こんばんは。

 

今日は(書いている内に昨日のことになりそうですが)

 

久しぶりに陽が射して暖かい気持ちのいい一日でした。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

さて、

 

今の自分は、今まで経験してきたことや、今まで選んできたことでできている…

 

そう思うと

 

今まで経験してきたことや 選んできたことがいいと感じられなければ

 

今の自分のことも いいとは感じられないのだなあ思います。

 

 

 

そしてそれは、これから自分が経験することや選ぶことに対して

 

不安を感じたり、慎重になったりすることに繋がっているとも感じます。

 

 

 

今までよくなかった、ダメだった、そして今の自分もよくないと感じている自分が

 

 これから経験することや選ぶことなんて

 

いいものだとは信じられない、また選び損ねてしまうかもしれないと思ってしまう。

 

 

 

 

自分をいいと感じられるということは

 

自分に光が当たっていると感じられること、

 

言い換えれば 自分が光だと感じられていることです。

 

 

そう感じられていれば、自分が自分であることに

 

自然と満足できるようになるでしょう。

 

人と比べたり 競ったりする気持ちから自由になっていくはずです。

 

 

 

 

けれども、自分に光が当たっていると感じられなければ(自分を光だと感じられなければ)

 

自分を暗い存在として感じてしまいます。

 

そうすると、光の当たっている人を羨ましく感じたり

 

そういう人と比べて自分をダメだと感じてしまったり

 

暗さを補い、明るく大きく見せるような何かを必死に探してしまうでしょう。

 

 

 

 

 

でもそれは、自分が光であることを忘れてしまっているだけです。

 

光であることが感じられなくなっているだけで

 

けっして光を失ってしまったわけではないのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のヒプノセラピーのセッションでも感じたのですが

 

大人になると

 

かつて周りの大人が 子どもだった自分にしたような方法で

 

自分を大人にしようとしてしまいがちです。

 

 

 

「ほら、こうした方がいいよ」

 

「どうしていつもそうなの?」

 

「やればできるはずなのに」

 

「もっとこうしなきゃ」

 

「ちゃんとやるべきことやらなきゃ」

 

「人には優しくしなければ」

 

「今の自分に感謝しないと」

 

 

 

 

でも、

 

そんな言葉を聞かされてきた自分が どんな大人になったかは

 

自分が一番よく知っている。

 

 

 

そして、そういう言葉をかけてくる自分が

 

自分を信頼してくれていないことを誰よりもよくわかっている。

 

 

 

それなのに

 

「大丈夫」とか「がんばれ」とか言われても

 

何が大丈夫なのか、何をがんばればいいのかもわからない…

 

信じていない人(信じてくれていない人)に言われても 信じることができないのですね。

 

 

 

 

大人の自分が、こうするべき、こうした方がいいという意識と

 

子ども(インナーチャイルド)のそんなことしたくないという意識がぶつかり合っていると

 

そこから進めなくなってしまいます。

 

 

 

そしてそのふたつの意識の葛藤だけですごくエネルギーを消耗して

 

何もしていなくても疲れてしまいます。

 

やりたいのになぜかできない、進みたいのに進めない…

 

それは、ふたつの意識が綱引きをしているからかもしれません。

 

 

大人の意識は学ぶことによって成長したとしても、感情は癒されず停滞しているのですね。

 

 

 

 

子どもが親のものでないように

 

インナーチャイルドも自分のものではありません。

 

大人の自分が思うようにしようとしても、思いどおりにはなりません。

 

 

 

ただインナーチャイルドが感じたいように感じさせてあげること。

 

大人の都合のよい物語から解放させてあげること。

 

信頼を取り戻すこと。

 

 

 

 

そしてインナーチャイルドが子どもらしさをとり戻したとき、

 

大人の自分とインナーチャイルドが信頼し合うことができたとき、

 

自分が光だということを再び 自然に感じることができるようになると思います。

 

そしてもう一度自分としっかり繋がれる。

 

 

 

それは、自分の経験してきたことや自分の選んできたことが

 

初めて意味のあること、大切なこと、いとおしいことに感じられて

 

今の自分をいいものとして受け取り直すことができる時なのだと思います。

 

 

光である自分を、

 

自分の光を輝かせたいものです。

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

おやすみなさい。よい夢を。

 

明日もどうぞいい一日でありますように(*'ω'*)