東京新宿「靴は売らない靴屋」

西村泰紀です。

 

お客様からいただいた感想を

ご紹介します。

 

お越しいただけると

何をお伝えできるのか、

何をお持ち帰りいただけるのか、

私の言葉でお伝えするよりも

客観的かな?と思います。

 

 

最近、長年ブログやメルマガを

見ていただいていても

動けなかったお客様が

お越しくださる事が多いのです。

 

 

 

歩くことの重要性、必要性に

今ほど気を使っていただきたい

ことはありません。

 

 

歩く歩数を増やせない時期だから、

歩く質を高めることが必要なのです。

 

 

そのためには、足に合う靴が

絶対に必要です。

 

 

ご許可いただいている感想を

ご紹介させていただきます。

 

 

【 目から鱗、楽しく学べました 】

匿名 様より

 

先日は大変お世話になりました! 

ヒール靴をはきたいけれど、
腰が痛くなるので
しばらくはいていませんでした。

それでも諦められず、
相談に伺いました。

足のサイズを測っていただくのは
初めての経験でしたが、
いままで自分が靴について
何も知らなかったことが
よく分かりました^ ^;


自分に合ったサイズの靴をはくと、
8cmヒールでもとても楽で、
自然と姿勢もよくなり、
大変驚きました。

もっと早く測っていればよかったです。

 特にありがたかったのが、
私の足のサイズ・特徴をもとに、
どのような靴を、
どちらで購入すればよいか、
具体的に教えていただい点です!


私の場合は日本のお店では選択肢が
限られるようで、
海外のお店をご紹介いただきました。


早速オンラインで注文しましたが、
初めて履く靴でも靴擦れにならず、
大変快適です。

オーナーさんは靴や身体のことは
もちろん、流通面も含め大変知識が
豊富で、楽しく勉強させて
いただきました。

ありがとうございました!

 

 

嬉しい感想ありがとうございます!

 

シューフィット・神戸屋で

何をお伝えしているのか

垣間見ていただけると嬉しいです。

 

 

アメリカの通販サイトは

基本的に長さと幅(太さ)を

選択できるようになっています。

 

 

太さに関しては最低5段階、

ご紹介しているノードストロームならば

8段階の幅の選択ができます。

 

(ただし、USサイズで6.0以下では幅展開は作られていないです)

 

 

ご自身の足を理解すれば、

靴の捜索範囲は、一気に拡大します。

 

それこそ、世界中があなたの靴箱に

なるかもしれないのです^^

 

そのためには、

一度思い込みのワナに

捕まっていないか、

見直して見るといいです。


 

ご自身の足の本当のサイズを

多角的に知ることが

はじめの一歩です。

 

 

 

質の高い一歩が

あなたの健康と美容の基礎なのです。

 

 

それは、

健康長寿、和楽繁栄

への一歩でもあるのです。

 

 

新しい情報は、メールマガジンでお知らせしています。

 

Instagramのフォロー、お願いします

 

youtubeチャンネルはこちらです

 

・ PCからご予約 
・ 携帯からご予約
・ メールでお問い合わせ
・ 電話 03-6457-8116
・ お店までの詳しい道案内です

 

営業時間 10:00~19:00
定休日;不定休

 

<新宿店> 〒160-0022

東京都新宿区新宿2-5-15

小菅ビル 102号

Tel:03-6457-8116

Fax:03-6457-8117

e-mail:info@koubeya.co.jp

東京新宿「靴は売らない靴屋」

西村泰紀です。

 

フォロワーさんが1000人を超えたら、

と思っていたインスタライブに

お誘いいただきました。

 

 

いい機会をいただけたので、

初めてのインスタライブをやることにしました。

 

 

お誘いくださったのは、

元外務省職員で、

美智子上皇后さま、

小泉元総理の通訳官もされたことがある

おなやのぶこさん

 

 

もともとはお客様として

シューフィット・神戸屋に

起こしくださったお客様です。

 

 

足に合う靴を初めて履いた

驚きと感動を

靴でお悩みのあなたに、

実体験を交えてお伝えしたい、

とのこと。

 

 

私もお客様目線でのご質問に

お答えできる大変ありがたい機会なので、

大喜びで参加させていただくことになりました。

 

 

女屋さんは

 

「女として母として妻として。
暮らしを楽しむ「女」屋の
おなやです。」

 

と自己紹介されているように、

女性のライフスタイル、

美容と健康を提案する

お仕事されています。

 

靴と足という、美容と健康の土台を

見つめ直していいただく

機会にしていただける内容に

できればと思っています。

 

 

しかし、なにぶんライブです。

 

西村の話が、あっちこっちに

ブッ飛んでいかないように、

 

言わなくても良いことまで

言わないように気をつけます^^

 

 

明日の19:30からの

インスタライブにぜひご参加ください。

 

質問コーナーも設けてくださるとのことです。

 

西村のInstagramこちらです

東京新宿「靴は売らない靴屋」西村泰紀です。

 

お客様から、とてもありがたくて

そこまで体感していただけた!

と嬉しくなる感想をいただきました。

 

 

カラダは、

足に合わない靴を履いていることで

使わなくて良い筋肉を使って

歩いてしまうことができます。

 

 

大変優れた機能だと言えます。

 

 

しかし、本来使うべき筋肉を使わないので、

どこかで無理を重ねることになります。

 

 

そのために、起きなくても良い問題が

発生してしまうこともあるのです。

 

 

 

【 周りにもぜひ勧めたい】

匿名希望の A 様より


先週はありがとうございました。 

 

 

大げさでなく明るい未来が開けた感じです。

 

 

もっと早く伺っていれば良かったと思います。 

 

 

長い間の靴探し、そしてごっつい広幅紐靴に、

上げ底のオーダー中敷で歩いているにかかわらず、

巻き爪、股関節痛は 悪くなるばかり。

 

 

たまに、細め、甲低だからと言われて買ったブーツ、

サンダルを履くと膝痛、腰痛、頚椎痛になります。

 

 

これらから、解放されるのですね。

 

 

診ていただいて意外だったのは、

踵がパカパカするのは小さいからだ

と言われ続けていたのですが、

大きいということでした。

 

 

帰りには、セラーノを買い

早速履いて、地面をしっかり踏んで歩いている感覚がわかりました。

 

 

ほんの少し歩いただけで、 股関節の痛みがとれ、

可動域が広がりました。 

 

 

歩くのが楽しいと感じたのって、

何十年ぶりかしら?とつくづく思います。 

 

 

7センチのピンヒールで颯爽と歩くのが、夢です。 

 

これからもよろしくお願い致します。

 

 

 

いただいた感想の中で、

逆も真、という部分がありました。

 

A様の足は、間違いなく幅の狭い足。

 

ところが、カカトは普通よりも

少しシッカリした幅のカカト。

 

 

なので、ちゃんと作った細幅靴だと、

シッカリしたカカトで、靴の狭いカカト幅を

押し広げてしまい、カカトが抜けたのです。

 

 

カカトが抜ける = カカトが小さい

 

コレはわかりやすいです。

 

しかし、

 

カカトが抜ける = 靴のカカトを押し広げている

 

というパターンもあるのです。

 

 

カカトが抜けそうと感じることで

指で靴を掴んでしまうのは、

ごく自然な反射です。

 

 

しかし、この反射的な動きは

お猿さん時代に

木の枝から落ちそうになった時のもの。

 

 

直立二足歩行の人間に求められる、

自然な歩きに必要な

筋肉の動きではないのです。

 

 

そのため、

本来の使い方ではない使い方をして、

バランスが崩れ、

いらざる筋肉疲労が起こり、

アチコチに痛みがでる。

 

 

足に合わない靴を履くってことが

問題の本質なのです。

 

 

足に合う靴を履くためには

まず、ご自身の足の本当のことを

知っていただく必要があるのです。

 

 

膝痛、腰痛、姿勢の悪さなどでお悩みの方は、

靴と関係づけて考えていないと思います。

 

 

しかし、A様の感想にもあるように

靴を変えただけで、

大きな変化を感じることが

できるかもしれません。

 

 

A様

貴重な体験を、感想として公開いただき、

ありがとうございました。

 

 

同じようなお悩みの方の

参考にしていただけると

私も嬉しいです。

 

 

新しい情報は、メールマガジンでお知らせしています。

 

Instagramのフォロー、お願いします

 

youtubeチャンネルはこちらです

 

・ PCからご予約 
・ 携帯からご予約
・ メールでお問い合わせ
・ 電話 03-6457-8116
・ お店までの詳しい道案内です

 

営業時間 10:00~19:00
定休日;不定休

 

<新宿店> 〒160-0022

東京都新宿区新宿2-5-15

小菅ビル 102号

Tel:03-6457-8116

Fax:03-6457-8117

e-mail:info@koubeya.co.jp

東京新宿「靴は売らない靴屋」西村泰紀です。

 

お友達の結婚式に履きたい靴の

中敷き調整を依頼されました。

 

 

長さが1サイズ大きく、

幅が3サイズ大きい靴です。

 

 

ギリギリ、アウトかセーフか?

 

判断に迷うサイズでした。

 

 

その靴には別のお店が作った

インソールが入っていました。

 

 

接着していません。

 

 

「自分で切ってね!」

ということだそうです。

 

しかし、

どこをどうしたらいいのか?

 

 

全くわからないので、

足の診断ついでに

お持ちになったとのこと。

 

 

サイズ差からすると、

かなりの厚みを加えないと

履けるサイズ感にはなりません。

 

 

単純にその厚みを入れると、

指の高さが確保できません。

 

 

厚みを確保しながら、

指の高さも確保する。

 

 

単純な方法なのですが、

数値で抑えて、

それを実現する入れ方をする。

 

 

それでの足りない分は

靴下を使って埋める。

 

 

やり方をお伝えすれば

かなりの事はできるはずです。

 

 

しかし、

「自分で切ってください」

では出来ないです。

 

 

しかも、

意味不明な左右差がある

インソールでは何やっても

何かが起きると思います。

 

 

正直、人の仕事に手を加えるのは、

神経使うからやりたくないです。

 

 

しかし、履きたい靴を履けるように

できる可能性があるなら、

やらないことは選択できないです。

 

 

セカンドオピニオン料金

設定しようかな・・・・笑

 

 

Instagramでも解説しています。

 

 

新しい情報は、メールマガジンでお知らせしています。

 

Instagramのフォロー、お願いします

 

youtubeチャンネルはこちらです

 

・ PCからご予約 
・ 携帯からご予約
・ メールでお問い合わせ
・ 電話 03-6457-8116
・ お店までの詳しい道案内です

 

営業時間 10:00~19:00
定休日;不定休

 

<新宿店> 〒160-0022

東京都新宿区新宿2-5-15

小菅ビル 102号

Tel:03-6457-8116

Fax:03-6457-8117

e-mail:info@koubeya.co.jp

東京新宿「靴は売らない靴屋」

西村泰紀です。

 

 

パンプスを履くとグラグラする、

そんな方には靴の後ろ姿を

チェックしてみることをオススメします。

 

 

靴が壊れていて、ありえない方向に

傾いているかもしれません。

 

 

グラグラする最大の原因は、

サイズの合っていないからです。

 

ピンヒールだから、とヒールの太さに

原因を求める方が多いです。

 

 

シューフィット・神戸屋で

足に合うパンプスを

履いていただいた方は、

ピンヒールなのに歩きやすい、

と感じていただくことができます。

 

 

ヒールの太さとバランスに関しては

またの機会にご紹介します。

 

 

今日Instagramにアップしたのは

カカトが斜めに傾いているパンプスです。

 

 

珍しいパターンですので、ぜひ見てみてください。

 

 

新しい情報は、メールマガジンでお知らせしています。

 

Instagramのフォロー、お願いします

 

youtubeチャンネルはこちらです

 

・ PCからご予約 
・ 携帯からご予約
・ メールでお問い合わせ
・ 電話 03-6457-8116
・ お店までの詳しい道案内です

 

営業時間 10:00~19:00
定休日;不定休

 

<新宿店> 〒160-0022

東京都新宿区新宿2-5-15

小菅ビル 102号

Tel:03-6457-8116

Fax:03-6457-8117

e-mail:info@koubeya.co.jp