晴れのち曇り、ところにより雨

整体室以外の事を綴っていきたいと思います。これで私の人と成りが少しでもお伝え出来ればうれいいなー。


テーマ:

施術コースにオプションメニューが加わりました。

題して『腹部調整』

とはいっても、今までも裏メニュー的に存在していたんですが

特定の症状にのみ提案し行っていた手技です。

 

ほんとうは幅広い症状に効果があるのですが

 「なんでお腹?」

 「いろいろ行ったけどお腹は初めて」

など、最初は不思議がる人がほとんどで、身構えられると効果は半減するし、やってるこちらもけっこう神経使う手技ですし。

なので、ここぞっと言う時以外は登場させてませんでした。

 

ただ最近、巷では『腸もみ』なんてワードも耳に入ってくるようになり、

と同時に「今日もお腹、お願いできないですか?」

 「あれっ、今日はやってくんないの?」などなど、提案して以降リクエストを頂く事が多く

そんなこんなに後押しされ追加オプションという形にした次第です。

 

本来、おなかって柔らかい部分なんですが、特に腰痛歴が長い人は凝り固まってる事が多々あります。困ったことに凝ってる事を自覚できない部位でもあるんです。ご自分のと、ご家族や友人のを触って比べてみて下さい。仰向けで脱力した状態で脇腹を指でツンツンすれば分かり易いですよ。特に押されて痛い人はビンゴです。

 

<施術方法>

ピンクの部分を呼吸と同調させながらグゥーっと圧迫をかけてゆきます。どう感じるかはそれぞれですが、痛くない・不快でない圧でゆっくりとじんわりと弛めてゆきます。

表層筋の腹直筋より、むしろ深層筋の腹横筋や腹斜筋をゆるめるのが狙いです。いわゆるインナーマッスルってやつですね。

 

①お腹の筋肉は体幹を使う上でとっても重要な役割を担ってます。

姿勢を正す時「はい、下腹に力を入れてぇ~」って言うでしょ。

それって腹圧を高めて要である腰をお腹側からサポートしてるんです。だから慢性的な腰痛の人は腰になるべく負荷がかからないように代償動作として無意識にお腹に力が入るってわけ。ただ、当然ずーっと力を入れてれば筋肉は疲弊しますよね。

 

②それと疲れて凝り固まったお腹の筋肉をゆるめるという目的もありますが、間接的に反応で腰・お尻・裏ももの筋肉をゆるめる効果もあります。

 

③また、筋肉のみならず腸や筋膜、腹部リンパ節や横隔膜などにも刺激が加わり腸の活性を促したり血行促進効果も期待できます。

 

<こんな方におすすめ>

・慢性的に腰が痛い、固い、重い

・脇腹が凝る

・ギックリ腰が怖くていつも腰に力を入れてしまう

・コルセットが手放せない
・呼吸が浅い、などなど

 

※注意事項として

・食後1時間空いている事

・「骨盤調整」「体幹部調整」「全身」にのみ追加可能

・産後期間(およそ六カ月以降)が過ぎている事

この時期は妊娠中、お腹の筋肉が使われない状態が続いたので

腹筋が上手く使えない傾向にあります。なので『ゆるめる』っと言うよりも腹筋や骨盤低筋群が機能するようにスイッチを入れる(トレーニング)作業をするのが先決です。

 

押し売りオプションにはしたくないので

よほどの事が無い限りは今まで通り、こちらからは提案しないと思います。

気になる方は聞いて下さいね。

「私のお腹ってどうですか?」でもいいですし

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

やさしがさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。