵

 午前中、365分の1の知恵*手作り広場の先生、豊田幸子さん

(さっちゃん)と笛吹市御坂町のおらんとうの森へ。

さっちゃんとおらんとうの森の隊長、棟梁は何度も会っているけれど、

さっちゃんが森に行ったのは、今日が初。


 私の中で棟梁とさっちゃん2人の知恵や技術があれば、どんな

ことが起こっても生きていける、と思っているので2大巨塔と森に

いられて感慨深かったです。


 今日は東京から日本彫刻センターの2人が森に打ち合わせを

兼ねて来てくれました。

いろいろな方とご縁がつながって、活動の幅が広がっていくと

楽しいなー。 


 こちらも森デビュー。 すべりながらもたくましい。

大きくなったね。


 ツリーハウス。 一歩一歩確実に。


 鳥の巣のかけらかな。 動物の毛と植物。 鳥の巣も

人工物が混ざっていることが増えてきたから、こんな風に

自然のものだけで作られているのは珍しくなってきているのかも。


 まだ落ち葉の世界だけれど、目を凝らすとこけがびっしり。


 ホウキグサ。 いつもドライフラワーみたいでかわいいなと

思っていたらさっちゃんが名前を教えてくれた。 この枝を束ねて

小さなほうきを作る・・・またひとつ小さな夢が生まれました。


 ブランコ



 ピントが合わなかったけれど、この写真の色もすき。


 小雨がぱらついたり、上がったりのあいにくの天気だったので

一通り森を歩いた後は、建物へ移動。


 さっちゃん手作りの細巻き(かんぴょう、たらこの2種)、

乾物の煮物(山梨では乾燥のホタルイカを加えるそう)、

大根の浅漬け。 もずくと長いもの味噌汁。

小雪ちゃんのマフィン。 豪華お昼ご飯♪



 さっちゃんと私は、御坂からくじらぐもに戻り、醤油仕込みを。


 一昨日から仕込んだ醤油麹、今回もばっちりの出来。

これもいろいろな経験を積んできたからこそ。

麹とお互い信頼関係が築けてきたみたいでうれしい。


 木の樽に仕込んだお醤油。 まだまだ塩っ辛いけれど、一年

手をかけ、目をかけて、ゆっくりおいしく育っていくのを

見守っていきます。




 3月18日(水)11時からは2014年に仕込んだ醤油絞りと

2番醤油の仕込みをやります。


 誰でも参加できますので気軽にいらしてください。


 持ち物:三角巾、エプロン、長靴、醤油を入れる容器



 醤油仕込みを終えていたら、午前中のおらんとうの森の打ち

合わせ部隊がくじらぐもに寄ってくれました。

そこでまた哲学的なこと、夢、わくわくするしてみたいこと。

いろいろアイディアが生まれてきました。

そのひとつは自分で彫って、木のスプーンを作ること。

それで食べるスープはどんな味? どんな気持ちになるのかな、と

想像するだけで幸せな気持ちに。


 人と人がつながることで生まれてくること。

どんどん楽しんで広げていけたらいいなー。



 



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-25 22:13:46

醤油麹2日目

テーマ:365分の1の知恵


 朝、1回手でしっかり全体を混ぜました。 発酵は順調です。


 午後から、山梨県立図書館のイベントスペースで開催中の

『つなぐ たゆたう アート展』に行ってきました。


 *~2月27日(金) 11:00~15:00まで

  山梨県立図書館 イベントスペース  入場無料


 力強くて個性的な作品が並んでいて、見ごたえがありました。

展示のコンセプトのひとつに「アール・ブリュット」という言葉があって、

フランス語で「生の芸術」という意味だそう。

直訳するとArt(アール)は芸術、Brut(ブリュット)は生のままのワイン。

正式な形で誰かに教わったわけでもなく、今までの芸術の枠や

パターンにとらわれず、自然に湧き出てくる何かを自分流に作り

続けられている絵や造形物のことだそう。


 明日までの展示だけれど、たくさんの方に見てほしいです。

素敵な空間でした。


 

 夕方、戻ってきて、まずは一番に醤油麹の様子を。

4時間の不在中、きちんと温度を保っていてくれてほっとしました。

生き物なのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-24 22:04:47

2015 醤油仕込み②

テーマ:365分の1の知恵


 

 多肉植物の花が咲いた♪



 友人からいただいたユーカリの花。 小さくてかわいい花。



 庭から水仙の芽も出てきました。 くじらの庭にも春がやってきています


 さて写真はほとんどないけれど、醤油麹の仕込み第2弾をやりました。

大豆は、2日前から浸水。 小麦は殻つきで煎って、石臼などで

挽いておきます。


 挽いた小麦と醤油菌を入れたところ。これを手で丁寧に

全体に混ざり合わせます。


 蒸した大豆を人肌に冷まして、混ぜて、室で加温します。

今年2回目なのでみんな手順が頭に入っているので、作業が

早いです・・・


 お昼ごはん

*お味噌汁 *切干と白菜煮 *ひじきとおから煮

*長芋と漬物炒め *大豆のマリネ *黒米入り五分づきごはん


 おやつ

 パンケーキ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-19 22:40:05

醤油仕込みとおもちつき

テーマ:365分の1の知恵

 一昨日から仕込んだ醤油麹、無事にきれいに仕上がりました。

黄色と黄緑色の中間の色の菌がびっしりと。

今までで一番いいでき。



 塩と醤油麹をよく混ぜて、木の樽へ。 塩素の入っていない

水と合わせてよくかき混ぜます。

これから一年間、毎日醤油の樽をかき混ぜて一年後、また

おいしいお醤油になっていきます。





 その後はお楽しみのもちつき大会。

ご近所さんも呼んでにぎやか。 70代のKさんの

美しい餅つきのフォームにみんなでほれぼれ。

さっちゃんが合いの手。 最高のタッグ。


 蒸しあがったもち米は早さが勝負。

臼と杵はお湯をたっぷり張って、さっちゃん流はつきあがった

お餅を熱湯に入れて、ちぎるやり方。

この辺は地域によってもいろいろ違いそう。

私は西出身なのでもち粉をまぶしたのし板の上につきたての

お餅をのせ、ちぎって丸めるやり方でした。



 

 今日は偶然旧暦の新年の日。 新月でもあります。

こんなおめでたい日にみんなで力を合わせてお餅をついて

食べられるってとっても幸せだなー。


 さっちゃんが炊いてきてくれた白いんげんのあんを

からめた甘いおもち


 手作り醤油とのり


 納豆と醤油


 大根おろしと醤油のからみもち。


 みんなでおなかがぱんぱんになるまでいただきました♪

お餅つき。 一年の間にもっと楽しめたら幸せだなー。


 来週火曜日から木曜日、また醤油麹の仕込み第2弾を

やります。

よかったら参加、お待ちしています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-18 22:40:37

2月19日(木)11時~ 醤油仕込みともちつきやります!

テーマ:365分の1の知恵

 さて昨日から仕込んだ醤油麹、順調に育っています。


 朝、一回手返しをしました。 


 難しいと思っていた醤油麹もちゃんと条件がそろえば、こんな風に

いい子に育ってくれるんだな。

経験って面白いです。

朝の時点でホットカーペットをきって、麹自身が適正温度で発酵

してくれています。

明日の朝が楽しみ。


 19日(木) 11時からは育った醤油の麹(大豆、小麦、醤油菌)と

塩と湧き水を使って木の樽に入れます。

これを毎日、かき混ぜて、一年後、醤油になるのです。


 醤油を仕込んだ後は、おもちつきをやります( ̄▽+ ̄*)


 白いんげんのあんと手作り醤油のおもちにしようと思っています。

今日の夕方、もち米を浸水しました。


 うすときねでついたつきたてのお餅は格別ですよ。

誰でも参加できます。 お時間のある方はぜひいらしてください。

大人 300円  子ども 無料です。


 手作り広場の予定は・・・


*2月24日(火) 11時から 第2弾の醤油麹を仕込みます。

*3月18日(水) 11時から 去年仕込んだお醤油を絞って

 醤油を完成させます。 瓶をお持ちの方は持ってきてください。


 手作り醤油の香り、おいしさ、貴重さ。 いろいろ味わえます♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-17 12:12:46

2015 醤油仕込み①

テーマ:365分の1の知恵

 2日前からたっぷりと浸水させた大豆をざるに上げしっかりと水を切り、

朝、7時前にかまどに火をつけ、羽釜にたっぷりの水を入れて、湯を沸かし、

大豆10キロを2回に分けて蒸していきます。


 今年は当たり年で雪がちょこちょこ降って、今日も雪模様。

みんな来られるかな、と心配しつつ、でも大豆もふやかして準備をして

いるのでひとまず、作業を進めていきます。


 皮付きの小麦を煎っておいたものを細かくしていきます。

ご近所の方から石臼を借りてきて、ゆっくり挽いていきます。


 香ばしい香りがたちこめます






 みんな笑顔になっちゃう石臼の威力。 生活のテンポがこの

石臼のようにゆっくり、じっくり手をかけられたら世界中平和に

なれるかもしれないなーと思う。


 自分の心が平和で。

周りの人の心も平和で。

どんどんその輪が広がって 世界中、宇宙中、平和な気持ちに

なったらすごいなー。


 手作り広場の魅力をもっとたくさんの人に伝えていきたいな。



 蒸しあがって人肌に冷ました大豆と、挽いた小麦と、醤油の

菌を混ぜ合わせます。



 こんな風に室に変身。 ここで35度前後を保ちながら

あさってまで発酵させます。

醤油麹は温度が上がりやすいので湿度の管理にも気をつけます。

くるむ布をしっかりとしぼること、大豆はゆでるより蒸す方がおすすめ。


 お昼ごはん

*具沢山雑炊 *きんぴらごぼう *大根の柿酢和え 

*ブロッコリーの白和え *宮古ピーマンのおから詰め

*新潟 ますみちゃん母の松前漬け *浅川さんのうどん


*さっちゃんの漬物 白菜 野沢菜 *パン


 豪華ラインナップ。


 あさって醤油を仕込む木の樽を浸水中。 氷が鏡みたい。

 夕方、薪拾いにも2回行って、帰ってきてやぎ小屋の掃除。

両腕がぷるぷる 笑ってます(*^o^*)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-12 09:50:13

たんでぃがーたんでぃ*ありがとう 宮古島の旅④

テーマ:

 昨夜、遅くに戻って泊まった場所は『ゲストハウス 鶴美壮』

夜中、かなり激しい雨が降って、窓に打ち付けたから飛び起きたけれど、

朝はすっかり快晴。 最終日になってやっとぽかぽか陽気に。


 宿の2階部屋の窓。 ここにもブーゲンビリア。 朝、シャワーを

浴びて、ぼやーっとした寝ぼけ眼もやっと目覚めてきた。


 流木の明かり


 共同のキッチンも明るくい日差しが入ってきて使いやすそうでした。


 平良市内のパイナガマビーチ。 飛行機の時間まで海でのんびり。



 あんまり貝殻や珊瑚は落ちていなかったな


 打ち上げられていた魚



 あちこち花が咲き乱れていた。 



 塀の上の猫。


 今回の旅。 猫にたくさん会った。 やぎは一頭も

会えなかった。 面白い建物にたくさん出会った。

宮古島をまもっている警察官の人形 まもるくんにも会えた。

大人の社会科見学をしたり、おいしいもの、面白い人にも

たくさん出会わせていただきました。


 おんぶに抱っこでいろいろ宮古の魅力に触れさせてくれた

NONちゃん momo*ちゃんに感謝!

また来るよ。


 山梨からずい分遠くなったけれど、どこにいても同じように

人とのご縁を紡いで、暮らしを楽しむ。

みんな離れていてもつながっているねー。

そのことを強く感じた島の旅でた。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-11 07:50:26

たんでぃがーたんでぃ*ありがとう 宮古島の旅③

テーマ:


 昨日織物のはるちゃんにいただいた手作りムーチー。

またまたのんびり起きて、チェックアウトの準備をしながら

台所で宿主の方とお話。



 宿 黒門町の赤瓦屋根と満開の桜。今日も天気は曇り(ノ゚ο゚)ノ


 うぐいす色の小さな鳥、メジロがたくさん桜に来ていました。

ミツバチも忙しそうに飛んでいた。



 窓もかわいい


  なんの実かな

シークワーサーの木もあったよ。 シークワーサーの手作りジャムを

いただいたらとまらないおいしさ。 これ、お菓子や紅茶にも合うな。 


 右が宿の古田さん。 滞在時間は短かったけれど素敵な

場所。 時を重ねたお家を直したり、工夫をして住む。 

くじらも庭にいろいろ植物植えて育てたいな。


 満開のブーゲンビリアが門みたい。まるでトトロの家に行くような

素敵なお庭。 また来るよ。


 さて、昨日の朝、ふられてしまった『ポプリ』というお店に

リベンジしてきました。 ここは魔女のお家みたい。 建物も

お庭もいろいろ手作りでコツコツ丁寧に手を入れられています。


 バナナの花


 ちょっと失礼。 花びらの中にバナナの赤ちゃん。



 つぼの中の水草。 万華鏡みたい。


 お店のお庭がお散歩できるようになっています。 ブランコ発見。



 くじらも絶対 ブランコ作ろう。


 

 『ポプリ』の朝ごはんセット。 安くておいしい。


 手作りでこんなに楽しい空間、おいしいご飯を生み出せる。

魔女のお家。 大人も庭で妖精になれますよ。


 さて、おなかがいっぱいになったら1月末に開通したばかりの

伊良部大橋を通って伊良部島へ。

橋を渡る時、運がよければ海がめが泳いでるとこに会えるそう。





 NON momo*おすすめの島豆腐のお店へ。 お父さんは配達中で

写真は息子さん。 木枠の中に作られたまだ温かい豆腐を次々と

手際よく、切って袋詰めにしていました。


 木枠+さらし+豆腐。 チャンプルーにしても時間が経っても

小さく縮まないしっかりおいしいお豆腐。



 この木枠がお豆腐の型。 たくさんあります。

ふたをまな板代わりにして、底の線がお豆腐を切る場所。




 にがりの代わりに海水を使っているそう。 何もつけずに

食べても大豆とほんのり海の味。 食べ応えあります。

黒蜜をかけたらスイーツにもいける。



 大きな鍋。 おからも火が通っていて少し粗めのもの、

細かくなめらかなものもあっておいしかった・・・


 毎日、ここでおいしいを生み出しているんだな。


 さて、次は知る人ぞ知る絶景ポイント。 道で2台の車が

止まっていて、先客が出てくるまで待って、うっそうとした

木々の間をちょこっと歩くと。


 目の前にこの景色が広がります。



 下を見ると足がすくむけれど、本当にきれい。

下には難破船も。


 

 あの景色を見たらテンションあがるよ


 うっそう



 道路に植物が進出中。 ここにやぎっこがいれば・・・



 伊良部島の隣 下地島へ。




 空港跡地


 伊良部島の集落の中をぐるぐる迷いながらNONちゃんが

連れて行ってくれたのは大きなガジュマル。








 大きすぎて写真に入りきらない。 島の人たちの拝所に

なっていました。 ガジュマルの木の横に派出所が。

そこにいた警察官はNON momo*ちゃんが引っ越したところの

集落の出身の方。 こんな偶然も面白い。


 宮古島に戻って、池間酒造 ニコニコ太郎の泡盛を作っているところへ。

社長さんにも会えました。 とってもいいにおいが漂っていました。


 平良市内へ戻ってmomo*ちゃんが以前働いていた公設市場へ。

2階のカフェ『眞茶屋』

 宮古ぜんざい

 白玉、小豆、雑穀が入っています。 サーターアンダギーつき。


 うずまきパンのフレンチトースト。今日は実はお昼ご飯は食べ損ねて

おやつをしっかり。 空腹に弱い私だけれど、ずっしりとした島豆腐の

試食のおかげで騒がずにいられました。


 1階では宮古のおすすめのものが並んでいます。


  

 そして、地ビール屋『マイクロブルワリー』へ。

カウンターのみ、夫婦でやっているお店。 つまみは少し。

ビールを楽しむところ。

NON momo*ちゃんがこのお店がご縁で知り合った山ちゃん夫婦と

合流。 お酒チームは気持ちいいくらいどんどんおかわりを。

そしてテンションもどんどん高く。 ここで作っているので生ビールが

飲める♪ お酒好きの方はぜひ。


 夏はテラスで飲むのが最高!だそう。 おしゃべりしていると

どんどん日が落ちて暗くなっていく時間もいいな。

カウンターの席もほんの少し湾曲していて両端の人同士の顔も

見られて、お話もできる。 


 ぐびぐび地ビールを大人飲みして陽気なまま、夜ご飯へ。

平良市内の『うさぎや』へ。 沖縄料理やサンシン、民謡も楽しめます。


 ジーマミー豆腐のアーサーあんがけ、島ラッキョウのフリッター、

お刺身、チジミ。


 そして他のテーブルで真っ黒で湯気が出ている長い料理が気になって

オーダーして見ました。 イカ墨のそば炒め。 それを食べるとみんな

こんな顔に。


 ハロウィン!


 一皿食べ終わるまでかなり楽しめました。 付き合い始めの

カップルは食べられない料理。

 

 ごはんの合間にライブ時間



 全員参加の踊り。 この巻き込み力。 見習わねば。



 たまたま隣のテーブルになった方たち4人組みはサンシンの

サークル。今日泊まる場所は昨日まで泊まっていた黒門町だそう。

ミラクルは続くよ。



 よく飲み よく笑い よく踊る。 元気の秘訣。


 お店で働いているスタッフの子たちもきびきび、楽しそうに

働いていてかわいいな。

こうして、島の夜は更けていくのでした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-02-10 22:00:55

たんでぃがーたんでぃ*ありがとう 宮古島の旅②

テーマ:ブログ



 2日目の朝、ゆっくりスタート。

シャワーしかないところが多い宮古だけれどお風呂の浴槽つきの

黒門町。 ゆっくりつからせていただきました。


 2月なのに花も植物も植物園みたいに伸びやか。


 すっかりフローネの気分


 朝ごはんはここで食べる予定がまさかのclose。



 池間島へ向かいます。 途中、スーパーでうずまきパンと

ジューシー(炊き込みご飯)のおむすびを買って、腹ごしらえ。


 さんぴん茶


 投函できないポスト



 きび畑


 池間大橋




 うずまきパン












 ぐるぐる


 桃色





 木みたい

 朝は雨。途中から雨は上がって晴れ間が見えたり、曇ったりの一日。





 お昼ごはん『海美来 かいみーる』のさざえそば。






 宮古馬


 もずくの船長さんにちょこっと会って、NONちゃん、momo*ちゃんの

お家へ。 引越しを終えたばかりなのでいろいろ手続きを。

その間、縁側で毛布をかぶってお昼寝。 これがぽかぽかで

最高に気持ちよかった。


 そして宮古上布という織物をやっているはるちゃんのお家へ。

宮古上布は、国の重要文化財に指定されている麻織物。

東の越後、西の宮古といわれているそう。

自然の物のみの原料で、糸作り、織、染色など全工程手作業で

大変な手間と時間がかかり、稀少価値もあるものだそう。


 

 糸。 苧麻(ちょま)という植物の繊維を使って、しごいたり、

撚って作られているそう。



 織姫様に変身したmomo*ちゃん



 まるで羽衣の衣のようにふんわりとした宮古上布



 子どもの頃から織物に興味があって、大人になって

宮古上布に携わりたくて移住したはるちゃん。

写真は織機。 織るために下準備するだけでも気の

遠くなる作業。 糸がずらりと並んでいる様は美しかった。



 はるちゃんが作ってくれたムーチー。紫芋、もち粉を

こねて月桃の葉にくるんで蒸したおやつ。 素朴。


 

 猫ちゃんも織物には触らないんだって。 すごい協力体制。


 はるちゃんの息子さんは小学2年生。 リビングに機織り機があって

宿題もそこでする。 生活の中に、機織りの音があるってすごいな。


 こんな風に生のお話を聞いたり、触らせてもらったり。 大人の社会科

見学。




夕日。 こんな天気だけれど見ることができた。 感謝。





 波に揺られる海草たちがまるで海の美術館みたい。

この場所が一番、海のにおいがしたなー。



 そして夜ご飯。NON momo*おすすめの居酒屋『次男』


 ミーバイという魚の煮付け。 大きかった!


 お料理、どれもおいしかった。 オトーリといわれるあいさつをしながら

お酒を酌み交わして親交を深める風習も隣のおじ様たちが実際に

やってるのを見れて面白かった。 島の人たちはオトーリのせいか

とっても話が上手なんだそう。


 移住したもう一人のお友だち、なんちゃんにもこのお店で

合流できてうれしかった。

離れてても みんなつながってるねー。


 夜は宿に戻って宿主さんともお話できた。

お庭の桜の花の実で漬けたお酒や沖縄のサトウキビを

高知で蒸留してもらっているラム酒やパプアニューギニアの

ラム酒も試飲させてもらって、楽しい夜。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。