何かとお酒を飲む機会が増えてついつい飲みすぎてしまうことが多くなります。

お酒の飲みすぎは二日酔いの原因となり、頭痛、吐き気などの体調不良を招きます。

特にお酒弱い人や普段飲まない人などは二日酔いの症状が強くなりやすいので注意が必要です。

 

【お酒を飲むときの対策】

空腹の状態でお酒を飲むと胃の粘膜が刺激されてアルコールの吸収が早くなり、酔いがまわるのが早くなってしまうこともあります。胃でアルコールの吸収を抑えるにはお酒を飲む前に脂肪分の高いチーズなどの乳製品を食べたり軽い食事をしたりしておくと良いでしょう。

またお酒を飲んでいる時は、お酒と一緒に肉や魚、卵などタンパク質が豊富なおつまみを食べると胃や腸の粘膜を保護し、アルコールの分解を促進します。

果物に含まれるビタミンCや果糖にもアルコール分解を助ける効果がありますので、グレープフルーツジュースなど、柑橘系の果実が入った飲み物をお酒の合間に飲むのもおすすめです。

 

 

【お酒を飲んだ後の対策】

アルコールが肝臓で分解される時に生成されるアセトアルデヒドは代謝されずに体内に残ってしまうと二日酔いの症状を引き起こしてしまいます。二日酔いに効く薬に配合されているメチオニンやタウリン。L-システインなどは、アセトアルデヒドの代謝を促進し、飲み過ぎで弱った肝臓を修復して、肝機能を高める働きがあります。

二日酔いで胃のむかつきや胸やけがつらいときは、制酸薬や健胃作用のある生薬などが配合された胃腸薬を利用すると良いでしょう。

 

 

お酒を飲むとき飲んだ後には、体内のアルコールを排出しやすくするために、水など十分な水分を補給することが大切です。

アルコールには利尿作用があり、脱水症状をおこすこともあるため水分は多めに摂るようにしましょう。

 

 

お酒を飲むときは自分の適量にとどめて

飲み過ぎないように心掛けましょう。

 

ご相談は当局まで