こんにちは。

 

 

終わりが近づいて来た、東京国立近代美術館(竹橋)で開催中の

 

「窓展 窓をめぐるアートと建築の旅」を観てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「窓研究所」なるものがあるんですね。

 

建築、文化、芸術など様々な視点から

 

窓について探究しているのだそうです。

 

その窓研究所と美術館がタッグを組んでの展覧会です。

 

 

 

 

 

マティスやクレー、ボナールなどの絵画から

 

リヒター、ティルマンスといった現代美術

 

ル・コルビジェやアイゼンマンらの建築家のドローイング

 

ポーランドのアーティストの映像、写真を含めた作品

 

前庭に設置された高さ7メートルの「窓の家」…

 

とにかく多岐にわたり、見ごたえ十分でした。

 

 

(よくわからなくて飛ばし気味のところもありましたが(-"-))

 

 

 

 

 

この年表がわかりやすくて面白かったです

 

 

 

 

 

 

窓は、日常の暮らしの中では、光や風を入れたり

 

外の眺めをもたらしてくれたりするものですが

 

機能性ばかりでなく

 

美しさを含めて建物の外観を印象づけたり

 

また、プライベートとパブリックの境界でもあります。

 

 

 

 

そして時に社会から隔てるものであったり

 

中を見せたり、覗いたり、監視したりといった

 

断絶や策略、人間的な心理の表れるところでもあるんですね。

 

 

 

 

ドイツ占領下のポーランドから日本に亡命したユダヤ人が

 

暗い室内から不安な表情で窓から外を見ている写真や

 

修道院や監獄の窓の写真などもありました。

 

 

ひとつひとつの窓に物語があるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓のある風景をたくさん描いているマティスは

 

窓の外の風景は室内にあるものと繋がっていると言っています。

 

外と内は隔てのないひと繫がりの世界というのが、マティスの世界観なのでしょう。

 

 

 

「待つ」(マティス) 

 

 

 

 

窓の外の海に浮かぶ船は、室内の身近にある品々と同じ空間にあって

 

それは今という同じ世界のもの。

 

別々にふたつの世界を作り出しているわけではないということなのですね。

 

マティスの絵にはそういう境目を感じません。

 

マティスの窓のある部屋の絵はどれもとても好きです。

 

 

「窓辺の女」(マティス)

 

 

 

 

 

なるほどなあと思ったことは

 

19世紀初頭に大判の板ガラスの工場生産ができるようになって

 

お店にショーウインドウが登場し

 

商品を外から見る、いわゆるウインドウショッピングの楽しみが広がったということです。

 

それまでは、商品を飾る、外からそれを見て楽しむという発想はなかったのですよね。

 

これはすごく大きな変化だったろうなあと思いました。

 

 

 

 

「とある食堂のショーウインドーケース」 (林田 嶺一)

 

「キタイスカヤ街のあるレストランの窓」(林田 嶺一)

 

 

 

 

 

 

また、よく心は窓にたとえられたりしますが

 

晴れやかな気持ちの時は窓を開け放ちたくなるし

 

気持ちが滅入っている時や不安な時は窓を閉ざしておきたくなりますね。

 

 

外から見るだけでも、その家の元気度のようなものは

 

その窓から感じられるような気がします。

 

 

 

 

 

窓といえば、パソコンを立ち上げるとあらわれる「Windows」の文字。

 

今の時代、まさに文字通り、こちら側と向こう側を繋ぐ窓となっている電子機器。

 

そういった作品もありました。

 

 

 

 

ああ感じたことがうまく書けなくてちょっともどかしいです(-"-)

 

 

 

 

 

そうそう、思いがけず茂田井 武作品が並んでいて嬉しかったです。

 

「ton paris」シリーズの絵が7点ほど どれも素敵なパリの表情

 

 

 

 

 

「8枚のガラス」(リヒター) ガラスに反射して複雑な風景を作り出します

屋外に置いて見てみたい

 

 

 

前庭に設置されている「窓に住む家/窓のない家」(藤本 荘介)   窓を配した箱型3つの入れ子構造になっています

 

 

 

 

なんだかとりとめのない書き方になってしまいましたが

 

最後までお付き合いくださりありがとうございます。

 

 

 

左のマティスの絵は手持ちの画集からもので(窓・忘れな草の室内) 今回出展されているものではありません

 

 

 

 

心の窓を通してどこと繋がりましょうか?

 

今日も気持ちよく過ごせる一日でありますように(*'ω'*)

 

皆さまどうぞお元気でお過ごしください

 

 

 

帰りに歩いた北の丸公園 静かな静かな冬の公園