こんばんは。

 

 

 

個人セッションの時、

 

「今の自分が現在地だとして、目的地をどこに設定しますか?」

 

とお聞ききすることがあります。

 

カーナビのイメージです。

 

 

 

この目的地があまりに漠然としていると

 

悩みや迷いから抜け出しにくいのです。

 

 

 

 

いやいや、今は悩みや迷いから抜け出すことで精一杯。

 

どこに向かっていくかはその先に決めること、決められることでは…?

 

そう思っていらっしゃる方が多いのですが、

 

果たしてそうかなと思います。

 

逆に言えば、

 

目的地が分からないから悩んだリ迷ったりするのかもしれません。

 

 

 

 

悩みや迷いの中にいる時は、過去や今に心が固定されていて

 

振り返ったりうつむいたりしていることが多く、

 

先を展望することを忘れていることが多いと感じます。

 

 

悩みやすさ、迷いやすさは

 

この、先をイメージする力の脆弱さなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し意味が違うかもしれませんが、

 

何がしたいのか、どう生きたいのかはわからないけれど、

 

とりあえず大学に入りたい、東京(都会)に出たい、結婚したい、

 

その先のことはそれから…と思って

 

大学に入ったり、都会に出たり、結婚したりしても

 

そこでも同じように

 

何をどうしたいのか分からない状態が続くということがよくあります。

 

そうなのです。漠然の先はたいてい漠然としているのです。

 

 

 

 

 

具体的なことは決められなくても、詳細は分からなくても

 

ラフなスケッチ程度でも、どういう生き方がしたいのか、

 

どういう自分になりたいのかを思い描くこと、

 

その方向に向かって修正したり調整したりしながら舵を取っていくこと、

 

それが悩みや迷いから抜け出していく方法ではないかと思います。

 

 

 

 

 

よく、「自分に自信が持てるようになりたい」、「自分らしく生きられるようになりたい」

 

とお聞きします。

 

それはそうですよね。

 

 

でもそれっていったいどういうことなのでしょう?

 

 

どういう状態になったら、

 

自信が持てるようになったと、自分らしくなったということが自覚できるのでしょう?

 

 

それが分からなければずっと漠然とした状態が続くと思うのです。

 

“こういう状態になったら”という具体的なイメージを持つことが大切だと思います。

 

 

 

 

(イメージする力は練習して慣れていくとやりやすくなっていきます。

 

そしてイメージしやすくなっていくに従って心の調子がよくなっていきます。

 

これはヒプノセラピーでは催眠の深さとして表れることが多いと感じます。

 

力が抜きやすくなる、リラックスできるようになるということでしょうか)

 

 

 

 

 

 

“現在地”の自分がその“目的地”に向かっていく。

 

そこまでの道のり、そこに行くための地図をいつも心に思い描いていることが

 

悩みや迷いから抜け出していくコツではないかと思います。

 

 

 

 

進んでいく過程で、肉付けや色付けがされて

 

更にはっきりとなりたい自分がイメージされていくこともあれば、

 

途中で目的地が変更されることもあると思いますが

 

それはそれでいいのだと思います。

 

 

 

目的地がはっきり決まるまで動かないのではいつまでも動けません。

 

動きながら変化していくこと。

 

変化を恐れず動いていくことです。

 

変化を恐れる気持ちは、過去に縛られていることでもあります。

 

 

 

 

動いていくためには、大きな一歩でも小さな一歩でも

 

どこに向かっていくのかを決めなければなりません。

 

その方向性が決まらなければ

 

いつまでも最初の一歩が踏み出せないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り敢えず今の自分を何とかしてください!という丸投げ(言葉が悪いですが💦)ではなくて

 

今の自分はこうだけれど(現在地)、

 

あそこ(目的地)に辿り着くにはどうしたらいいのか…

 

そこを考えていくこと、道すじをたてていくことがセッションを受ける意味だと思います。

 

 

 

 

 

そして、「こうなりたい自分」は、一般的にいいとされているようなものや、

 

雑誌の特集記事のような流行りのイメージに合わせたものではなくて

 

自分にとってしっくりくるもの、

 

自分の個性にフィットするものであることが大切です。

 

 

 

 

誰かの期待する自分、世の中の物差しに合わせる自分や

 

寂しさや不安、恐れから逃れることを目的とした、

 

避難場所のような消極的な選択でないことも大切です。

 

(これが目的になっていることがとても多いです)

 

 

 

 

 

この地図は心の地図、自由で柔軟な地図、オリジナルの地図。

 

当初に設定した目的地に辿り着く頃には

 

そこがゴールではないことに気づくことと思います。

 

 

 

そして、悩みや苦しみから抜け出すための地図ではなくて

 

楽しみながら、わくわくしながら、

 

あるいはのんびりゆっくりと味わいながら眺める地図に変わっていることでしょう♡

 

 

 

そんな心の地図をいつも思い描いていたいものです。

 

 

 

 

 

最後までお付き合いくださりありがとうございます。

 

皆さまどうぞお元気で。

 

心にいつも希望がありますように。(*'ω'*)

 

 

 

マスクをとってノーメイクに気づく気の緩み(;^ω^)