本日 19時21分頃 蟹座で上弦の月が起こります。

 

 

 

 

上弦の月は手放しや葛藤を表す配置。

しかし、今回は手放しというよりも、精神性や人間性、心を試されるような配置です。

 

 

 

太陽がリリスやキロンなど、タブー意識や傷などを表す感受点や星と重なっています。

このリリスとキロンは、今年に入ってからはずっと重なっていて、春分頃を境に太陽とも重なり続けています。

 

 

 

リリスとキロン。

そこに太陽が重なることで、今まで蓋をしていた部分に意識を向けなければいけない。

それが、どんなに見たくない醜いものでも、隠すことができない。

そんな風に感じます。

 

 

 

太陽のサビアンシンボルは牡羊座13度『成長しなかった爆弾の爆破』。

失敗を糧にして何かを学ぶ度数です。

太陽は6ハウスにあるので、仕事で何か失敗し学ぶことがあるのかもしれませんし、健康を害して何か気付くことがあるのかもしれません。

 

 

 

リリスやキロンと重なっているので、悶々としていることが、噴き出す恐れもあります。

身体から膿みだしをするような印象もあるので、体調を壊したらデトックスのサインでもあるのかなと思います。

 

 

 

 

では、なぜ、気付かなければいけないことがあるのか。

 

 

 

それは、確実に変化の波が来ているからです。

 

 

 

 

天王星が7ハウスにあって、ICで重なる水瓶座の土星や火星の合と葛藤の配置です。

対人関係や外から来る変化。

その変化を受け、自分の根幹の部分を変えなければいけない。

自分が変わらなければいけないと心のどこかで思っています。

 

 

 

今、自分の問題としっかり向き合うこと。

特に、怒り、不安、疑いなどの様々な負の感情を受け止めること。

 

 

 

変化し、成長するためには、まず、自分の問題として受け止めなければいけません。

 

 

 

月が蟹座で、9ハウスにあります。

月のサビアンシンボルは蟹座13度『とても目立つ親指で少し曲げられた一つの手』。

自分の意志を育てる度数です。目的を定め、集中力を発揮します。苦しい状況でも、自分の目的を貫き通す強い意志を持ちます。

 

 

 

 

対外的な問題、自分のなかに渦巻く感情や想い、意識。

それらを受け止め、自分の意志をどう育てていくのか。

 

 

 

何を変え、どう成長していくのか。

自問自答を繰り返す1週間になるでしょう。

 

 

 

 

もし、失敗や問題が出てきたら、それは自分が成長するためのきっかけです。

そこから何を学び、自分の意志をどう育てていくのか。

 

 

 

状況が状況なだけに、あまりしんどいことは嫌だなと個人的には思いますが、目の前の問題から逃げていては、成長はできない。

 

 

 

そんな風に感じる配置です。

 

 

 

ご参考までに☆

 

 

 

福本泰子

 

 

 

メルマガ配信を始めました。

よかったら登録してくださいね♡

ご登録はこちらから。

新月、上弦の月、満月、下弦の月に星読み配信をしています。

 

 

 

もう一つブログを開設しました♪これから育てていきます!

 

 

友だち追加

ライン@を作りました。登録していただけると嬉しいです♪

お問い合わせやご予約もしていただけます。

 

 

流れ星星読みメニュー流れ星
【星読み鑑定書】 ~星を活かして才能を開花させる~ 詳細はこちら
【2020年限定鑑定書】~星読み便り~ 詳細はこちら
【星読み相談室】 詳細とお申込みはこちら

流れ星ご予約可能日流れ星
随時ご相談ください。

仕事のご依頼は手紙fukusan08@gmail.comまでお願いします。