1 | 2 次ページ >> ▼ /
2013-11-30 00:23:55

くじらぐもの予定 あれこれ 

テーマ:ブログ

 いよいよ明日11月30日(土)でおじさんの書斎展 終了いたします。

たくさんの方に夢や希望をプレゼントしてくれています・・・

想像力、創造力 どちらも日々を楽しくするエッセンスなんだな。


 最終日、午後はまい子ちゃんも在郎していますのでよかったら

ぜひ。



 そして12月6日(金)~24日(火)まで てつの道具 竹の

カトラリー展がはじまります。

炭を焼く所からはじまるてつの道具づくり。

竹を切る所からはじまるカトラリーづくり。

暮らしの道具を作る楽しさ、使う楽しさを たくさんの人と

共有できれば幸いです。


 上田裕之   てつの道具

 沖原紗耶   竹のカトラリー


 上田さんと沖原さんの在郎日 
12月7日(土)  / 8日(日) / 15日(日)

    21日(土) / 24日(火)

 それから年末年始の営業のお知らせです。

2013年の営業は、12月24日(火)までとなります。

2014年の営業は、1月17日(金)からとさせていただきます。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-29 13:56:19

いいにくの日 おめでとうとありがとう

テーマ:ブログ

  今日はお誕生日でした。

365日ある中の特別な日。

たくさんのミラクルやありがとうに出会えた一日でした。

ありがとうございます(*^o^*)

















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-11-24 21:35:47

静岡ツアー

テーマ:ブログ

 何度来ても海が見えるとテンションがあがるな。
くじらぐもびより  市場のごはん


 早めにお昼ご飯を食べた後は登呂遺跡へ。

もう一度火おこしを体験したり、貫頭衣という弥生時代の服を

着たり、土笛作りをしたり。


くじらぐもびより

 日曜日ということもあって子どもたちがたくさん。

その中に混じって毎回楽しんでいます・・・


 登呂遺跡でいろいろ遊んだ後は、芹沢銈介美術館へ。

歩く、描く、集める ―芹沢銈介の旅というテーマでした。


 夏に一度来て、今回も企画展を見たくてきました。

前回は働く藍 がテーマで藍染めの作品をたくさん見ることができて、

今回は、多彩な色の染めものの作品に触れることができました。


 
芹沢銈介の生み出すものは職人の働く姿や自然の風景などを

ヒントにモチーフが作られて、作品になっているものもたくさんあります。


 作品群の中ですごく感銘を受けた言葉。


和紙讃

 田畑もる人  その手に 冬のよるひる すかる このかみ

 むかしより すぐれし てわさに 生きて このかみ

 くらしに仕へ くらしをかさる つよきこのかみ

 命あるかみ


 

 命のあるもの。 そういうものが豊かな暮らしと反比例するように

なくなっている気がします。

目指したい。 そう思いました。

私は、命あるごはん 作れるようになりたい。



くじらぐもびより


くじらぐもびより

 芹沢銈介の家


くじらぐもびより


 その後は、古道具の店 水無月へ。

移転した店内にたくさんの古道具たちがきれいに修理を

施されて、並んでいます。

ひとつひとつゆっくりと眺めながら、いろいろ物語を

想像するのも楽しみのひとつ。


 いつか焼き菓子を入れられる棚を置けたらいいな。

私がおばあちゃんになって今みたいに動けなくなったら

数年前に千葉の勝浦で対面販売で天ぷら屋さんを営んでいた

おじいちゃんとおばあちゃんみたいに、焼き菓子を作って

来てくれた方をもてなせたら、うれしいな。


 そして PANTARITAというcafeへ。

お目当てのスコーンが無くて残念だったけれど、ケーキと

スパイスミルクティーでゆったり。

ここにも古道具や雑貨も併設されているのでゆっくり、

じっくり探検できます。


 もうすっかり暗くなってしまいました。
山梨に帰りましょう。


 大切な友人としばらくの間、行ってらっしゃいと見送る

最後の日。

すごくいい時間を過ごせたことに感謝。

またみんなで来よう。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-11-23 19:27:08

行ってらっしゃい!

テーマ:ブログ


くじらぐもびより

 アメリカに旅立つ友を囲んで持ち寄りご飯会。


くじらぐもびより  ワインのボトル

 くるちゃんがいる!


くじらぐもびより  甲州ぶどう

 裕君・幸子ちゃんのぶどう。 今年はさっちゃんからぶどうの

食べ方のレクチャーを受けたので種ありぶどうの食べ方が

上手になったかも。


 たくさん飲んで、食べて、笑ったな。

またいつかお帰りなさいのご飯会も楽しみ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-22 23:28:52

赤毛のアンの手仕事時間

テーマ:手から生み出すもの


くじらぐもびより

 薪! 今年も空翠さん、窯八さんの強力バックアップで

ひとふゆ暖かく過ごせます。

ありがたや。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


 おらんとうの森の隊長、福嶋棟梁も立ち寄ってくれたので

柿の木の剪定もしていただきました。

塩と日本酒をまいて、切らせていただきます、と言って

するするっといとも簡単に木に登って、のこぎりでぎこぎこと。

来年の柿取りは楽になりそうです。



 くじらぐもにはいろいろな福の神様がついてくれていて

心強いです。


 さて、今年は毎週金曜日 15時からやっている手仕事の会。

自分が縫いたいものや編みたいものなどを持って、おしゃべりしながら

手仕事の時間をゆるーく持っています。

まるで赤毛のアンの世界みたい、というところから赤毛のアンの

手仕事時間、という名前をつけました。


 今日は手づくり広場の講師でもあるさっちゃんとFさんと私。

韓国のパッチワーク、ポジャギを習っているFさん。

さっちゃんは今日は生徒になって、Fさんからポジャギのやり方を

教わりながらやっていました。

何歳になっても、やりたいことをやろうという気持ち、それから

二人がとても楽しそうにやりとりをしている光景に癒されます。


 私は今日は、パジャマや作業着や普段着の穴が開いたり、

ほころんだパンツたちを5本 二人のアドバイスをもらいながら

お直ししました(*^o^*)


 まだまだ直したいもの たくさん。

縮んだお気に入りのセーターで湯たんぽカバーも作りたいな。

いつか自分で着る服も縫ってみたい。

夢はまだまだ続きます・・・




くじらぐもびより-131122_1950~01.jpg


くじらぐもびより-131122_1951~02.jpg  ほっこり

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-20 20:41:40

365分の1の知恵*柿酢とくるみ団子

テーマ:365分の1の知恵

朝、明野在住でワイン用のぶどう農家2年目の裕君と幸子ちゃんが

甲州葡萄を差し入れしてくれました。

手づくり広場の講師であるさっちゃんが大好きな甲州ぶどう。

霜があたってからが甘くなる、というのはさっちゃん談。


 今年も甘いぶどうを持って来てくれた二人。

農に携わって、まだまだ年数が経っていないのでいろいろ試行錯誤だと

思うけれど、一本のワインに出会って、ぶどう農家を志して、少しずつ

形にしている二人を見るのはすごくうれしいし、感動するな。


 今年もこうして食べることができてうれしいです。

さっちゃん曰く、ぶどうはのどごし?で味わうものだそう。

皮は出すけれど、種ごとのどで楽しんで食べるのが通だそう。

私もまねて食べてみています。


 本当にあまーいです(*^o^*)


 さて、柿は八代家にて1週間前にお茶の先生と取りに行って来ました。

 くるみは1ヶ月前に取って、周りの皮も取って、干しておいています。

さっちゃんの手づくり広場を通して、段取りの大切さ、過程にある

大変さ、面白さを感じさせてもらえてるな。


くじらぐもびより

 これからはできるだけ、ガスの火でなく、かまどや薪で作業したい、と

思っています。


今回、私のおとぼけのおかげで、百目の柿をいただきました。

手違いを挽回するため、おいしい干し柿を作って、干し柿の絶品

スイーツを持ってお返しにいけたら、と考えています・・・


 百目柿はずしっと重く、干し柿にしたら貫禄がありそうです。

取らせていただいた八代家住宅のお父さん曰く、14年ぶりに実を

つけてくれたのだそう!

実をつけないなら、切っちゃうよ、と柿の木に言ったら大きな実を

鈴なりにつけてくれたそう。

赤ちゃんが中学生に成長するくらいの間、実をつけなかったのに、

切るよの一言で実をつける木。

不思議なことがたくさん、世の中にはあるなー。


 そんな実を使わせていただけて感謝です。


 今回はプロの作り方と同じやり方でやることに。

かまどにお湯を沸かして、へたもできるだけ小さく切り込み、

皮を残さないよう丁寧にむき(特にへたの下あたりもきれいにむくのが

ポイントだそう)

柿の実の枝をつるせるようT字型に残します。 T字でないものは

竹串などを使って紐でつるせるようにします。

あやとりの時のように糸を結び、2個ずつ柿を結び、20秒くらい

お湯にくぐらせ、干していきます。

時々、手でもみます。


 熟したものや、傷のものは柿酢に使います。


 広口のびんやつぼに焼酎にさっとくぐらせた柿を皮やへたごと

ぼとぼと入れてつめていきます。

布ぶたをして3月くらいまで液体が出てくるまでゆっくりと発酵させます。

ざるなどでこして、細口のびんに移し、冷暗所で保存し、普通の酢と

同じように使う。

暖かくなると小ばえなど入りやすいので早めに使うか、冷蔵庫で

保存するとよい。


 去年、さっちゃんは熟した百目でやったら、初めて失敗したそう。

発酵の世界も不思議です。


 去年の様子→☆     一昨年の様子→☆

去年えっちゃんやつるちゃんが作ってくれた竹の柿取り器は今年も

大活躍。

くじらぐもびより

 くじらぐもの柿の木も高すぎて取れないくらいの場所にも鈴なりに。

あたり年(*^o^*) 柿の木を今年は剪定したい・・・


くじらぐもびより

くじらぐもびより
 去年はすだれのように干した干し柿たちはある日、脱走したやぎたち

によって下の方は、食べられてしまったので今年は短めに。

どうか出来上がるまで、食べられませんように。

納屋の奥に見える柿の影もかわいいな。


くじらぐもびより
 さっちゃんが作る干し柿の絶品スイーツ。 見た目の美しさ、

おいしさ、お抹茶に合わせて飲みたい。

今日は参加者のNさんが手づくり野草茶を持ってきてくれていたので

野草茶と。

くじらぐもびより

 くるみ団子の作り方

 羽釜でくるみを煎って、皮をむいて、実を取り出します。

今回はIさんがくるみ割り器(燕三条産)を託してくれていて

これがめちゃめちゃきれいにパカンを割れてくれます。

無い時は、石の上などでトンカチでやさしく叩き割ります。

 くるみの実を取り出すのも一苦労。


くじらぐもびより

 実を取り出したら、すり鉢でしっかりすり合わせます。

くるみと味噌と砂糖を入れてくるみあんを作ります。


くじらぐもびより
 だんご粉と水を入れ、耳たぶくらいの固さになったら

しっかりとこねて、おだんごの形にします。

しっかりとゆでて中まで火が通ったら、水に取り、しめて、

水気を切ったらくるみあんに絡ませます。


くじらぐもびより
 できあがり! 素朴なおいしさ。 

おいしくて食べすぎちゃいます:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

.

 これだけでも手がかかるな、と思う私だけれど。

昔だったら、自分でお米を作って、石臼でお米を

粉にして、くるみあんを作って・・・

それが当たり前だった、時もあるんだな。

.

スローフードって目指せば目指すほど、忙しい、と思ったりも

するけれど、全てを完璧にやりすぎないで、身の回りの素材を

生かしながら、少しずつできることを増やしていけたらいいな。

.

 自分ひとりでやろうとするのではなく、子どもやおじいちゃん、

おばあちゃんたちやいろいろな世代やいろいろな人と一緒に

形にしていけるようなことができたら、素敵だな。

 未来型エネルギーの生み出し方、かもしれないな。

 来月は12月18日(水) 11時~。 おせち料理作り。

参加費 1000円     持ち物;タッパ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-19 21:32:34

タイムトリップ

テーマ:和*心

 お客さんで知り合ったことから仲良くなった八千穂駅前通りで

喜劇駅前食堂 」をされている仁さん。

食堂という名前がついているけれどギャラリーや雑貨店です。

昔、呉服屋さんだった建物をリノベーションしていて、着物もいろいろ

並んでいます。


 そんなご縁から2回ほど八千穂ツアーに行ってきました。


 八千穂駅前には古い建物がずらりと並んでいてノスタルジックな

雰囲気が漂う街。


1回目は、喜劇駅前食堂→古民具工房 創→ヒロッシーニ(イタリアン)→

森の中にあるフランス人のラザちゃんのお家 →森の幼稚園園舎へ。
くじらぐもびより-09250002.jpg  森の幼稚園のやぎ

 めちゃめちゃ人懐っこい・・・


 2回目は 黒澤酒造ギャラリー→喜劇駅前食堂→ハーモナイズ

(洋食屋)→YUSHI CAFE(定休日でした・・・)→akka(天然酵母の

パン屋)


 こんな行程でした。2度目は11月13日だったので紅葉がとても

きれいでした。 山が真っ白になっていたのも印象的。

そして冷蔵庫の中みたいに八千穂は寒かった。

くじらぐもびより


くじらぐもびより  消防車


くじらぐもびより  特大!


くじらぐもびより

 むしろを織る織り器。 木と釘で作られている


くじらぐもびより

 こんな雑巾が縫えたら素敵。


 黒澤酒造のギャラリーは無料なのにすごく見ごたえが

あって感動。


 前回行った時は、昔使っていた大きな木の樽や室、池など

見せてもらったんだ。

今は使われていないので少しずつ朽ちたり、廃墟化しているのだけれど

廃墟美という美しさもあるな、と思うのです。


 かつて、たくさんの人がいて、活気に満ち溢れていた時代と。

ひっそり運命を受け入れるかのように朽ちていく建物。

いろいろ想像させられます。


 時代を止めることはできないけれど、少しでも生かせるものがあるのなら

生かすことができたらすごいことだな、と思う。


 くじらぐもからだと車で1時間で行ける距離なので、ちょこっと

タイムトリップ気分を味わいに行ける場所です。


 八千穂に息づく空気とくじらぐもが大切にしたいこと。

共通点があるなー。 おすすめの場所です!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-19 18:30:35

歌詞を作るワークショップ

テーマ:ブログ

 くじらぐもにご縁のあるミュージシャンの一人、石塚明由子 ちゃんが

声をかけてくれて、初めて歌詞を作るワークショップ を11月16日(土)に

行いました。


 歌詞を作る。

 素敵な試みだな、と思ってお受けしたけれど、メンバー集めが

どきどきだな、と思いながらあちこちお声をかけさせていただきました。


 集まったメンバーは生まれて初めて歌詞を作る人ばかり。

楽譜も読めるか、歌えるかな、とどきどきしながらもはじまりました。


 まずは、明由子ちゃんが歌を作るときに大切にしていること、

ポイントなどを説明してくれて、その後は、明由子ちゃんが作曲した

曲をみんなで何度も口ずさんでメロディを覚えます。


 そこからはすぐにポンと荒波の中に投げ込まれて、みんな各自の

世界の中で試行錯誤をはじめました。


 2時間近く、それぞれと向き合う時間。


くじらぐもびより

 そこからいろいろなミラクルが起き、くじらぐもから車で5分の

ところにある近くの古民家ギャラリー「夢よう(むよう)」にてミニライブ。


くじらぐもびより


くじらぐもびより

 かやぶき屋根のとても美しい空間の中で石塚明由子ちゃんと

三木千夏ちゃんの二人の声が響きます。

くじらぐもびより


くじらぐもびより

 ちょこっとの時間のために、囲炉裏に炭を入れてくれて、あちこち

温かな配慮をしてくださって、迎え入れてくださった夢ようさんに

感動・・・


 築100年、150年経った器や家具など古道具があちこちに

飾られていて、古い物が放つ力に圧倒されつつ。

どんな時間を重ねて、ここに集まったのかな、そしてまた誰かの

もとで時を重ねていくんだな、と思うと わくわくしてきます。


 そしてくじらぐもに戻ってきて。

またまたミラクルが重なり、ワークショップ参加者の2倍の数で

わいわいごはん会。


くじらぐもびより
 みんなで食べるごはん。 


 そしてどきどきの発表会。


 まさか自分が作った歌詞で人前で歌う日がくるとは夢にも

思っていなかったな。


 夜の缶詰という子どもが小さい時に作ってくれた歌をヒントに

曲を作り出したり、くじらぐもの曲ができたり、路地裏に住んでいる

猫の歌だったり、やぎ目線の歌だったり、サラリーマンの気持ちを

歌にしたり、日常の何気ない幸せの歌だったり、郷里のことを

想う歌だったり、身近な人に普段は言えない気持ちを歌ったり。


 もうね、なんだかどの歌もえーーーーっ、こんなのみんな

作れちゃったの?というくらいのクオリティの高さ。


 どの人にも心の中にこんなに豊かなものを抱えて

日々送っているのか、とびっくりしたり。

みんな自分が歌を作り出せたことにびっくりしたり。


 みんなどきどきしながらも、発表の終わったあとにはぴかぴかの

笑顔になっていたのが印象的でした。


 いつか 第2弾をやる予感がしています。

その時には、あなたも参加してみませんか?

知らない自分に会えちゃうかもしれないです( ̄▽+ ̄*)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-18 00:36:18

葉っぱの便り

テーマ:ブログ

*12月4日(水) 13時から

   石ちゃんと作ろう 和とじ本で2014年の

     スケジュール帳 ワークショップ


  参加費:1500円(お茶、おやつつき)

  申し込み  0551-25-4053 まで



 和とじ本は日本古来の糸で綴じる本の作り方です。

やり方を覚えたら、いろいろ手づくり絵本など応用できそうです♪



くじらぐもびより-131111_2232~01.jpg  お干菓子

 秋です(^人^)


 くじらぐもの庭も落ち葉がじゅうたんみたいに幾重にも積み重なっています。


 もう少ししたら焼き芋やりたいな・・・


 先週の金曜日から薪ストーブスタートしました。

今日も朝は快調に燃えて野草茶など煎ったり、幸せを味わっていたら

午後から突風が。

毎年恒例のお店が煙でモクモクになる経験も。

風を読める人になりたいな。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-11-17 00:16:07

ありがとうございました!

テーマ:ブログ

 今日は15時からのワークショップ開催のため、15時閉店のご協力

ありがとうございました。

うまく伝えられず、足を運んでくださった方もありがとうございます・・・


 くじらぐもで初めての試みでもある歌詞を作るワークショップ

無事 終了いたしました。


 参加者それぞれの想いがちゃんと形になりました!!

今日、映像班がいてくれたら、感動のドキュメンタリー映画が一本

撮れたんじゃないか、と思うくらいの内容の濃さ。


 またゆっくりどんな時間だったか書けたらいいな。


くじらぐもびより

 今日もミラクルな一日となりました・・・

感謝です(*^o^*)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。