キウイフルーツ、全部収穫終えました。

降霜前に収穫するのがいいと言われます。


キウイは、収穫時期になっても表皮はコチコチで、表面からは

判断できません。

 

追熟させて中心まで甘くするには、結構日数要するので

ビニール袋にリンゴやバナナと一緒に入れて常温で保存すると

数日で食べ時になります。






今年はたくさん収穫出来ました。

150個程はありそうです。





右の写真は10月22日畑に

直播したソラマメです。


ソラマメの発芽率はそれ程

高くはないのですが

初冬にしては暖かい日が

続き、適度な雨にも恵まれた為

全粒発芽。その後の成育も順調で少々伸びすぎか?


無事に越冬できるのか心配です。




下の写真のように,全ていい苗に育っています。


一か所一本残して、その他は処分してしまうなんて

可哀想だしもったいない。




右畝(南側)は全て一本にしましたが、左畝はところどころ

二本残しました。


一本の方が、大きく立派なソラマメが育つんだけど・・・しょぼんショック!




それでも余った苗を処分できず、とりあえず狭いところに

仮植え込みしておきました。

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



先の日曜日、我孫子手賀沼の高台にあり、平素は非公開

になっている旧武者小路実篤邸を見学してきました。













この日は多くの

人が見学に訪れて

いました。









手賀沼周辺の高台は、志賀直哉、柳宗悦なども居住した

白樺派ゆかりの地で、他多くの著名人などにも愛された

跡を見学する事も出来る、僕のいい散歩道になっています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下の写真は、家内が初めて描いてくれた僕の夏やさいの

水彩画です。

他の作品の合い間に少しずつ描きあげてくれました。


「イタリアナスとオクラの実と花」

        まだ,額装していませんが・・・・・


武者小路実篤のキュウリの掛け軸の後に、すみません。





明日は秋ジャガを掘りあげる予定です。

秋、冬やさい、いろいろと収穫時期を迎えました。