1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-10-29 22:51:02

同志

テーマ:手から生み出すもの

 久しぶりのくじらぐもお庭マーケットと土壁補修大会は、無事に

幕を閉じました。

いつものごとく、何かくじらぐも物語の一ページを彩るような出来事の

前後はいろいろなことが押し寄せてきます。

怒涛のスケジュールを乗り切り、ひとまずほっとしています。


  たくさんの方の奇跡のようなご縁と出会いがつながって、

2日間の生まれてはじめての土壁塗りの体験ができました。



 塗り壁隊を仕切ってくれた片山夫妻をはじめ、各地から

ここを目指してきてくださった方、ご縁をつなげてくださった

城田夫妻など、みんなのおかげだなー、と感じています。


 お庭マーケットもゆったり時間で、ちょっとゆったりしすぎ?!と

どきどきもしましたが、どうだったでしょうか。

どのお店も工夫をこらしていて、わくわくさせられたなー。

ちびっこたちものびのびと楽しんで、やぎたちもみんなに

ごはんをもらっておだやかにしていたのが印象的でした。


 出店者も 参加者も みんなが ゆるくつながる場に

なっていったら素敵だなー。 


くじらぐもびより-PT340549.JPG

くじらぐもびより-PT340550.JPG


くじらぐもびより-PT340551.JPG


 1泊2日。 はじめましての方も含め、大家族みたいな

時間を過ごせました。


くじらぐもの土壁も、穴も埋められ、ぼろぼろに落ちていたところも

みんなの手で塗られ、100年経って朽ちかけていた壁が

息を吹き返したんだなーとじーんとしています。


 またこの土壁を見て、自分のところの補修や新しく壁を

塗ったり、何か第一歩を踏み出すきっかけになったらうれしいなー。


 コンポストトイレも使ってみて、いろいろ改善点も少し見えて

きました。 これから使いやすく育てていきたいな。


 全ての出来事は絶妙のタイミングでやってくるんだなーと

改めて感じています。

今回出会えた方たちも、絶妙のタイミングで出会えているんだろうな。


 こうして日々、いろいろな方の力をもらいながら紡げていることに 

感謝いたします(*^o^*)


 また写真の方、みんなから届きましたらお知らせできたら、と

思っています!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-27 23:31:52

10月28日日曜日

テーマ:ブログ
くじらぐもびより-PT340547.JPG

臨時休業いたします。塗り壁隊とともに土壁塗りします。参加者飛び入り大歓迎です♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-27 08:40:48

本日

テーマ:ブログ
くじらぐもびより-PT340548.JPG

フリーマーケット♪ お待ちしています!近くの明野総合会館でお神楽も見られますよ(*⌒-⌒*)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-24 21:50:04

秋のくじらぐもイベントのお知らせ

テーマ:ブログ

*10月28日(日)お店の土壁補修のため、

 臨時休業させていただきます。

  


*10月27日(土)フリーマーケットと土壁補修を同時開催で

 やります。 28日(日)は通常営業はお休みして、土壁

 補修をやります。 両日とも参加者募集中です。

 動きやすい汚れてもいい格好、軍手、バケツ、スコップなど

 ありましたらお持ちください。


 27日はフリーマーケットに参加していただいた方も気軽に

 チャレンジしていただこうと思ってます。


 28日はまかない、おやつつきなのでお楽しみに。


 両日とも全国各地の壁塗りの実績がある塗り壁隊が

サポートしてくれますので初心者も安心して楽しみましょう!


 土壁塗り。 私にとって初体験。 どんな2日間になるのかな。


 衣食住のいろいろなこと。 少し前までは全部身近な素材で

手作りで作られていた。

どんな風に?

知ること、体験することから何かはじまっていく予感がしています。


*10月27日(土)  10時~15時

   くじらぐもお庭マーケット


  出店者、参加者 ともに募集中です。

  雨天時は、くじらぐも隣の米蔵にて開催します。


あおいきりん :植物性スイーツ

akitoka  : handmadeの布もの、古着

おちゃのじかん :穴山のカフェ。 天然酵母パン

木古里や@清里 :プロ用中古良品チェーンソー販売、チェーンソー

   用品の販売、手作りクラフトな山仕事用品etc…
   当日は1000円でチェーンソーの刃の目立てもやります。
   ワークショップ形式でもやるので、自分で覚えたい人、面倒

   だから研いで欲しい人、自分のチェーンソーをお持ちください。
種の庭: ごはん、おやつ

・津田 : 野菜

・nagi : 動物性フリーの焼き菓子、パン

ニコサンカフェ  : 焼き菓子。実店舗もプレオープン間近だそう。

花の音  ・ 花の苗、切り花

・MAHARIKU HOUSE(マハリクハウス):鬼饅頭、バリ雑貨

・安岡商店 : リサイクル品

・ロバのベンジャミン  : 手作りフェルト羊毛小物

・くじらぐも&塗り壁隊 : 大鍋ほうとう、土壁補修

・リサイクル 反すう広場も開店中。 ストーブ、ホットカーペット、

 クリスマスツリー、土鍋などあったかグッズもあります♪



  

 今回のフリーマーケットの日は、くじらぐもの土壁塗りも同時進行で

補修します。 飛び入り助っ人大歓迎です。

久しぶりのお庭でのフリーマーケットでもあります♪



*10月27(土)、28(日) くじらぐも土壁補修大会

 

 9時半~16時

 雨天決行。  参加費無料。 

お手伝い隊、大 大 大募集です。

よろしくお願いいたします!




*11月3日(土) こけ玉ワークショップ


 時間:15:00~ 一時間程度

 参加費:1500円(こけ玉材料費込み)
 持ち物:汚れてもよい服装(えぷろんなど)
     持ち帰り用のマイバック
 内容:
 こけ玉作成を土をコネコネするところから一緒に作っていきます。
 初心者歓迎、子供でも参加できます。

プロフィール
道草(みちくさ) 石河英作(いしこ ひでさく)
山梨県内の種苗会社に勤めるかたわら、花と植物のイベント活動を
通して植物を育てるキッカケ作りをしています。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-24 21:26:31

追いかけっこ

テーマ:庭仕事

 今日の定休日は外作業日。 紅葉しているねこじゃらしを

発見! カメラを取って戻ってきたら、日なたぼっこさせてた

くるみっちが穴を掘っていたらしく、脱走!


 思わずカメラを投げ出して、くるみっち捕獲作戦。

庭で走り回るくるみっちは本当にファンタジーの世界だったけれど

鳥や猫が来ないか、もしも目の届かないところに行ったらおしまいだ、

と思ってめちゃめちゃ真剣勝負で追いかけた。

当の本人はぴょこぴょこ跳ね回って楽しそうだったなー。


 
くじらぐもびより

コンポストトイレの作業があともう少し。 週末の

フリーマーケットと土壁補修の時に使えるよう急ピッチで

進めています。 


くじらぐもびより  

 柿の葉が光が当たってきれい。


くじらぐもびより  空とコスモス。 


くじらぐもびより  

 ハンモックとくもちゃん


くじらぐもびより
 土壁作業に使うため庭中のバケツがずらり。 穴があいているのも

5つくらい。 土だったら運べるかな。


 奥に見えるのは布団。 旅館くじらぐも?!


くじらぐもびより
 もっと広い運動場があったらいいねー。


 後は家の裏の草刈り。 来た時はここもびっしり竹が生えていて、

屋根に倒れたりしていた竹を切って、運び出すのは大変だったんだ。

まだ竹の切り株や根っこがわなみたいにあちこち出てるけれど、ずいぶん

変わってきたなー。


週末、みんなの力で土壁がどんな風に再生していくのかも楽しみ。

いろいろな人の力を借りながら、少しずつ変化し続けていってるなー。


 明日も晴れるみたいだから引き続きがんばろう♪


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-18 22:55:02

もりだくさん

テーマ:米蔵

 今日は朝からやすべーさんと米蔵の掃除。 反すう広場の気が

滞っていたのがとても気になっていたので、あれこれ移動したり、

磨いたり、がんばりました。 途中、寄ってくれたねもとっちも大活躍!

夕方には斉藤雄造さんの後半の絵も入れ替えました。

またがらりと雰囲気が変わりました(*゚ー゚*)


 反すう広場の方はストーブやホットカーペット、火鉢、クリスマス

ツリーや土鍋など、この時期ならではのあったかグッズもゆっくり

見てもらえるようブースを固めてみました。


 お皿たちの数や種類も増えています。


 反すう広場。 捨てない暮らし、循環する暮らしのヒントになったら

いいなーとはじめた試み。 自分の中でどんな風に進めていくのか

いまだ試行錯誤ではあるけれど、少しずつ形になっていっています。


 こんなものがあったらいいな。 買おうと思っている人がいたら

まずはのぞいてみてもらえたらうれしいです。

引越しや故障、新たに必要になって反すう広場で選んでもらって

新しいつながりも生まれてきています。


 秋田出身の雄造さんの実家で使っていた古道具たちも

お預かりしているので、磨いたり、風通しをしてディスプレイ

したいなー。

夏のフリマのかき氷はなんと漆器のお椀でみんなに楽しんで

もらったのですよ。 


 それからとうみや銅鍋、かまど、杵と臼、お皿なども貸し出し

できるようにコーナーを作ろうと考えています。


 あとは、冬の間にリペア(修理)cafeをやれたら、と思っています。

取り調べライトや扇風機、直してもらって使えるようになりました。

おもちゃだったり、電化製品だったり、繕い物だったり。

壊れたものを直して使う。 そんなひと時。

楽しそう(*^o^*)


 やれることからやってみよう。 動いていたらアイディアも

集まってくるから不思議だなー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-17 09:13:15

365分の1の知恵*くるみだんご

テーマ:365分の1の知恵

 毎月第3水曜日にやっている365分の1の知恵、手作り広場。

武川町在住の豊田幸子さんことさっちゃんが先導役を務めてくださって

います。

今回は、くるみ仕事。 くじらぐもの裏にもくるみの木があって

実を落としてくれるのだけれど、殻は固いし、どんな風に使っていいのか

学びたいのと、くるみ団子が食べたい!と熱烈アピールをして

初のくるみ仕事(*^o^*)


くじらぐもびより  くるみ!

 これは外皮を取った状態。 拾う時はこの状態のものも

あるけれど、緑色の生皮に包まれています。

その生皮を取るのがまず仕事。

水の中につけておいて外皮を腐らせる方法と、土の中に

埋めておく方法があります。


 このくるみはさっちゃんが拾って、川にドラム缶型網に

ドボン!とつけて、流れないように石で押さえておいて

時々見に行ってくれて、こうした姿になっています。

台風の時は水の調節をしてくれた方がいて流れず無事だったそう。


 外皮をとったくるみは干して保存。

使う時に炒って少し頭のとがった部分が開いたら石の上などの

くぼみを利用して、くるみを置いてやさしくとんかちなどで

トントンと叩くとぱかっと割れます。

割れたら、竹串で実を取ります。


 今回は炒る方法は、鉄のフライパンでゴロゴロやるやり方と

オーブンで220℃で20分くらいのやり方と2種類。

フライパンの方が直火な分、早いです。


 さっちゃん方式は、炒って割って使うやり方だけれど、生の

くるみを天日干ししておいて、生胡桃を割ってから、炒る方法も

あります。


くじらぐもびより


くじらぐもびより


くじらぐもびより
 しゃがんでいるメンバーは、石の上でくるみを割っています。

 机メンバーは割ったものの実を取り出しています。


くじらぐもびより

 一人だと大変だけれどみんなでやると楽しい。


くじらぐもびより

 取り出した実はすり鉢でごりごりと。


くじらぐもびより

 ゆっくり、ゆっくり。 固い皮が入っていたら取り出そう


くじらぐもびより


くじらぐもびより  

 焦げ付かないよう絶えず、かき混ぜてこしが出るまで練る


くじらぐもびより  吉野葛


 ではまず「くるみ豆腐」から


 くるみ豆腐


材料:くるみ 50g、吉野くず 50g、水 400ml、

    さとう 大さじ1、塩 少々


作り方:1くるみはよくする。 油を十分に出すとコクが出る。

     2くず粉と水を合わせてから、くるみと混ぜ合わせ砂糖、

      塩も入れ、裏ごしする。(裏ごしは目があまり細かすぎないもの)

     3弱火にかけこげつかないようよく練る。こしが出るまで20分位

      練り続ける。 ここがポイントなので片手間でなく、しっかりと

      向き合うこと

     43を型に流し、2時間くらいおく

     5切り分ける。 今日のあんはくるみ、さとう、醤油を混ぜたもの。




くじらぐもびより さっちゃん

 お団子 しっかりとこねるのがポイント。耳たぶの固さ。


くじらぐもびより  ハロウィン?!

 わざと指の跡をつけて、蒸気に当てる断面を多くするそう。


くじらぐもびより  


くじらぐもびより

 さっちゃんもさっちゃん母から作っているそばでお手伝いを

しながらいろいろなことを覚えていったんだろうな。


 蒸しあがった団子の生地を熱いうちにすりこぎでつぶしてなじませ

手水をつけながら手でこねる。 ここが熱いけれど、耐えながら。


くじらぐもびより
 お団子のくるみあんを作ってます。手前は里芋のくるみ味噌のせを

作っているところ。


 くるみだんごの作り方


 材料:うるち米の米粉  9割くらい 、もち米粉  1割くらい

     水 適宜(耳たぶくらいの固さになるように)


 本当はうるち米のみの粉がいいのだけれど、現代人はこねるのに

慣れていないので難しい。 少しもち米粉を入れるとこねやすい。

1、こねる

2、手の指が残るくらい、しずく型にして蒸し器で蒸す。

 蒸し上がりは、10~15分くらい。 少し食べて火が通っていたら

 OK.

3、手早く、すりこ木でついたり、手で熱いうちにこねる。

4、成形。

5、くるみあんをかける。 くるみをすったもの+味噌+砂糖+水

 水は最後にのばしながら加える。



くじらぐもびより  おいしそう!


くじらぐもびより

 くるみ豆腐。 切り分けて柿の葉っぱにのせました。


くじらぐもびより

 人数がいると同時進行で作業ができる♪ くるみの実を

取り出すのが一番時間がかかるところ


くじらぐもびより

くじらぐもびより
 里芋をゆでて半分に切って、スプーンで少し穴をあけ、

そこにくるみ味噌をのせ、オーブンで焼きます。



 くるみと里芋のオーブン焼き(さっちゃん オリジナル)


1.里芋の皮をたわしなどでこそげ、ゆでる

2、ゆでた里芋を縦半分に切り、真ん中をスプーンで少しくりぬく。

3、くりぬいた里芋と味噌とくるみを混ぜてくるみ味噌に

4、くりぬいた部分にくるみ味噌をのせ、オーブンで軽く焼き色が

 つくくらい焼く



くじらぐもびより  お昼ごはん

*くるみと里芋のオーブン焼き *さっちゃんキムチ 

*深沢さん作 ほうれん草のくるみ和え *ゆでたかぶ

*赤パプリカの豆乳ソースのつめもの焼き  *ごはん  *日本茶

*くるみ豆腐  *くるみ団子




 みんなで力を合わせて、作るとこんなに豊かなごはん、豊かな

ひと時がもてるんだなー。


 子どもがいて、私より若い人がいて、同じくらいの人がいて、

先輩がいて、女性、男性がいて。

今回は友人のろう者も参加してくれました。

いろいろな世代の人が交わる時間の意義も感じています。

さっちゃんスピリットが、ゆっくりでもいいからじっくりと確実に

広がっていきますように。


 常々感じるのだけれど、人生の諸先輩たちの愛情の深さ、

母心。 佐藤初女さんもおっしゃっていたけれど、母心って

本当に何物にも変えられない、すごく人を勇気づけたり、

力強いもの。

これからの地球を支えていく大きな力のひとつだと思う。


 私も少しずつ育てていきたいなー。


 さて、次回の365分の1の知恵*手作り広場は11月

21日(水) 11時から。

柿酢&干し柿作り。  梅酒用の瓶などお持ちください。

渋柿を分けてくださる方もいらっしゃいましたら、ご協力

お願いいたします!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-16 08:31:10

ダブル!

テーマ:ブログ


くじらぐもびより

個展開催中の斉藤雄造さん。 右上の絵は30代の頃の

自画像。 今週金曜日に絵を入れ替えて、後半バージョンに

移ります。


くじらぐもびより

 スタッフちさとちゃんが先日差し入れしてくれたりんごのタルト。

めちゃめちゃりんごがあまずっぱくておいしい! 手作りじゃないと

味わえない味(*^o^*) ミルクティーと最高に合うなー。


 さて、先日お話していた「福島原発告訴団」 の件、10月

15日の締め切りが10月の月末まで延びました。

気になっている方、ぜひ、ホームページやユーチューブで

チェックしてみてください。

くじらぐもにも書類少しありますので、声をかけてくだされば

お渡しできます。


 くじらぐもでもおなじみ?のつるこおばあちゃん。

御坂で低農薬で桃を作り続けて60年。 今年88歳になります。

いつも清清しいくらい、すかっと笑顔できびきび畑仕事を

されているおばあちゃん。

「てくてく」というフリーペーパーにつるこおばあちゃんが

取り上げられました。

本当はとってもシャイで、載ることに抵抗していたのだけれど、

おばあちゃんの生き方、姿勢から、勇気や元気をもらえるなーと

感じます。

ぜひ、手にとって見てみてください!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-11 22:41:28

おらんとうの森 2012 10月

テーマ:里山再生

 久しぶりにおらんとうの森で作戦会議。 お昼ごはんから夕暮れまで

森で過ごしてきました。


くじらぐもびより  


くじらぐもびより

 栗のいががいっぱい落ちていたけれど、どんぐりも栗の実も

ほとんどなくなっていた。 それだけ動物たちが食べるものを

探しているってことなのかな。


くじらぐもびより  ほうき草の花


くじらぐもびより  

 きのこや木の実が少しずつ出始めていました


くじらぐもびより

 ツリーハウスの屋根に使った麦わらからは新しい命が


くじらぐもびより

 竹とんぼを作ったり、飛ばしたり。


くじらぐもびより

 つるを取って、みんなでかごを編みました。 つるの太さや

編む人でこんなに雰囲気が違うものができあがる。


くじらぐもびより
 めちゃくちゃ真剣に栗の実を探したけれど、いがはいっぱいあるのに

実はこのくらい。


くじらぐもびより  


くじらぐもびより


 まだまだ蚊がたくさんいて、刺されまくりながら、みんなで

森時間楽しんできました。

ちゃんと最後におらんとうの森の今後のことも話をして

きました。

ここを拠点にいろいろなことができる、可能性を再認識。


 もっともっとみんなに足を運んでもらえるように、おらんとうの

森を活用してもらえるように、森と一緒にみんなで成長

していけたらいいなー。


 おらんとうの森でイベントをしてみたい方も大募集です。


くじらぐもびより 帰り道の夕焼け空



 それからお知らせです!


*おらんとうの森で焼き芋大会


 10月20日(土) 9:00~

 サツマイモを持って集合です。


 子どもも大人もどなたでも参加できます!
くじらぐもびより



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2012-10-10 22:40:28

福島原発告訴団 お話会

テーマ:ブログ

 福島原発告訴団について茶話会をくじらぐもで開きました。

友人、かずぼーから話を聞いて、ちゃんと情報を知った上で自分で

考えて、判断をしたいということもあったし、人と話すことで

見えてくるものもあると思ったのです。


 今日は、告訴団 団長の福島県在住の武藤類子さんが

北杜市に来て、告訴団の説明をされている映像と、6月11日に

告訴をした時のドキュメントを観ました。


 なぜ、福島の人たちが立ち上がって、告訴をしようと思ったのか。

 今の世の中の現状。

 告訴をする意味、受理してもらって起訴されるかどうかの道のりや

これから私たちに何ができるのか、などいろいろ考えさせられます。


 本当は告訴しなくてもこれだけの事故が起こったのだから、原因

究明や刑事責任が問われてしかるべきと思うのですが、被害者が

立ち上がらなければいけない、という現実。


 福島地検に告訴をした時の一人一人の想いがずしっと胸に響いて

きました。


 3.11が起きる前からもずっと子どもたちの未来のために、声を

上げ続けてくれている人があちこちにいることを知った時、世の流れが

変えられなくても、あきらめず、変えようとしてくれていた人がいることを

知った時、すごく希望を感じた私がいます。

何もしない間に原発が50数基できた訳ではなかった。

世の中の流れが、安全神話や核の平和利用という大義、

そして無知、無関心が主流でも、小さくても、取り上げられなくても

各地できちんと声を上げ続けたり、反対を訴え続けてくれていた人が

いるということ。


 自分に何ができるのだろう・・・

 日々の暮らしを大切にすること。

自分自身の頭と心で感じて、考えて、声をあげていくこと。

気づいたことからやっていけたら。



 福島原発告訴団について→☆ 

 福島原発告訴団 甲信越について→☆


 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。