1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-11-19 23:51:14

五十肩リハビリ卒業と肩の神経ブロック48時間

テーマ: |-五十肩
一昨日、五十肩の最後の受診で東京女子医大東医療センターに
やっと卒業証書を貰えました。毎週2回、よく通いました。

まだ完全ではありませんが、生活に支障がないくらい
回復したので、とりあえず、おしまい。

先日のコメントで、同じく全身麻酔下の
肩関節鏡視下手術をしたなほなほのアメログさんから
教えてもらった「肩の神経ブロック48時間」。

早速、先生に聞いてみると、「なんで知ってるの?ごめんね~
4年前はなかったんだよね。今はみんなブロック注射を
するから術後の激痛はないのね。」と言われました。

がび~~んヽ(;▽;)ノ
もう少し早く出てきてほしかった・・・

医学の進歩は日進月歩。という事で、これから
重症の拘縮肩で手術をする方は、術後の痛みの心配は
要らないようです。

     ※     ※

昨日買った雑誌の内容が私に元気をくれそうでシェアします。

「CREA+20」。もともと「CREA」の読者は、
30歳前後を対象としていますが、その「CREA」に
20歳足して、50歳前後を対象にしているので
「CREA+20」は、更年期と人生の後半がテーマです。

50代の雑誌で読み応えのあるものになかなか巡り会えなかった
ので思わず買ってしまいました。

$更年期で起きる不調や悩み│45歳から現れる病気や症状を和らげる方法

歳を取っても輝き続ける女性達が紹介されていて
決して飾らない生の声が聞けます。

60代には60代を絶賛する言葉があるのかもしれませんが、
「50代が女性にとっていちばん素敵な時間」という言葉を
見つけてなんだか嬉しくなったり。

この雑誌を読むと、50代を好きになれそう。世の中では
「ばばあ」って言われる歳だけど、まだまだ頑張るぞ!って
思えます。

冒頭に、「若さに憧れはありません。まして歳を取ることが
きれいでなくなることだとは思っていません。」とある。

美魔女を羨望の眼差しで見てしまう私ですが、
こんなことを、ズバッと言ってみたいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2012-09-09 21:33:15

見た目年齢と実年齢 実年齢マイナス8歳

テーマ:老化防止

今、年齢感に大きな変化が起きているそうです。
昔と違い、現在は多くの人が、「実年齢マイナス8歳」の
感覚で生きているそうです。


そういえば、私が子供の頃は、50歳といえば、もう

「おばあちゃん」という感覚でしたが、自分がその年齢に

なっても、そんな気持ちは湧いてきません。

更年期で起きる不調や悩み│45歳から現れる病気や症状を和らげる方法

美容ジャーナリストが言うように、私も、53歳なら45歳の
感覚のまま生きていいる感じになります。57歳でも、まだ
40代という事になります。


特に、女性は娘と話題や服を共有したり、髪型も若い頃と
変わらず、マイナス10歳くらいの感覚で生きていくことが

できるようです。


しかし、ここで注意しなければいけないのが、実年齢。
いくら若くみせることができても、50歳は50歳。
年齢を重ねれば、順当に老いていく宿命は変わり

ありません。


精神的に若いのはとっても良いことですが、その若さゆえ
宿命的な衰えを放置しがちになり、ある日突然、

急にがっくり衰え、もう歯止めが効かなくなることも

あるそうです。


怖いですね。体の中の老化は、知らず知らずに

進んでいても外からは見えないですものね。


悪玉コレステロール値や中性脂肪値が上がったり、
クレアチニンの数値が高くなったり・・・

やっぱりそんなことが起こりだすのも、50歳くらいから。


特に、見た目年齢が若い今の50代は、この先「心と体の
年齢ギャップ」に大いに悩むようになるそうです。


そうならないためにも、外見の美容(見かけ年齢)

だけでなく、体の中もトータルなエイジングケア

(実年齢の若さを保つこと)が必要になってくるようです。


実年齢より見た目年齢よ!って
私も見かけの老化ばかりが気になってしまうのですが・・・

エイジングケアは、見た目年齢と実年齢、

頑張るなら、両方頑張らないとね。

反省。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2012-09-02 16:25:55

黄斑前膜の手術をして 硝子体手術って大変

テーマ:視力

久しぶりのブログ更新です。この歳になるとホント色々
起こりますね。


術後は、こんな大きな眼帯をして、凹んでいました(笑

ものすごい暑さの中、髪を洗えず、お風呂も入れず、

髪も短くして、ボサボサって感じです。



更年期で起きる不調や悩み│45歳から現れる病気や症状を和らげる方法


もともと、ど近眼の私なんですが、とうとう?

眼の病気になり、硝子体手術を経験することになりました。


病名は、黄斑前膜。原因は、老化とド近眼かな?と
推測します。


ネットでは、50代~60代の女性がなりやすいとか
色々書かれていますが、担当医の話だと、そんなことはなく

発病率は、男女いっしょのようです。


ことの起こりは、今から3ヶ月以上前。なんか右目の見え方が

悪いな~、ぼやけるし、世界が濁っているって感覚でした。

とにかく、左目に比べて、極端に見えづらかったのです。


それもそのはず、眼底の黄斑部分に膜が張ってしまうの
ですからスッキリ見えるはずありません。


手術は、6ヶ月くらい~すると良いそうで、2年放って置くと、

手術をしても回復は見込めないそうです。


問題は、硝子体手術の合併症。色々な怖い合併症が
あるのですが、避けられないのが「白内障」。

100%に近い確率で、白内障になるそうです。

なので、硝子体手術をする場合は、白内障の手術も同時に

行うのが通常です。


ということで、まだ白内障ではないのですが、右目だけ

白内障の手術をし、現在、右目と左目が超ガチャ目状態で

日々戦っています。


しばらく、ブログにログインできなかった間にコメントを

頂いたみなさま、本当にありがたい限りです。


黄斑前膜と言う病気や、手術や、費用に関して、これから

詳しくご紹介していきたいと思います。


これから先の老後に起こるであろう病気の心構えに
なれば幸いです。


これからも、色々な病気になるかと思いますが、
なったらなったで前向きに自分にとって一番良い方法で、
1つずつ冷静に対処していくしかないんだな~と
痛感する日々です。

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。