薬の効き目は人によって異なります。同じ薬を飲んでも効く人もいれば効かない人もいます。

さらに、人によっては副作用が現れる場合もあります。

 

薬の効き目の違いはなぜ起こるのでしょうか?

 

様々な要因があるそうですがそのうちの2つについて書いてみたいと思います。

1つめは「トランスポーター」と呼ばれるたんぱく質の影響。

このたんぱく質は薬の吸収や排泄の役割を担っていて、

必要なものを体内に取り込む機能をもつものと、

不要なものを体外に汲み出す機能を持つものがあり、

この数や機能が薬の血液中の濃度に関与して、効き目に影響を及ぼすといわれています。

 

2つ目にシトクロムP450(CYP:シップ)と呼ばれる、薬の「代謝酵素」の影響。

代謝酵素は異物である薬を無害な物質に分解したり、

効き目が発揮されるように薬の構造を変えたりする役割を担っています。

このCYPの数が少ない、あるいは機能が低いと薬が分解されずに体内に残り、

血液中の濃度が上昇します。これにより副作用を引き起こす場合があります。 

逆に、機能が高いと薬が必要以上に分解され、本来の効き目を発揮できない場合があります。

 

また、薬やし好品の中にはCYPの数を増やしたり、機能を低下させたりするものがあります。

例えば、ある種類の血圧を下げる薬や、免疫を抑える薬などと一緒に

グレープフルーツジュースを飲むとCYPの働きが抑えられて副作用が現れる場合があります。

 

このように薬の効き目の違いには

・体が本来もっている吸収・分解する力の個人差

・服用するタイミング

・その時の体調

等様々なことが影響しています。

 

 

病院などでお薬をもらった時は、食前・食間・食後、等、飲むタイミングについてはよく説明を聞いていても、その他の

・●●と一緒に飲んではいけません

・服用後●●分は△△△してはいけません

等を聞き逃したりしがちなので、気を付けてください。