ギターは左手で弦を押さえますので(左利きの方は右手)、爪を短く切っておきます音符

爪が長いと弦を押さえた指が、押さえた下の弦にも触ってしまい音が出なくなってしまいますので(^_^;)


さらにクラシックギターやアコギ(フォークギター)を弾く方は、弾く方の爪を少し伸ばした方がイイですルンルン

(お仕事柄だったり、学生の方で爪を伸ばせない方も多くいらっしゃいます、伸ばさなくてはいけないということではありません)

爪を少し伸ばすのは、指先と爪と合わせて弦に当てると大きな音やキレイな音を出しやすくするためです、もちろんその前にフォームが良くないといけませんタラー

爪の手入れは爪ヤスリ(ガラス製や金属製)や紙ヤスリを使って削ったり磨いたりします
(^-^)/

爪が伸ばせない方でも、爪切りで切った後、爪切りに付いているヤスリで形を整えると音が良くなります(^_^)

自分が奏でる音がキレイになると嬉しいものですキラキラ