ラーメン二郎

それは特定の人達を魅了する食べモノ








その二郎と言う食べモノ

魅了された人達は挙ってラーメン二郎全店訪問という満願を求め旅に出てしまう、それは一種の巡礼であって修行に他ならないのである


その巡礼満願のあかつきには何があるのか!



それは満願を
得られた達成者である先達様しか分からないことであり、未熟ものの輩が語ることでは無い
先ずは達成を求めて修行に励むのが進むべき道





その修行途中の私
満願まであと3店
(会津若松、新潟、札幌)




この日は
先達導師様から巡礼の同帯を
許されその中の此方へ(^ ^)





戊辰戦争から150年の地
福島は会津若松の地



会津若松駅前からほんの数分の所
四年前にオープンされた
会津若松駅前店があります



先達様の絶妙なクルージングにより
オープン15分前に到着するも

既に並び15名ほど…






しかし、


会津若松駅前店には
カウンター席以外にファミリー層を
ターゲットにした小上がり席が
3卓用意されてあり


導師様と私に導師様専属運転手様なれど
今回全く運転しない運転手含む3名の我々グループもファーストシートの小上がりに案内されるラッキーさ





こちらは券売機でございます



私は勿論
何時も通り、全力で大ラーメンを
行かさせていただきました



大ラーメン豚入り@1000
生たまご@50
しょうが@50
ねぎ@100


コールは
ニンニク、ヤサイ!





会津若松店のコップでございます



まずは
ラーメン組の提供

大ラーメン豚入り
小豚入り
です


もう一人分は
つけ麺で提供タイミングが
遅れての提供となり写真なしです





綺麗なねぎ盛


見ただけで分かるホロホロ豚
それも二種類






圧巻な盛です(@_@)
これだけで会津の地に来た
意味がありました



麺は二郎標準より太め
&
適度なウェーブ〜
麺量は500gは無いと思いますが


しかし、
全てに置いて
ヒャッホー!のレベル(^^)





豚さんの面子をあらためて


味付けは薄味
乳化したスープに身が染まるタイプ


マジ、美味しいですこれ。



ほどなくして完食


エビ味つけ麺もいつかは
食べて見たいものです




ご馳走さまでしたm(_ _)m








満願まであと2店( ̄∇ ̄)