こんばんは


今日は子どもたちのラジオ体操最終日でした

私たちが住んでいる地区ではラジオ体操に出てもでなくても、特になにもありません

4年前までは

最終日にさえ参加したら文房具などのプレゼント?みたいなものがありました

無くなる年たまたま役員をしていたのですが

役員には『予算の関係で廃止』と説明がありました。


うちは会場が近いし

最終日だけそれ目当てに参加するのもな…

って感じで結局参加していたけど

最終日だけ景品もらいに来る人もいました

それがいけなかったのかどうかはわからないけれど、ここの地区では何かをもらうことはなくなりました

(あ、正確には皆勤の子だけ小さな賞状みたいな紙をもらってくるか…)


何かもらえるから行くものなのか?

そうじゃないだろ?


廃止にした偉い人はそんな感じかな?

とは思いながら、

なんのためにいくの??という子どもの問いにいい答えがでないんですよね


ありきたりな

夏休みだからといって朝寝坊せずに身体を動かすことで…』みたいな理由で子どもの心動くかな?と。

だって大人だって休みは朝寝坊するし

子どもなんてこの暑いのに忙しく動いてますよね

寝坊してゴロゴロ過ごしてる子どもがいるなら

それは家庭で過ごし方考えなきゃなんじゃない?と私は思うけどな

ラジオ体操にでたくらいでなんか違うかな?



だったら学校の校庭に集めてみんなでやればいいし宿題だっていうなら各家庭でやって親が判押せばいい


わざわざ役員さんが出て行ってラジオ流して

地区でやるメリットってなんだろ?


私に思い当たる理由は

自分の住む地域に小さなうちから関わっていくことくらい?

こんないいとこだよ!って

大きくなって地域を支えてもらえたら嬉しいなって期待するなら

他の地区でもらえてる物くらいは足並み揃えなきゃだと思うけどね…


だけど予算がないものなんとかしろというのも出来ないんだろうから

さんやすで用意しました(笑)

私もあいちゃんも同じ地区だし
さんやすの社長も同じ意見
そういうところで同じ気持ちで
さっと動けるのがすごく嬉しい

ラジオ体操閉会式に間に合うように
話してすぐに買いに行こ!って袋につめて
役員さんちにお願いしにいきました


小さな努力でも

ラジオ体操に毎日通ったよ!っていうこと

もちろん理由があってこれない人もいるけど

それでもじゃあいいやってならないで行った子

頑張ったね!って褒めてあげたいから

ご褒美
夏のちっちゃ頑張りにちっちゃなご褒美
えらかったね!を伝えたかったから^ - ^

いつかラジオ体操もなくなるんだろうな
そんな気がするけど
今年、私たちが出したモヤモヤの答えはこんな感じでした

それでは、また。