6月6日 4時12分頃 射手座で満月です。

 

 

 

 

 

満月は、太陽と金星がアセンダントと重なっています。

太陽のサビアンシンボルが双子座16度『熱弁する婦人参政運動家』という、熱く自分の主張をし、大衆を巻き込んでいくシンボルです。

 

 

 

 

自分の能力や主張、考えなど「これが私の言いたいこと」と、印象付けるシンボルで、大衆の心理をこちらに向かせるために、多少大げさに物事を言うところもあります。

 

 

 

 

だけど、「自分の主張」を言うだけでは心が落ち着きません。

訴えたいことは「自分の主張」ではないのです。

これから先の未来のことや、周りのみんなのこと。

先に続く人たちに何を伝え、何を残していくのかを真剣に考えています。

 

 

 

 

 

月は射手座16度『船を見ているカモメ』という、周りの様子を伺い、主体性を尊重するのではなく、安定感のある秩序や集団を見守っています。

 

 

 

 

 

更に、魚座の火星や海王星と満月は葛藤し合っているので、周りの人の感情とか気持ち、例え、強い自分の主張が出てきたとしても、集団心理のようなものには簡単に流されてしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

言いたいことはあるけれど、周りを意識しすぎると言えない。

じゃあ、どうすればいいのか。

 

 

 

 

みんなは何を求めているのか。

どんな想いを抱いているのか。

相手の気持ちに共感し、相手の気持ちを汲んで想像してみる。

 

 

 

 

相手が「心」で何を感じているのかを、自分の「心」でキャッチすることで、どう言葉を紡いでいけばいいのかを、相手に寄り添う気持ちが持てれば、考えることができます。

 

 

 

 

逆に言えば、自分勝手な言葉、考えは通用しません。

相手を想っての言葉、未来を考えての言葉だからこそ、相手に想いが届きます。

 

 

 

 

 

一緒に、周りにいる人達と、気持ちよく付き合っていくのなら。

一緒に心地よい未来を作っていくのなら、相手の気持ちも考え、受け止めながら、自分の主張も伝えていけるよう努力していくと良いです。

 

 

 

 

 

 

 

相手のことや未来のこと。

自分のこともそうですが、「想像力」を働かせ、どうすれば、自分の想いが届くのか。

どんな「言葉」なら、相手にも寄り添えるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

大きく捉えるなら「後世に残したいもの」を考えてみるのも良いと思います。

 

 

 

 

自分の子供やその孫たちに、何を教え伝えたいと思うのか。

 

 

 

 

どんな未来を迎えたいのか。

 

 

 

 

そのために、自分ができること。

自分が提供できるもの。

 

 

 

じっくりしっかり考えて。

できるだけ具体的に考えれば考えるほど良いと思います。

 

 

 

 

付け焼刃なものでなく、これから先、ずっと残していきたいと思うもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラゴンヘッドが双子座に入り、ノード軸が双子座ー射手座のラインに変わりました。

 

 

 

 

「多様性を受け止める。」

ますます、そういった流れに変わっていきます。

 

 

ご参考までに☆

 

 

 

 

 

福本泰子

 

 

 

 

 

夏至までに意識しておくこと。

PDFファイルで販売しています。

興味ある方はお手に取ってくださいね!

 

 

 

【星読み情報発信ツール】
メルマガメール 右矢印 登録はこちら 週に1度星の流れを配信しています。登録してねピンク音符
noteメモ 右矢印 記事閲覧はこちら 星読みの活動を通して感じてきたことや知識の提供を行っています。
ふくちゃんの星読み 右矢印 記事閲覧はこちら もう一つのブログです音符
Twitter 右矢印 こちら
Facebook 右矢印 こちら
LINE@ 右矢印 こちら

 

 

 

流れ星星読みメニュー流れ星
【星読み鑑定書】 ~星を活かして才能を開花させる~詳細はこちら リニューアル中。募集開始は夏至以降です。
【星読み相談室】 詳細とお申込みはこちら

流れ星ご予約可能日流れ星
随時ご相談ください。

仕事のご依頼は手紙fukusan08@gmail.comまでお願いします。