2013-02-25 22:15:22

スピリット

テーマ:音の世界

 とある日のお昼過ぎのくじらぐもに ギターとメゾソプラノの歌声が

響きました。


くじらぐもびより

 きっかけは山梨在住のソプラノ歌手の川口聖加さん。

聖加さんの友人であるメキシコ人のアナイ・ベルクさんとギタリストの

ジェフリー・ブリーンさんがメキシコ・スペインの音楽と料理を楽しむ

おいしいラテン・フェスタのために初来日&山梨に訪れていたのです。


 私が通っているお茶のお教室に着物姿で現れたお二人。

日本のお茶、ティーセレモニーを体験しに来た時の一こま。

ご縁で私が点てたお薄と。 先生が点てた濃茶を飲んでいただくことに。

目を閉じて、お茶の香りや味を味わうアナイ・ベルクさんが印象的。


 そして次の日、歌うことと料理すること どちらも同じ創造的活動、と

語る彼女のメキシコの伝統的家庭料理教室があって参加させて

いただきました。


 子どもの頃から祖母や母から料理の手ほどきを受けたというベルクさん。

塩の取り方、野菜の切り方、食材の種類、料理も日本料理と

いろいろ違っていて新鮮でした。


 国も場所も言葉も素材も違うところだけれど、しっかりと落ち着いた声で

おいしいものを生み出して、伝えようとしている姿に感動。

また聖加さんとのコンビネーションが抜群で、二人の呼吸で

すごくいい空間だったなーと感じます。


メキシコでは、とうもろこしの粉が主食で、それを使った料理が

たくさんあるそうです。 オリーブオイルはあまり使わないそう。

チリもいろいろな種類があって、辛くないものもあるし、料理全体の

味付けもベルクさんが作る料理はどれも辛すぎず、日本人好みの

味だなーと思いました。


 塩は手のひらを少しすぼめて、のせながら、少しずつ何度も

味を見ながら料理を作っていきます。 多いと取り戻せないので

少しずつがポイントだということ。

レモン汁もレモン何個分というのではなく、そのレモンの果汁なども

作る度、違うのでそれも自分の舌で確かめながら、ということ。


 メキシコ料理は、無駄なく使い切る、というところも大切に

しているみたいで、日本と似ているな、と感じました。



 実は料理教室自体にも私のいつものおとぼけのせいでいろいろ

あって、参加できなくなりかけたのですが、いろいろ周りのみんなの

力とミラクルさで、遅れたけれど、堪能できたことにも感謝です・・・



 お料理を楽しめたけれど、歌は今回、タイミングが合わず、参加

できないな、と思っていたら、くじらぐもに来てくれて3曲歌ってくれたのです。


くじらぐもびより

 偶然居合わせたお客さんと 私と 幸子ちゃんと くるみっちと

ミラクルなひと時。

生で聴く歌声とギターの音。

すごく幸せなひと時でした。


 音楽も 料理も 国境を越えるな、いいなとしみじみ。

ベルクさんや聖加さんの凛としたスピリットを感じる度、心の

底から 癒されていくな、と感じるのでした。


 まずは自分の想いが 全て 形作っていく。

そこがスタート。


 次に会える日が楽しみです・・・ またいつか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-25 13:33:29

365分の1の知恵*味噌作り

テーマ:365分の1の知恵

 今年の味噌の出来上がり量は、今までで一番多い450キロ。

前日まで一日でやれたら、と思っていたけれど、作業日を2回に

分ける作戦でいくことにしました。


 第一弾は乾大豆70キロ分を仕込みました(2月20日)

前日の午前中に大豆を浸水して、夜、ちょっと火入れをして、

凍らないようにして、早朝から大豆が柔らかくなるまで、煮ていきます。


 今回は五味醤油店で大きなかまどと釜を各3個、ミンサーを

借していただいたことと、みんなの協力でスムーズに作業を進めることが

できました。


 今年は麹作りも味噌仕込みも雪などの天候もあって、どんな風に

作業を進めていくか、いろいろ考えさせられる年でもありました。

発想を変えると、こんな形もできるかも、という方法が見えたり。


 ぎりぎりまで作戦を考えて、どう進めるのが一番、いい方法か

悩みつつもみんなで、仕上げられたことがすごくうれしかった(*^o^*)


 

 ここに来れた人も来れなかった人も、いろいろ気持ちを向けてもらえて

いることにも感謝です。


 手前味噌。

毎年、仕込んでいてもできあがる味は、微妙に違うし、同じところで

発酵させてもかめ毎に微妙に違う。

手作りの面白さ。 1年もの、2年もの、3年もの・・・ と味わいもどんどん

変わっていく。


 違いや個性を楽しむ世界がいいなーと思う。

くじらぐものごはんは、素材の力と味噌、しょうゆ、塩の力を生かして

作っている。


 麹も大豆も顔の見える素材を使って、手間隙と気持ちを込めて作って

いるので、味噌汁もうちでしか味わえないうちの味だと思っている。


 カレーやクリーム系の料理などあれこれ、味噌を隠し味で入れると、

ぐぐっと味わいが深くなる。


 日本人の体を作ってきたもの。 米、味噌、漬物などの保存食。

保存ができるから非常食にもなる。

もっともっと 手前味噌の輪、 365分の1の知恵の世界を広げて

いきたいな。


 さて、第2弾の味噌仕込みは、3月2日(土)に行います。

お店を営業しながらやりますので、仕込んでいる時に来てくださった

お客さんと一緒に楽しめたら、と考えています。


 煮あがった大豆の味はどんな味なの?

 豆がやわらかくなるまでどれくらいかかるの?

 味噌って何でできてるの?

 どんな風に作られているの?

 麹って何? どんな味? どんな色? 原料は?


 興味のある方も、無い方も くじらぐもの世界を垣間見てもらえたら。


 営業はいつもの日替わりのランチプレートでなく、味噌仕込み

バージョンプレートになります♪

お楽しみに!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-24 01:01:06

2月24日(日)

テーマ:ブログ

 2月24日(日)のくじらぐもは11時から13時くらいまで満席となっております。


 来る予定の方は、お待ちいただいたり、ということもあると思いますが

ご協力お願いいたします。
















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-20 01:39:52

2月20日水曜日

テーマ:ブログ
くじらぐもびより-PT340627.JPG

九時から味噌作り ワークショップやりますニコニコ 見学無料です(*⌒-⌒*)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-16 02:43:51

くじらぐもに集まっ茶った

テーマ:和*心


 写真とタイトル名は、まっちゃんです。

先日の3連休、たくさんのうれしい出会いがありました。

そのひとつ、日本茶インストラクターの資格を持つかっきーが

くじらデビューをしました。 その時の1泊2日の様子です。


くじらぐもびより  こでまり


くじらぐもびより  薪ストーブ

 
くじらぐもびより

 足踏みミシンと囲炉裏。 この足踏みミシンがきっかけで

まっちゃんとは仲良くなったんだっけ。


くじらぐもびより

くじらぐもびより

くじらぐもびより  ガラス 月とやぎ

くじらぐもびより

 左がかっきー。 右が国会くん。 夕方、到着して、まずは

日本茶タイム。

一番最初のお茶は6煎まで淹れてくれた。

中国茶みたいに小さな茶器で 少しずつ飲むスタイルも新鮮。


くじらぐもびより

 色も美しい

1煎目はとってもやわらかな味。

2煎目は香りも味も一番私がすきな感じ。

3~6とどんどん変化していくのだけれど、いいお茶ってこんなに

何煎も楽しめるんだ、ってびっくり。


くじらぐもびより


 2種類目のお茶は、桜の香りのするお茶。 特にフレーバーが

入っているという訳ではなく、桜の香りの成分、クマリンが含まれている

日本茶だからだそう。

すごく繊細な味。 お花見しながら このお茶飲んだら 素敵だな。


 そしてだだだっとみんなで力を合わせて夕ご飯作り。


くじらぐもびより  おかずいろいろ


くじらぐもびより
 鹿肉入りほうとう


くじらぐもびより  鹿肉のソテー

 数日前に鹿肉をいただいたのです。 足と毛がついててワイルドな

オスの鹿。 この辺りでも人間と動物たちが共生するために数の調整や

研究をしているのです。

命をいただいて、自分の命をつなぐ。

地球上の生物たちは、どんな小さなものも同じようにいただいて

生きている。


 先日、星野道夫さんを語る夕べ @キッチンOHANAで見た

DVDで心に残った言葉。

「目の前のスープをすすれば、
 極北の森に生きたムースの身体は、
 ゆっくりと僕の中にしみこんでゆく。
 その時、僕はムースになる。
 そして、ムースは人になる。」


 アラスカの人たちは、狩猟民族なので命をいただいて生きると

いうことを本質的に分かっているというお話。


 祝島を舞台にした映画「祝(ほうり)の島」で漁師さんが言ってた

言葉は、その日採れる魚の量は乙姫様が決める、という言葉。

自然の厳しさを知っているからこそ、謙虚になれるのかも。


 食べること。 私にとってとても大切なこと。


くじらぐもびより  デザート

 差し入れのクレープやおせんべいや東京の加藤君という

男性が手作りしている「flip-flap」の芋けんぴ。 めちゃめちゃ絶品!


くじらぐもびより
 スイーツに合わせて、mayuちゃんが紅茶を淹れてくれた。

友人の結婚式用にブレンドしたフレーバーの紅茶。

みんなで飲んで、名前を考えました(*^o^*)

「DOLCE VITA 」ドルチェ ビータ(フランス語で甘い生活)。


 さて、夕ご飯後は、韮崎のゲストハウス「空穂宿」へ。


くじらぐもびより

 おじい、のりさんも加わり、囲炉裏を囲んで、大人の時間。

くじらぐもびより

 イランの飴があったり、のりさんがカンボジアの旅の

お土産、お米のお菓子、つぶしてあって、干してあるもの。

これが止まらないおいしさで、お米の甘さなので甘すぎず、

されど味がある。 お酒のつまみにも合う(ノ゚ο゚)ノ

世界には面白いもの、たくさんあるな。


くじらぐもびより
 囲炉裏であぶって食べるするめや干したこもおいしかった!


くじらぐもびより
 しみじみ いい 空間です・・・


 さて、のんびり朝時間を過ごす間もなくくじらぐもに戻ってきて朝食。


くじらぐもびより

 朝茶第一弾は・・・


くじらぐもびより
 かっきーに後光が((((((ノ゚⊿゚)ノ

くじらぐもびより

 フレンチトーストと実家のはっさくと大崎さん家のたまごで

目玉焼き、サラダ、ソーダブレッド。 お茶はばらのお茶。

桜の花びら型の茶器で。

なんだかどこかの国のお姫様になった気分。


くじらぐもびより
 第2弾でかっきーが淹れてくれたお茶は・・・


くじらぐもびより

 桃のゼリーのお茶。 すごくすごく幸せなスイーツみたいなお茶。


くじらぐもびより

 乙女心をくすぐられるな


くじらぐもびより

 第3弾は水でゆっくりゆっくり時間をかけて淹れてくれた芽茶。

コーヒーのドリッパーも使えちゃうんだな。


くじらぐもびより

くじらぐもびより

 ミラクルな時間に感謝。


 かっきーの淹れてくれる日本茶×くじらぐもの時間、いつか

やります! お楽しみに(*^o^*)


 日本人だもん。 おいしく丁寧に日本茶 淹れられるようになりたい

です。

なんでも 奥深きこと、 楽しいなー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-14 21:45:12

cafe sweets  vol.144 2013 3月号

テーマ:ブログ

 cafe sweets  柴田書店MOOK から出ている月刊誌のカフェの空間学

2013 という特集に 非日常の空間を提供するカフェの中のひとつに

取り上げていただいています。


 チャイくん、くるみっちも写してもらってます( ̄▽+ ̄*)


 ぜひ、ごらんになってみてください♪












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-14 21:19:00

おいしさを作るもの

テーマ:ブログ


くじらぐもびより-130131_1215~01.jpg


くじらぐもびより-130207_1204~01.jpg

くじらぐもびより-130207_1159~01.jpg


今年は3週連続の麹作りでした。

くじらぐもにあった桃の木箱にちょうどいいくらいの麹の量など

これが黄金比率じゃないかな、と思うものも見えてきました。


 さっちゃんが麹作りの日に少しでもつられて手作り広場に参加してくれたら、

という母心でお稲荷さんと巻き寿司を2週に渡って作ってきてくれました。


 具は7種類(高野豆腐、ほうれん草、紅しょうが、かんぴょう、にんじん、

卵焼き、干ししいたけ)で黒米入りごはん。


 お稲荷さんにも高野豆腐、ごま、にんじん、ごぼうが入ってた。


 どちらもじーんと心の底からしみこむおいしさ。

手間隙をかけて丁寧に作ったごはん。

誰かの笑顔のために作るごはん。



 くじらぐもで目指したいもの。

たくさんバトン渡してもらえているなー。


 さて、次回の365分の1の知恵は、いよいよ味噌仕込みです。


 2月20日(火) 9時から  味噌仕込み


   持参物:ゴム手袋、エプロン、三角巾、味噌を持ち帰る容器、

     味噌は材料費代、昼ごはん代として300円。


      見学のみもできます。


     要 申し込み。  0551-25-4053

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-02-08 21:37:43

つるり

テーマ:ブログ


くじらぐもびより-130208_1248~01.jpg

 本日のくじらぐもランチ。 首を横にしてごらんになってください。


*さつまいもサラダ  *ねぎの蒸し煮  *長芋とあおさの和え物

*沢庵漬け  *大根ステーキ  *かんぴょう煮  *里芋

*おから団子  *にんじんのソーダブレッド   *味噌汁


くじらぐもびより-130206_1632~01.jpg
 夕方、やぎ小屋にて つるんとすべってしまった。 人型とコンテナ。

分かるかな。 ぎりぎり頭は地面につかず、ほっ。


くじらぐもびより-130204_2322~01.jpg
 万作の花。 春は近いんだな。


くじらぐもびより-130204_2137~01.jpg
 お茶のお稽古で出てきたお菓子。すずな餅。 春の七草の

ひとつでかぶのこと。  毎回 季節を感じさせてもらっています。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-06 18:14:26

2月7日(木) 麦麹・米糀 仕上げ ワークショップ

テーマ:365分の1の知恵

 11時から くじらぐもにて。 麦麹と米糀両方の仕上げを

見ることができます。


 作業後、さっちゃんが 太巻きを差し入れしてくださるので

楽しみに( ̄▽+ ̄*)


 この辺りの雪は溶けたので道は 大丈夫です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-04 09:35:34

明日は麦麹の仕込みをやります

テーマ:365分の1の知恵

 今年でさっちゃんを交えて手作り麹をはじめたのは、何回目だろう・・・

数を重ねるごとにコツをつかんできたり、最初とても大変、と思っていたことが

3人くらいの少人数でも あうんの呼吸で 仕込むことができたり、すごく

いい経験をさせていただいています。


 去年は徳島から麹作りを見にしんじさんが来てくれて、今年は

群馬の上野村在住のかずさんが来てくれています。


 あちこちに さっちゃんの365分の1の知恵のスピリットが 種と

なって どんな風に それぞれの地で形になっていくのか、と思うと

とても夢のあることを くじらぐもという場で毎月1回 やらせて

いただいているな、と感じます。


 去年、麹工場みたいにちょっとがんばりすぎて、大変だったので

今年は3回仕込みで計画しました。

3回目。 ぜひ、参加してみてほしいです。


 2月5日(火) 13時から。

        麦を蒸して、麹菌をまぶして、室を作って加温します。


    ↓

 2月7日(木) 11時から。

        麹の仕上げです。 米蔵で広げて干します。

        後でお昼ご飯もみんなで食べます。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。