本日2月9日 16時33分頃 獅子座で満月となります。

 

 

 

 

 

立春も過ぎ、春の訪れが迫っていますが、ここから春分まで、頑なにならず軽やかになることが求められているように感じます。

 

 

 

 

ここから先、春分までの下弦、新月、上弦、満月の流れを見ていたのですが、下弦や上弦の月は特に「自身の拘りを捨てさせられる」配置でした。

 

 

 

 

「拘り」という言い方が正しいのかは分かりませんが、もう必要のないものと考えてもらえればいいと思います。(新月や満月はまたちょっと違う様子だったので、また改めてそのタイミングになったら記事で書きますね☆)

 

 

 

 

自身が拘っているもの、頑なに守っていたものを捨てるって結構辛いですよね。

それがあったから、自分が保たれていたということもあると思います。

 

 

 

 

しかし、今回の満月では、自分の殻を破らざる負えない流れが訪れそうです。

 

 

 

 

月のサビアンシンボルは獅子座21度『興奮しながら鶏が飛ぼうとする』

獅子座にしては滑稽なシンボルです。いつも堂々としていて、尊厳を感じさせる獅子。けれど、このシンボルは、飛べないのにバタバタと鶏がもがいている姿を思い描ける。周りの目も気にならないぐらい必死な様を表しています。

 

 

 

 

冷静に見ることができないぐらい、必死にならないといけないぐらい緊急事態が訪れるのかもしれません。あるいは、自分の限界を突破していく出来事が起こる可能性もあるでしょう。

 

 

 

 

いずれにせよ、今までのやり方は通用しないと思っておいた方が良さそうです。

 

 

 

 

対する太陽のサビアンシンボルは水瓶座21度『絶望し幻滅した女』。

これも、あんまり良いイメージがないですよね。

このシンボルは、個人的な感情を押し殺すような意味もあり、しかし、内面に向き合うことで逆境の回復力を学ぶ度数でもあります。

 

 

 

 

太陽は7ハウスにあるので、実際、人間関係でがっかりする出来事が起こることもあるでしょう。

自分が所属している場所で、そういった出来事が起こりやすいです。

 

 

 

 

 

必死に飛ぼうとする鶏絶望している女。

そこから立ち上がるためにはどうすれば良いのか。

何か苦難があるからこそ、今の自分のエネルギーと合わないものが明確に分かる。

今、それを続けていてもどうしようもないこと。

これ以上頑張ってもどうにもならないこと。

その為には「自分自身」が変わらなければいけない。

 

 

 

 

 

1と7ハウスの満月ですので、人間関係をきっかけに考えさせられることがあると思います。

また、社会を示すMCに天王星が重なっているので、必然的に社会的な立場が変わる人もいるでしょう。

新しいきっかけが訪れ、その流れに乗るなかで、自己の表現方法、アプローチの仕方を模索する人もいるかと思います。

 

 

 

 

 

え、もうちょっとしんどいんですけど。

という人は火星が調停をしてくれます。

 

 

 

 

 

射手座の火星が5ハウスで気持ちを緩めてくれています。

自分の内面と向き合うのも大事ですが、もっと視野を広げてみるといいでしょう。

趣味を謳歌してみたり、旅行に行ってみたり、今までやってみたことがないことにワクワクしながら飛び込んでみると、思いがけず良い案が浮かぶ可能性があります。

 

 

 

 

そんな軽やかさを感じる火星です。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、6ハウスに木星や土星、冥王星が集まっているので、体調を崩してしまう人もいるでしょう。

何となくお疲れモードが漂っていますが、きっとこの天体達の影響もありそう。

体調を崩してしまった人は、休んで身体を整えることで、自然と気持ちも整います。

 

 

 

 

そして、私が一番気になるのは金星とリリスとキロンの合。

牡羊座で全部重なっています。

 

 

 

 

純粋な想い、願い、情熱、好き、子どもっぽい自分など、今まで抑えていた感情がふっと湧き出てきそう。

キロンも重なっているので、自分の子どもの頃の傷とか恋愛の傷とかも出てきそうですね。

牡羊座なので、怒りとして出てきやすいかも。

 

 

 

 

何で私がそんなに我慢しないといけないのよ!

と憤慨することもあるかもしれません。

 

 

 

 

なかなか、忙しい満月ですね(笑)

 

 

 

 

過去の傷、想いと向き合う人もいれば、体調を崩し、自分を整える必要性が出てくる人もいる。

チャンスが巡ってくる人もいれば、人間関係で幻滅するような出来事が起こる人もいる。

 

 

 

 

その流れのなかで自分の限界を超えることが必要になってくるでしょう。

最初にも書きましたが、要らないプライドとか、頑なに守っているもの。

それが本当に今の自分に合っているものなのか、必要なものなのかを考え直す必要があるでしょう。

 

 

獅子座なので、自分自身の表現方法とか演出方法が今のままでいいのかと考えるのも良いと思います。

自分が最も輝く舞台(ステージ)。

そこに立つのであれば、自分の中で超えなければいけないことがあって、そこを超えることは相当大変なことであって、だけど超えた先には、新しい世界が広がっている。

 

 

 

 

すでに新しい世界は広がっていて、自分の心が追い付いていなくて、今までの自分のやり方では通用しないと分かっているのに、どうすればいいか分からない。

だけど、獅子座は正直分かっていなくても、なりきってしまえばいいところもあって(笑)

理想とする自分を演じてしまうと案外スムーズに事が運ぶかもしれません照れ

 

 

 

出すもの出して軽やかに。

春にはスタートを切れますように。

 

 

 

ご参考までに☆

 

 

 

メルマガを始めようと思っています。

良かったらご登録宜しくお願いいたします♡

ご登録はこちら

 

 

 

福本泰子

 

 

2020年 春分までにやっておきたいこと (春分が近くなって来たのでペタ手

 

 

 

もう一つブログを開設しました♪これから育てていきます!

 

 

友だち追加

ライン@を作りました。登録していただけると嬉しいです♪

お問い合わせやご予約もしていただけます。

 

流れ星星読みメニュー流れ星
【星読み鑑定書】 ~星を活かして才能を開花させる~ 詳細はこちら
【星読み相談室】 詳細とお申込みはこちら

流れ星ご予約可能日流れ星
随時ご相談ください。

流れ星宇宙を知り自分を知るホロスコープセミナー流れ星
2月23日(日) 札幌開催 詳細はこちら
※日程が変わっています。

流れ星星を活かすアスペクト講座流れ星
2月19日(水) 旭川開催 詳細はこちら

仕事のご依頼は手紙fukusan08@gmail.comまでお願いします。