先日、救護待機に行ってまいりました。

スタートは午前5時 

60kmコーススタート前
民間救急サービス・介護移送サービス オーシャン-60kmコーススタート前

夜が明け30kmスタート


民間救急サービス・介護移送サービス オーシャン


ケガをせず帰ってきてくださいね!


民間救急サービス・介護移送サービス オーシャン

本部席近くで待機です。



民間救急サービス・介護移送サービス オーシャン

感動のゴールです!


救護におきましては、

残念ながら十数名の方が捻挫や挫傷、熱中症で救護所にこられました。

また、来年の大会にむけて課題もみえた大会となりました。


ともあれ、参加者の皆さん「お疲れ様でした!」


熊本総合病院(旧八代総合病院)移転の伴う患者移送に応援に行って参りました。

今回の患者移送は、地元、肥後タクシー様を軸に、担架搬送患者を全民救患者搬送協会が行いました。

患者総数約200名、担架搬送約90名

担架搬送に伴う車輌は、民間救急車両5台、当院救急車1台で行われました。

弊社は、患者車輌搬入口に1名、民間救急車内看護師1名を派遣し、応援にあたりました。

民間救急車の看護師とは、通常の看護業務のそれとは別に、初めて出会う患者様の状態を瞬時に把握し、移乗に関しての安全確認、(特に今回は、モニター、輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器の装着者が非常に多かったです。)安全なストレッチャー操作、車輌までの移動中の患者様の安全確保等々。


また病院移転搬送となりますと、今回の搬送では単純に1台あたり15名の患者を搬送する事になります。

(実は、感染症、重症患者は特殊民間救急車に割り当てられましたので17~18名の搬送になりました。)


病院の指揮関係者は、時間通りの搬送を気にするあまり気が焦り、「安全確保」は私たち搬送者の負担が大きくならざる負えません。その中での民間救急看護師の責任負担は計り知れません。


しかし、弊社を含め「一般社団法人 全民救患者搬送協会」は、これまでいくつもの移転業務を安全に行ってきた実績が御座います。教育された看護師と、搬送員スタッフでその責任を果たしております。

今回も1つのミスもなく無事搬送終了致しました。


ご協力頂いた関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

病院移転のみならず、患者搬送にはいろいろな条件に沿った搬送が強いられます。これらもより安全・安心・快適・清潔な搬送を目指して頑張って参ります。


また私たち「民間救急事業」が周知発展することが、「消防救急事業」の適正な利用につながることを希望致します。

医療関係者の皆様、福祉タクシー、介護タクシー、民間救急、消防救急の適正な利用をお願いいたします。

民間救急サービス・介護移送サービス オーシャン

横浜搬送!

テーマ:

ご無沙汰しておりました(^▽^;)


先日、宮崎県より神奈川県、横浜市まで、患者様を陸路搬送して

まいりました。


ドクター同乗、看護師、搬送ドライバー2名の体制です。


道中、患者様の状態変化に気をとられながらの搬送でしたが、

どうにか、大事にはならず無事20時間の搬送を終了できました。


弊社にとって片道1,370kmという距離は初めての経験でしたが、

これまでの中距離搬送の経験が非常に生かされた搬送となりました。



搬送途中、名古屋の朝日に、

民間救急サービス・介護移送サービス オーシャン


日本一の富士山の力に励まされながら

民間救急サービス・介護移送サービス オーシャン


日本って本当に素晴らしい島なんだなぁ~と思わされました。




搬送終了して、スタッフ2名は即航空機で一路宮崎へ


私は、常日頃ご指導いただいている

「一般社団法人 全民救患者搬送協会」の小谷理事長を訪ねました。


小谷理事長とこれからの「民間救急」について、熱く熱く議論させていただきました。

この場をお借りして、お忙しい身の理事長に御礼申し上げます。


一般社団法人 全民救患者搬送協会 宮崎支局

民間救急サービス オーシャンはこれからも

より安全・安心・清潔・快適は患者搬送を目指して参ります。


代表取締役 中村


2012/09/10

テーマ:
民間救急サービス・介護移送サービス オーシャン-120908_162707_ed.jpg

民間救急サービス・介護移送サービス オーシャン-120908_215809_ed.jpg

オーシャン看護師です^^

9月8日土曜日
-FREEDOM aozora 2012 九州-
の救護待機がありました。

オーシャンは搬送担当で救護に入らせていただきました。
天気予報では雨だったのですが、小雨はぱらついたものの、ほぼ晴天♪

とても蒸し暑く、熱中症続出でした。。。
消防救急車2件
民間救急車5~6件の出動。

会場内での担架搬送及び車椅子搬送十数件

とても過酷な状況でしたが、学びの多い救護待機でした!

今日はオーシャンスタッフと振り返り、反省会。
次に繋げていきたいと思います(*^_^*)

貴重な経験をさせて頂いた関係者の皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

2012/09/04

テーマ:
民間救急サービス・介護移送サービス オーシャン-120902_134354_ed.jpg

民間救急サービス・介護移送サービス オーシャン-120902_134653_ed.jpg

おはようございます。
オーシャン看護師です。


先日、ドクターヘリの見学会にオーシャンスタッフと家族で行ってきましたヽ(≧▽≦)/

ヘリをみた時の子供達の歓声、皆感動でした♪
私は、一番興味があった機内をじっくり拝見させて頂きましたが
棚やBOXがいくつもあり、ありとあらゆる式材が沢山積まれておりました♪
この中でさまざまな処置をしながら大学病院へ戻っていくんだな~と想像♪
ドクヘリに乗るスタッフに求めるものは?→物怖じせず、即断出来るドクター・ナースだそうです。中は座席が確か4席あり、ドクター2名ナース1名予備・家族席1名だそうです。
今回のヘリは代替え機で、今点検に出してるそうです。実際は1席分広いとか。


とても忙しい中、金丸先生を始め、パイロットの方や関係スタッフの方には大変お世話になりました。m(_ _)m♪

貴重な経験をさせて頂き、感謝です!ありがとうございました。