大好きなロックバンド”RADWIMPS”の

ファンクラブを退会することにしました。

 

 

 

RADWIMPSを好きになってから3年半。

先日も来年のツアーチケットをとりました。

 

 

電車や車での移動中、散歩するときなど

一番よく聞くのがRADWIMPSの曲で

 

 

楽しいとき

 

苦しいとき

 

 

いつも側にいてくれて

RADWIMPSは

僕の人生に欠かせない存在です。

 

 

 

それなのに

なぜファンクラブをやめることにしたかというと

 

 

心の声を聞いたからです。

 

 

 

僕は何かにハマると

集中してどっぷりと浸かるタイプで

 

ハマったことに対する情報を

できるだけ集めて

一定期間、寝ても覚めても

そのことを考え続けてしまいます。

 

 

 

ファンクラブ会員になると

WEB上でライブのレポートや

メンバーの個人的な情報

(パーソナリティー)がわかる

コンテンツを読むことができます。

 

 

 

しかし

ファンクラブで提供されているコンテンツが

なぜか頭に入ってこなくなったのです。

 

※コンテンツがしょぼいとか

  悪いとか言っているのではなく

  自分のバイオリズム的に

  文字情報が読めなくなった。

 

 

 

会費は月440円なので

金銭的な負担は感じていませんでした。

 

 

 

ただ

大好きなロックバンドだから

ファンクラブに入っておかないと・・・

 

 

 

 

せっかくファンクラブに入っているのだから

コンテンツ読まないと・・・

 

 

 

っていう気持ちがあり、

 

そのことが

自分の純度を落としている

ということに気がついたので

 

いったんファンクラブを

やめてみることにしたのです。

 

 

 

 

同じように新しく発売されるCDも

いつも初回限定盤を

いち早く手に入れていました。

 

 

初回限定盤は

ブックレットがついていたり

特別仕様のパッケージデザインに

なっていたりします。

 

 

僕はCDを買ったら曲を

すぐにパソコンに取り込んで

データをクラウドにあげます。

 

家ではパソコンで曲をききますし

外出先ではスマホでききます。

 

 

 

取り込んだ後のCDは

引き出しにしまってあって

 

カバーやブックレットを

見返したりすることは

ほとんどありません。

 

 

 

ライブのブルーレイも

初回限定版のパッケージだと

中身が取り出しにくくて

ちょっと不快でした。

 

 

 

でも

 

・初回限定盤だから買っておかないと

 (損したくないという不足感)

 

・ファンなら買うのが当たり前

 (義務感)

 

 

 

という不足感や義務感から

行動していることに気がついたので

 

今回あたらしく発売されたCDも

初回限定版の購入を

思い切ってやめてみることにしました。

 

 

 

せっかく楽しいことをしているのに

不足感義務感で行動していたら

純粋に100%楽しめなくなってしまいますから。

 

 

このことは

ほんとに些細な違和感でしたが

小さな心の声に耳を傾けることで

気がつくことができました。

 

 

その気づきから

自分の好きを好きなやり方

追求していきたいって思ったのです。

 

 

 

だって大切な自分には

 

最高に好きなものを見せて

最高に好きなものを聞かせて

最高に好きなことを体験させて

 

あげたいと思うのです。

 

 

 

そこに妥協や惰性は必要なく、

 

そのためには

ちょっとでも違和感がでてきたら

やめてみる勇気が必要だと感じました。

 

 

 

自分に最高の体験をさせてあげるため

どこまで心の声を聞き続けられるか

日々、レッスンです。

 

 

ほんとに細かいところですが

感覚を研ぎすませて

できる限り「いい気分を

選択していこうと思います。

 

 

 

だって「私」を幸せにするって

約束したのですからキラキラ

 

 

 

 

 

やさしい世界がひろがりますように☆

きょうもありがとう。

 

【豊田蓮】 自己紹介&自己開示

 

【人気記事】