【新潟】育児疲れを解決!ママのためのメンタルコーチ

【新潟】育児疲れを解決!ママのためのメンタルコーチ

ママのためのメンタルコーチ
高波ヤスコ

 
 
 
 
子育てコーチング協会インストラクター
育児疲れを解決!ママのためのメンタルコーチ
 
高波ヤスコです。



 
 子供の頃。
転んで痛い思いをした時、「痛くない、痛くない」と言ってくる大人がいた。

子供ながらに「いや、痛いんだけど」と思ってた。
なんで事実と違うことを言うんだろうと不思議だった。



実際に痛いんだから「そうよね、痛いよね」と言ってもらえる方が
《わかってもらえた》
という安心感に繋がる。



数日前、娘がリレーの練習で人に巻き込まれる形で転んで大きな擦り傷ができたんです。






「痛い痛い」をたくさん聞いた。

転んだ時の状況、歩き辛いこと、元気がでないことなどたくさん話を聞いた。

頑張れ、なんてことは言わず、

「出来ることはやって、出来ない事はやらなくていいよ」と伝えた。

 

励まさなくていい。

まずは聞いて、安心できる関係性を作ろう。



 

 

 

🔶現在ご案内中メニュー🔶


●話すだけで気持ちが整うコーチングセッション(個別相談)
詳しくはコチラ  

 

ただいま、新規募集は中止させていただいております。

 

 
 
高波ヤスコへの
・お問い合わせ、
・講座等開催リクエストは
 
 
 
 

 

 

高波ヤスコのプロフィール

 

 

 

・同志社大学卒業後、大手金融機関の営業職として5年間勤務後、退社
 
 
 
・2011年長女出産、2013年長男出産、2015年次女出産
 
 
 
・三人目を出産した年の年末、夫の転勤で、奈良から新潟に引っ越し。
 
 
 
・慣れない環境で困難にぶち当たり、育児がさらに辛くなり、徐々に体調を崩していく。
 
 
 
・2017年マンツーマンでカウンセリングを学ぶ。自分を「母親失格」だと責めるのを辞め、懸命に生きてきた自分自身に心から感謝することで、だる重かった体が、フワッと軽くなりました。自分に感謝できたことで自然に夫婦関係も改善。
 
 
 
・同年、和久田ミカさんの「ママにコーチングセッションができるようになる講座」受講。
 
コーチングを学んでからは、ぐるぐる同じ思考を続けるのではなく、①何を変え、②何を辞めて、③何を続けるか、という思考に変わりました。特に、②の何を辞めるかが重要だと痛感。
 
 
・2020年、子育てコーチング協会のインストラクターとなる。
 
 
 
・起業当初から高いコーチング力を発揮し、【子育ての悩み】【夫婦間の悩み】【人付き合いの悩み】に疲れた、『お疲れママ』に寄り添い、自分の力で幸せを作り出すことを支援している。
 
 
 
・クライアント様からは、「自分の本当の気持ちに気付いて涙が溢れる!」「悩みが軽くなって笑いがこぼれる!」「体調までよくなった!」と感謝の声を多数いただく。話しやすい雰囲気、深い洞察力には定評がある。
 
 
 
・HSP(敏感さん)。DOESすべてに該当。チェックリスト27項目のうち20項目該当→HSPのリンクはこちら