anan色気の哲学書 後半


今回もよかったね。。

岡田さんが撮ったお写真がまた…どれも素敵でした。

自分の心が動いた瞬間にシャッターをきる。

今回もそういう瞬間を待って撮らせていただきました。と…


いいですねぇ、、

心が動いた瞬間!!


色気ダダ漏れ…


安田章大が溢れすぎて…漏れすぎてて…


まいりました…


好きです。。


最近、、彼を見るときあまり難しいことは考えなくなってきている気がします。。


なんでしょうか?


安田章大がいいんですよね、、

それだけなんです。。

ほかの誰からも感じることのない想い…


この人にしか感じない想い…


病気をきっかけに、僕は自分のなかのグチャっとしたものを外に出すようにしたんです。



批判そんなにあるのかな?


そういう意味では私は病気がわかってからの安田章大と、その前の安田章大というくくりであまり思ったことがないので、、

もともとの安田章大という人。。

たしかに?少し変わったのかな?


私は、、今日現在まで私が見てきた安田章大のなかで好きじゃないなぁという安田章大がいないのでわかりません。。

ツッコミたくなるような瞬間や(笑)それーーっ!って思うときあります(笑)安田章大に対しても何やってもいいーーって見てるわけでもありません。。


だけど結果…嫌なときはありません…それとこれは別!


やりたいようになにをしたとしても安田章大が安田章大で、この人の根本がブレてないと思ってるし人に対して真摯であると思っているからかな?
そんな感じです。。


だから思ったことは同じ…


安田章大の思うように生きる姿を少しでも長く見ていたい。

続けられるうち…それでいいから。。


安田章大という男は、、

やりたいようにということの=(イコール)が、、信じられる人だから…


そんなふうに思ってます。





少し話が逸れますが…


岡田さんが 僕がなぜ表現し続けているかというと、結局 自分が作るものを信じているからだと思うんです。

って言葉…


自分が信じているものを発信し続けてる人だから響くし、そんな人の作る作品は信じられる気がします。





ここから思ったことがあります。。
私ごとですが、、

私、、昔は自分のことがあまり好きではなかったんです。。


でもまぁ人生いろいろ生きていくなかであるとき思いました。


自分が自分を好きじゃないのに、、

誰が私を好きになってくれるのかな?って…


だからまず自分自身は自分のことを好きでいよう。

同時に自分で自分を信じられる人でいたいと思ってます。  


まぁ
私は作品を作るわけじゃないので岡田さんとか安田さんとかの感覚とは少し違うと思いますけど…(笑)


迷うことも落ち込むことも、
自分嫌いになりそうと凹むこともありますけど(笑)

でも今はけっこう好きです。自分のこと…(笑)



ほんとに話しそれましたが…(笑)


anan感想でした。。



大好きです…