限界に挑戦してますか? | 3大コミュニケーション能力の悩みのすべてを90日で解決!

3大コミュニケーション能力の悩みのすべてを90日で解決!

「緊張して自分の意見を言えない」
「人前で思ったように話が出来ない」
「周りから自分の事が理解されない」

の悩みも

「人間関係のマトリックス理論」
「コミュニケーションメンタルトレーニング」
「コーチング」
であなたも理想の自分に出会えます。


テーマ:
カンボジアに行くと
やはり文化の違いを多く感じます。
 
食生活や考え方。
様々な違いを感じるのですが、移動中の楽しみが
「周りの車などを見ること」です。
 
プノンペンの中心地では日本にいる時よりも
たくさんのレクサスとすれ違いますが
中には思わず声を出してしまいそうな車がいます。
 
 
例えば、こんなワゴン車。
 
 
車ののトランクのドアが閉まらない程に積み込むのもすごいけど
車の上にまで積んでいます。
 
当然ながら、ルーフキャリアなんて洒落たものはありません。笑
 
 
そして、車だけでは無くって、バイクでのチャレンジしている人がいます。
 
 
排気量の小さなバイクで、荷台に山盛りになった荷物を運んでいます。
走るときには、一体何kmのスピードが出るの?
止まる時にはブレーキがちゃんと効くのだろうか?
荷物が落ちたりしないのだろうか?
 
心配ごとは尽きません。
 
 
そして、今回のMVPはこちら
 
 
荷台で人を運んでいるトラックはよく見かけますが
運転席の上にも二人。
さらには妖しげなものを牽引までしているのです。
 
しかも、誰も悲壮感を漂わせていないのです。
 
 
いやぁ〜、凄いの一言です。
 
運転する人もそうですが乗る人も。
この人たちは限界点を設けていませんね。
 
勿論、日本でこんなことをしたら違法だし
危険なのですが、何でも安全で大丈夫って思う範囲で
行動をしてしまいがちな日本の人と
「大丈夫」と、どんな事にもチャレンジしてしまう
カンボジアの人とのマインドの差を感じました
 
勿論、今回の車などについては明らかに危険で
危ないのですが、人がするチャレンジという点で考えると
自分の限界を決めて、その範囲内で行動しているうちは
成長はないし可能性は広がらない。
 
でも、「自分には出来る」と信じてチャレンジをする事で
可能性の扉が開き、新たな成果が出てきます。
 
 
どんな事にも笑顔でチャレンジしてしまうカンボジアの人たちに
将来の可能性を感じてしまう今日この頃。
 
自分お可能性を信じて笑顔で行動する事。
大切にしてくださいね〜。
 
 

   感想やご質問はこちらからどうぞ

◆コミュニケーション能力UPコーチ◆ 田中康博

 

ブログだけでは伝えきれないコミュニケーションの話
あなたと周りの人との心の繋がりを作るための

「アラウンドコミュニ―ション通信」を不定期配信しています。
【こちら】から登録できます

 

名古屋でコミュニケーションスキルを学ぶなら

銀座コーチングスクール名古屋校のコーチング無料体験講座をどうぞ。

コミュニケーション能力トレーナー やすさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります