おはようございます。

 

 

 

 

明日 11月8日 22時45分頃 獅子座で下弦の月が起こります。

 

 

 

 

 

獅子座の下弦の月では、変化変容が促されますし、自然とそうなっていきます。

大切なのは『自己受容』、そして『自己信頼』すること。

 

 

 

 

それさえできれば、自然と物事は動いていきます。

 

 

 

 

今の自分自身。

今の自分が何を喜びとし、何に捧げたいと思っているのか。

 

 

 

 

獅子座の月は強く、自分自身の願いを露わにする配置で、その想いを感じ、認めるのが蠍座の太陽です。

 

 

 

 

月のサビアンシンボルは獅子座17度『ベストを着ていない聖歌隊』。

日常のささやかな幸せを大切にし、純粋な心で楽しみを味わうシンボルです。安定した社会的な活動のおだやかな喜び、奉仕的な仕事なども表します。

 

 

 

 

対する太陽は蠍座17度『自分自身の子どもの父である女』。

「自分らしさ」について考え、自分を受容することで心が解放され、可能性の扉が開いていくシンボルです。

 

 

 

 

どちらのシンボルも暖かな雰囲気に包まれています。

月はアセンダントと重なっていて、今感じる自分の『喜び』が、自分自身を癒し、社会に対しての貢献的な活動へのきっかけにもなるでしょう。

 

 

 

 

利害関係なく、自分が心から「楽しい」と思えること

その『喜び』を自分自身が感じてあげることが、まず大切なことで、そこから物事が展開していきます。

 

 

 

 

『喜び』だけではだめなのか。

 

 

 

いいえ、それも大切なことです。

 

 

 

でも、獅子座の月は、自分の内に留めておくことに満足できません。

その『喜び』を表現し、誰かに認めてもらえるからこそ、より深い満足を得ることができるのです。

 

 

 

 

月は手放す側です。

太陽は『受容』した気持ちを『解放』し、自分の内にある可能性を花開かせることに意志を灯しています。

 

 

 

 

 

静かな灯が、心の奥の底の方でうずいています。

その灯を信じて前に進むのか。

それとも、その灯を消してしまうのか。

 

 

 

 

それは、あなた自身がどれだけ『自分自身』のことを信頼できるのかで変わっていきます。

 

 

 

 

変革の星「天王星」が、社会を表すMCに重なっています。

満月同様、立場が変わる人、職場が変わる人、転職する人、引っ越す人、苗字が変わる人など、様々な変化が訪れるでしょう。

 

 

 

 

社会的な立場の変化は外的要因です。

人によっては、苦手なことや「私がそれをしていいのだろうか」と躊躇う分野に足をつける人もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも大切にしたいのは『自己信頼』。

 

 

 

 

『自己信頼』さえできれば、この先の仕事も生活も、パートナーとの関係も。

すべてが必然的な流れを伴い、収まるところに収まっていくでしょう。

 

 

 

以上でございます!

 

 

 

福本泰子

 

 

 

メルマガリニューアルしました☆

毎週日曜日に『ほっこりふくちゃんの星占い』を配信しています☆

ご登録はこちらから。

 

 

 

 

11月・12月の2カ月コースで『占星術基礎講座』を開講しています!

詳細はこちらから。

 

 

 

流れ星2020年限定企画流れ星

星読み☆応援レターを販売中です。

詳細はこちら

 

 

 

流れ星星読みメニュー流れ星
NEW【新・星読み鑑定書】 ~人生の羅針盤~ 詳細はこちら  2020年の間は応援レターで承っております。
【星読み相談室】 詳細とお申込みはこちら
NEW【星読み☆family鑑定&親子鑑定】 詳細はこちら

 


流れ星星読み講座流れ星 星読みを学ぶ
【占星術基礎講座】 詳細はこちら
【ふくちゃんの星読み☆アスペクト講座】 詳細はこちら 
【未来予測講座】 詳細はこちら

流れ星ご予約可能日流れ星
随時ご相談ください。

仕事のご依頼は手紙fukusan08@gmail.comまでお願いします。

 

 

 

【星読み情報発信ツール】
メルマガメール 右矢印 登録はこちら 日曜日にほっこり福ちゃんの星占いを配信しています。
noteメモ 右矢印 記事閲覧はこちら 星読みの活動を通して感じてきたことや知識の提供を行っています。
ふくちゃんの星読み 右矢印 記事閲覧はこちら もう一つのブログです音符
Twitter 右矢印 こちら
Facebook 右矢印 こちら
LINE@ 右矢印 こちら