alice in WINEderland

テーマ:

 


*書きかけだった記事をリバイス

 

 

カリフォルニアワインを飲みましょう!
皆さんはカリフォルニアワインについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。日本で認知度が高いカリフォルニアワインと言うと、やはり、バブル絶頂期の第 4 次ワインブーム(1987年~)に一世を風靡したオーパスワン、シルバーオーク、インシグニアというところでしょうか。その後、日本に本格的にワインカルチャーが定着してからは、ヨーロッパのワインが市場において優勢を形成し、カリフォルニアワインは一部のファンの間での大切なカテゴリーとして保持され、やや大人しい時間を過ごしました。しかし、ここ10年の間に、東京でもカリフォルニアワインを主役とするレストランやワインバーが次々と出現し、再びスポットライトを浴びるようになりました。なぜ今カリフォルニアワインなのでしょうか。カリフォルニアワインは全体的に果実味が豊かでアプローチがしやすいスタイルが主流で、お料理との相性も良く、ワイン新世代のエントリー・ワインとして最適です。またアメリカ西海岸の青空を思わせる肩肘張らないカジュアル感も魅力で、幅広い層から愛される理由となっています。

 

カリフォルニアワインの歴史早読み!
はじめの一歩:

新世界の代表格とも言えるカリフォルニアワインですが、その歴史は15世紀後半の大航海時代にまで遡るとまで言われています。その後、18世紀の半ば、スペインの修道士が葡萄を持ち込んだことが公式なカリフォルニアワインの歴史の始まりです。この頃のワイン生産は、主に宗教的儀式での使用を目的としていましたが、19世紀のゴールドラッシュをきっかけに、ヨーロッパから沢山の移民が押しかけ、ヨーロッパの食文化の広まりとともに葡萄栽培も盛んになり、産業としての骨格を形成していきました。

 

ターニングポイント:
1920年~33年までの禁酒法により、ワイン産業は一時期絶滅の危機に陥りましたが、第二次世界大戦の後、再びワイン産業が息を吹き返すこととなりました。熟成の時が流れ、カリフォルニアワインがグローバルなステージで注目される大きなきっかけとなった事件が1976年のパリの審判。ヨーロッパのワイン評論家達が「ブラインドテイスティング」で、アメリカワインに前代未聞の高い評点を付けるという、世界のワイン業界を震撼させた出来事が起きました。この時フランス・ボルドーの五大シャトーやブルゴーニュの名門を抑え、最高得点を獲得したアメリカワインは、白はシャトー・モンテレーナ、赤はスタッグス・リープでした。

 

今日のカリフォルニアワイン:
1980年には葡萄栽培地域を認定するAVA(American Viticultural Area)が制定され、ワイン生産は新しいチャプターを迎えます。1980年には500社であったワイナリーは、2014年の時点で約4000社に増え(全米8500社)、新世界のワインメッカとして成長し続けています。2000年以降のトレンドとしては、新たな技術革新が加わり、ブルゴーニュやボルドーのスタイルを再現した繊細でおしとやかなワインメイクが広がりを見せました。また、ワイン界の王様、ロマネ・コンティの牙城を脅かすごとく、スクリーミング・イーグルやハーランなど、長熟系の希少ワイン、所謂「カルトワイン」というカテゴリーが脚光を浴びるようになりました。

 

 

 

(ライター: 濱 アリス ・Alice Hama)


テーマ:

一流であり続けること、カリフォルニアワインのトップを走り続けることに余念がない大御所ワイナリー「オーパス・ワンワインボトルワインボトルワインボトルキラキラ


大切なビジネスシーンや特別な日のワインとして親しまれているプレミアムワイン赤ワイン 最も知名度の高い高級カリフォルニアワインと言っても過言ではありません目

米国小売価格は一本当たり$295(*2017年6月現在2013ヴィンテージ。5年前からウェブサイト販売価格$85の値上げ。)で価格の高騰が続いています涙


オーパスワンは、5大シャトーの一つのシャトー・ムートン・ロートシルト($1,000を超えることもある高級ワイン、以下、ムートン)を保有することでも有名な、フランスのバロン・フィリップ・ド・ロートシルトと米国の有名なワイン醸造家ロバート・モンダヴィによるジョイント・ベンチャーにより設立されましたポイント。

 

「カリフォルニアのグランクリュ」を目指し、1979年よりボルドーブレンドの赤ワイン「オーパスワン」の生産を開始!!

 


オーパスワンの名前の由来は英仏の言語に共通する、ラテン語を語源とした音楽用語「作品番号1番」を意味し、エチケットには、両者の横顔の絵と署名が印刷されていますアップアップ

アメリカとフランスの初の共同作品という意味が込められているんです。

よーく見て頂けると分かるのですが、右を向いているのがフィリップ、左を向いているのがロバートで、デザイン上フィリップが上であることから、その下に印刷されている署名ではお互いへのリスペクトを表し、順序を変え、ロバートの方が上になっています爆  笑

 

なんて細かい配慮!!!!

 

現在のワインメーカーはボルドーで醸造学を学んだマイケル・シラーチで、過去にはムートンの醸造家もワイン作りに参画したエリート音譜

ワインは、主体となるカベルネ・ソーヴィニョンにその他数種類の指定葡萄をブレンドするボルドーブレンドで、その年の葡萄の出来により、使用する品種、またその割合を調整していていますドキドキ

 

2005年にモンダヴィグループは権利をコンステレーショングループに譲渡しましたが、これまでと変わらず赤や黒の果実と柔らかなスパイスが層を成す複雑なアロマ、また、口に含んだ際のバランス、余韻の長さからも、上質のボルドースタイルを厳格に再現していることが感じ取れます赤ワイン赤ワイン赤ワイン

また、コルクにも細心の注意を払い、ブショネリスク(ワインがコルクによって劣化するリスク)を最小化するため、全てのコルクについてラボで精密な検査を行っており、品質管理に余念もありません。

 

先日ラボに入れて頂いたのですが、感動しましたらぶ1キラキラ

 

また、ブランドをコントロール・維持するため、米国外におけるワインの流通は、全て、ボルドーの指定ネゴシアン(ワイン商)を通じて行う仕組みをとっています。

 

近年特に中国と日本で問題となった、偽ワインの流通を遮断するため、2008年ヴィンテージからは、バックラベルにチップを組み込み、本物であるかを簡単に見分けることが可能となりました。

 

しかも各国のワインショップに調査員の派遣なども行っているとか目

ワインの素晴らしさは勿論のこと、常に一流ブランドとしての誇りを保ち、不断の努力を惜しまない、それがオーパスワンの魅力なのですねラブラブ

 

 

---- 
【イベント告知】 6月24日(土)にパロスバーデスで開催するサロン会では、幻の1985年ヴィンテージを試飲しますドキドキ まだお席間に合いますので、こちらからお申込みください:サロン会

 

ちなみに、オーパス・ワンの公式ページによりますと1985年ヴィンテージの評価はとても高く、ナパでも10年に一度の優良ヴィンテージとされています赤ワインきらきら

ウェブから:

One of Napa Valley’s best vintages in a decade, 1985 saw an early budbreak, a long, moderate growing season, and dry, warm weather during harvest. Wines are rich, supple, and very aromatic, showing great balance and length. (Cabernet Sauvignon 90%, Cabernet Franc 4% and Merlot 6%)

 


テーマ:
フランス料理研究第4回目は南西フランスエプロンキラキラ

{F36EEABF-E93D-4E9C-A88F-449F91EF3735}

フランスの食とワインの御三家からすると、やや地味めな印象のフランス南西目

ですが、北はベルジュラック地方、東部のカオール、南部にはバスク地方を控え、個性派が勢揃い!!

フォアグラやジビエを利用したお料理が多く、ワインは一般的に低価格で地域のお料理に合う、料理主体のスタイルが特徴的ですアップ

中でも、ジビエ、特に鴨のコンフィ、カスレが代表的な郷土料理とされています音譜

カスレは個人的にとても思い出深い料理です。白インゲンと鴨やヒツジ、ソーセージなど何らかの肉類をグツグツと煮込んだもの、と定義されますが、日本のソムリエ協会の教本でも、カスレと言えば!黒のワインカオールと合わせる!と書かれていましたね赤ワイン赤ワイン赤ワイン
 
カオールは、コットという品種(=マルベック)が主体でタンニンが強く、しっかり味のカスレによく合うんです赤ワインキラキラ

東京でワインの勉強をしている時に渋谷のIzakaya Vinでカオールの古酒(確か80年代)を飲んだことがあるのですが、古酒になるとタンニンも落ち着いて、優良なボルドーワインを思わす落ち着きと深みを発揮します。とても面白いワインだと思いますらぶ1

(ちょっと写真では見にくいですが、今回のお料理の授業でもカスレを作りました。)
 
今回のお料理:

White Beans Stewed (cassoulet); Salad of Roquefort, Walnuts, and Belgian Endive; PouletBasquaise; Rabbit and Prune Casserole; Roasted Tuna with Garlic and Sauce Piperade; Sauteed Trout with Cured Ham; Potato Gratin Forestier; Straw

Potato Cake Stuffed with Braised Leeks; Prune and Almond Tart.

 

やはり、うさぎをさばくのはちょっと抵抗ありますね…(←小学校の頃飼育委員涙)でもお店で元の形がないと食べるんですけど…食事 笑
 

{70D72DF4-7213-4792-B376-F2C5A3B0E451}

 
こちらはバスク風鶏肉と豚肉の煮物。
やはりスペインに近い分、トマトと赤ピーマンが使われていますねきらきら
 
{4B644399-DFB0-4ADF-B288-EB8AAC2D349F}

ご飯に乗せて食べるとまた美味しいのですドキドキ
 
{DFE9FD6A-66CF-4D5E-826B-C8DA8613539F}

マス(Trout)のソテーもこちらもスペインを意識したお料理の一つ。スペインを代表するハム、ハモン・セラーノを使用しました。
 
{EC130F70-C424-4E4D-9035-1E4F621DFA47}


出来上がりはこんな感じフォークフォーク

 

{67263720-5EC6-406A-9B45-A82466D3A4D6}

 

南西フランスはプルーンの生産地としても有名です。熟したプルーンのタルトは赤ワインともぴったり赤ワインラブラブ 生ハムやベーコンで巻いてソテーするお料理も郷土料理として知られています。

 

{9150B554-8B45-4B91-A6C7-0EE6075CBC73}

最後に南西フランスの地理を復習コレ
 
 
地図を見て思い出しましたが、この地域は白ブドウから造られる蒸留酒アルマニャックも有名ですね。まだまだ知りたいことが沢山目ラブラブ
 
 

 

 


テーマ:

第3回目の仏お料理研究はリヨン音譜

 

北はブルゴーニュ・ボジョレー、南はローヌ、と有名ワイン生産地の中心地点に存在するリヨンはフランスの大事な食の都の一つアップ

 

{7C6C08D5-2458-4C08-84B8-4D5C1D52F82B}

 

リヨンと言えば、日本でも絶大な認知度を誇る、「ポール・ボキューズ」、「アラン・シャペル」、「ピラミッド」、「トロワグロ」などがあります目

 

今日の調理メニューはこちら:French Onion Soup; Boudin Blanc; Salade Lyonnaise; Warm Lyonnaise Lentils with Sausage; Coq au Vin; Chicken with Mushrooms and Cream; Poulet Saute au Vinaigre; Duck Breast with Lavender Reduction; Lyonnaise Potatoes;
Chocolate Gateau.

 

リヨンの位置を確認ワインボトル!!

 

 

インターンで貯めたお金でヨーロッパ横断旅行をした学生時代。マドリッドから夜行列車でパリへ。あまりの温度差に凍え(あれは9月だったかしら・・・)オニオングラタンスープを求めてビストロに駆け込みました。スープ一杯が20ユーロもした事にドン引きした思い出があります。

でもあれは本当に美味しかった~ハート 忘れられません。

 

{6465462F-DECB-44B0-82E5-E9F608B874E8}

 

今回の作ったオニオングラタンはわりとどっしりしたスタイルで、玉ねぎをかなーり長いこと炒めてから更にオーブンで長時間焼いています。玉ねぎの甘みたっぷりでとても美味しかったですフォーク

 

健康効果抜群と言われるLentil(レンズ豆)は意外と水で戻すのも簡単で、ディジョンマスタードとイタリアンパセリのドレッシングで合わせる温かいサラダと相性ぴったりでしたひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

 

{AA0D6B59-D3A4-4F23-A5E8-A185DC00F568}

 

今回の気になるメニューは、鴨のラベンダーソース目

 

{E101480C-D25C-4F26-9B03-2A1E6903A85A}

 

まずは鴨の下処理から。脂部分かなりありますねあせる

皮から火を通し、出てきた脂で更にパリッと揚げるように仕上げます。

 

{4F6A133F-5F9E-4819-8D20-CC6B59933D46}

おおお~美しいらぶ1
 

{6542B97D-1376-46D7-85AC-3795158199C7}

そして、こちらはリヨンソーセージ目
これはなかなか家ではできませんね。。。

 

{82AE9F10-9434-4507-84C3-59F94E02D712}


やや食卓にも出し辛い・・・笑い泣き

{2BD3632E-8191-4906-922F-D8B6683B410F}

今回のクラスでは、ギガル社のローヌの一番カジュアルなライン、コート・デュ・ローヌを合わせました赤ワイン

ギガル社の創業は戦後間もない1946年。その後、わずか半世紀にして北部ローヌ有数の生産者へと急激に大成長を遂げ、ローヌ各地で幅広いラインアップを展開しています。個人的にも大のギガルファンですが、これまで飲んだものではやはり一番コート・ロティが好きなので、勝手にご紹介ハート音譜


「コートロティ」は、フランスで最も古いブドウ畑の一つです。こちらの赤ワインは、色が濃く、香りも高い力強いワインで赤のシラー種と白のヴイオニエ種のブレンドで作られています。ヴイオニエ種のブレンドは最大20%と決められており、どっしりとしたシラーに華やかなアロマを添えています。コート・ロティ内には8つの一級畑と6つの二級畑がありますが、その中でも特に、コート・ブロンド、コート・ブリューヌと呼ばれる2つの丘が有名です。

 

ちなみに、こちらが一番高いトップキュベコレ

光栄にも先日ギガルの試飲会に参加してきましたきらきら

 



またこのワインに出会えると良いな赤ワイン

 

 


テーマ:

過去に何度も記事にはしてきましたが、パロスバーデス時代からお世話になってるワインバー Friends of the Vineに久しぶりに来ました✨

 
一応、イチオウ、いちおう...帰国子女ですが、強気で社会人渡米してみたら、高校時代の友達は日本だったり、他州で働いていたりと、想像を絶する孤独感。かつて駐在員の娘だった私は今ようやくあの頃はVIP的な扱いを受けていたのだと理解するようになりました。正直あの頃がスタンダードだと調子乗りすぎていて一人で海外で生活するというその重さを知りませんでした。。保険とか生活費とかもこんな高いんですね…などなど。
 
渡米後2日後に当時の滞在先から近くのトレジョに食材を買いに行ったら、そのすぐ近くにワインショップを見つけてフラッと入ったのがきっかけ。
 
日系アメリカンのオーナー夫妻は、あまり慣れてない私の英語も理解してくれ、厳しく正してもくれました。高校生英語からのレベルアップも助けてくれました。
 
あれからかなり色々ありましたが、私のアップ&ダウンの全てを見ている方たちなのではないかなと思います。。。
 
話すと長くなるんでどうでもいい話ですが、辛すぎてお店に着いた瞬間に涙が止まらなくなった時は温かいお茶を入れてくれたり、ワイン業界未経験者である私が念願のビバリーヒルズのソムリエに採用された日にはシャンパンを開けてくれました。沢山の思い出がいっぱいです目
 
image
 
「時は経ったけど君はこれからも家族だから」
 
そんな風に言ってワイングラスにどんどんワインが注がれる。。。白ワイン赤ワイン
 
周りを見渡すと常連さんも7年間変わっていません。
 
「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」という島田紳助の本がありましたが、まさにそんな感じ。エリアでこの7年間6軒のワインバーができては姿を消していきました。。。サバイブしているのはここだけです。
 
これからもずっと続きますようにキラキラキラキラ
 
沢山こだわりのワインを扱ってらっしゃいます。足を運ぶ際にはアリスの友人と言ってくださいドキドキドキドキドキドキ

Friends of the Vine
221 Avenida Del Norte Redondo Beach, CA 90277
(310) 792-5940
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。