グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:
認知症の人の暮らしを、より豊かにするために成年後見人が果たす役割。

NHKのEテレで20時からシリーズ認知症・地域で生きる

羽後町の見守りパトロール隊の紹介で、物盗られ妄想で事業者や近隣は金銭管理をためらうなか、成年後見人をつけて、本人の希望に沿った出費をしやすくなったという話。


ご本人の念願が、ご先祖様のなんと170回忌!?

それはすごく大事なことにも思えるし、ぜんぜん必要のないことにも思える。

ただ、本人にとっては前者であることは間違いない。


第三者後見人は家族とは違うし、必要な身上監護を越えていると思うので、今回のように司法書士事務所の人が、法事まで付き添ってお参りしたりは、あんまり聞かない。

そもそも、本人に関わる人たちが、その意向を引き出したり、聴く耳をもっているかどうかが大きい。後見人は大きなお金は管理しているけれども、実際に付き添ったり、介護を行うのは、ケア専門の事業所に依頼する。その選択や契約を本人に代わって行うことが一番の役割。


グレースケアでも、後見人さんからの依頼で、毎月若くして亡くした娘さんのお墓参りに付添っている人がいる。住んでいる老人ホームのお部屋にはお仏壇を持ち込み、お経を上げるのが日課(でもだんだん飽きっぽく、お経もおざなりに。スコーンスコーンと木魚ばかりは強く叩き、撃ち砕いてしまった)


とまれ、今後身寄りのない方や事情で疎遠な方が、ますます増えてくる中で、後見人とチームを組むケースも多くなってくるのは間違いない。


ということで、地区の社会福祉士会からお知らせ。

当日は独立型社会福祉士・久保田先生の具体的な後見業務と、事業所のソーシャルワーカーとの関わりなどがお話されます。

どなたでも自由に参加できますので、お近くの方(遠くの方も)はぜひお越しください。

以下ご案内です。


三鷹武蔵野社会福祉士会
-学習会&交流会のお知らせ-

「独立型で取り組む権利擁護 10年の経験とこれから」
講師・久保田光雄さん(久保田社会福祉士事務所

今年最後の学習会は、独立型社会福祉士の久保田光雄さんを招いてお話を伺い、意見交換を行います。開業 11年目を迎え、後見ほか独自の実習業務や個人契約ソーシャルワークに取り組む久保田さん。その実践から、社会福祉士の専門性を活かした仕事のカタチを考えたいと思います。また、交流会を行います。ご関心ある皆さまのご参加をお待ちしております。

日 時:2011 年 12 月8日(木)
    19:00 ~ 20:00(学習会)
    20:15 ~ 22:00 頃(交流会)
    電話:0422 - 54 - 8990
交 通:西久保コミュニティセンター第 1 会議室
    武蔵野市西久保 1-23-7 
交 通:JR 三鷹駅北口徒歩 8 分
参加費:無料
申込方法:どなたでも参加できます
直接会場へお越しください
照会先:高橋利幸
電話:090 - 4023 - 0672

※交流会会場:魚民 三鷹北口駅前店
     JR 三鷹駅北口徒歩 2 分 
※交流会だけの参加も歓迎します
(3,000 円程度)


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「地域でできる! 認知症の人を支えるまちづくり」の実践報告会に参加。

自治体やグループホーム(GH)など名乗りをあげた7ヵ所に、都が2年間で200万円の予算を付け、ネットワークや拠点化のモデル事業を実施。

その報告で、商店街の協力によるマップづくりや「徘徊」対応訓練、認知症サポーター養成などの研修に家族会、サロンや「事例」研究会などの取り組みがつぎつぎと。

グレースケアのとんち介護教室

ユニークだったのは、入居者と地域住民、保育所や花屋さんらとプランターをつくって近所に配ったり(計650個、GHなごみ方南)、認知症の人に仕事を提供する就労デイの試み(GHきずな、12名のべ359名参加)。

就労デイは、洗車や幼稚園の清掃、雑巾縫い、メモ用紙つくりに、元々の経験を活かして和菓子づくりや包丁研ぎなど。ピザ屋さんのチラシに割引券をホチキス留めなどという仕事も。

報酬はピザとか食事などだけど、デイの利用料などは払う必要なし。


残業したり持ち帰っても続けようとされたり、お客さんいるのに気付かず毒づいていたり、子どもやお母さんの前では張り切ってみたり、若い職員にはナメてかかったり、といった報告になんだか活気を感じる。

その一方で、試行の1年半の間でも、徐々に作業の精度が落ちたり、できなくなったり…。



まえグループホームで働いていたときに、やっぱり裏紙を切ってメモ紙つくったり、郵便物の切手を収集用に切り抜いたり、ホームの印鑑を帳票に押す作業をしたり、やっていたことを思い出す。

郵便物は近くのお店からもらったりして、そういう作業の好きな人はかなり熱心に取り組んでいた(だからすぐ終わってしまう)。


これ近隣まわって仕事を集めたりすれば、結構いろいろありそう、(保育園や小学校の雑巾つくりとか)、
とは思ったけど、なかなか片手間には進まず、今回のように、地域コーディネーター(月10日程度)分の人件費を負担してもらえると、やりやすそうだ。


デイの利用料が発生すると、(障がいの授産施設みたいに)、お金を払って働くというわけでちょっと気持ちが落ち着かないだろうが、働いてお金をもらう、以外にモノをもらうとか、社会的に役立ち感謝される、ただすることがある、頼りにされる、毒づく機会があるというのも、いろいろな仕事を揃えていくなかでアリかもしれない。


もう働くのはうんざりという人もいれば、「ホントは働きたくないけど、しょうがなく働く」みたいのをずっとやってきて、実は嫌いじゃなかったり、それだったらしぶしぶ働く「その人らしさ」の尊重とか音譜

障がいとか「精神病」者の実践が先んじているけれども、働きやすい場があちこちにあればいいと思うし、グレースケアで個人の就労支援はメニューにしているけれど、場をつくって事業にしていくにはどうしたらいいのか、今後の課題です。








ケア+お仕事の援助をランキングから探す ⇒ 人気ブログランキングへ

NPO法人グレースケア機構
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

その心は、やり手のサラリーマン。


大手商社にお勤めだった、本山さん(仮名、78歳)。ロンドンにサンフランシスコと海外赴任も長い。

激しい雨も何のその、とにかく、行かなければいけないところがあるらしい。


雨やんでから、車さがすので、ちょっとこっちでお願いが、内勤が残っています、会議が2階で…等の言葉かけやお仕事は、一時的に足をとどめることはできるが、ほとんどムダ。すぐに、「じゃっ」といって出かける体勢、玄関で靴を履き替えている。

どこに行くのか伺ってもはっきりしない。昔住んでいた地名が出てきたり、商店の名前が出てきたり、何でいちいち言わなきゃいけないんだと不機嫌になったり。

この切羽詰って追い立てられるような勢いには、「じゃ本山さん気をつけて行ってきて下さいね」と送り出すしかない。で、分からないように後をつけていく。

といっても、ふらつきもある方なので、すぐ手を出せる近さで、足元の先も見通せるよう斜め後ろから歩く。傍から見たら紐のない電車ごっこ風、ほとんど連なって歩くのだが、本山さん、一心不乱なのでバレない。


どこへ行くのか、わからない。

ミステリートレイン


商店街を右折、まっすぐまっすぐ早足で歩く。本人が他のおばあさんに借りた折り畳み傘、叩きつける雨で前方は見えにくく、足元には水たまり、よけつつ行くのでふらつき度はいつもより高い。この緊張感。


大きな通りで右左、迷っている。見慣れない風景への戸惑い。信号は渡らずに右へ、次の通りでも立ち止まり、遠くの様子に目を凝らしている…。


ここで右へ行ってくれたら、すぐに公共の施設がある。ホームに戻る方向にもなる。さらに先に行くにはそろそろ足元も限界か、雨もひどいし、靴の中もぐしょぐしょだし。

あぁ、まっすぐ行く? どうする? …いまだ!と、全然べつのところから現れた風に、ぐるりと本山さんの前に出て、「あぁこんなところで!いつもお世話になってます、ちょうどよかった、こっちでひとつお願いします!」とかなんとか。


本山さん、何となく釈然としないながらも、右へ。不快な表情は変わらない。そこで調子よく、公共施設に案内。チラシを各種とり、本人に渡したり、冊子を調べたり、ベンチを勧めたり。「いや助かった、これで大丈夫です、仕事終わりました」とか言うも、本人納得せず。「じゃ、行きます」と、また一人で出て行こうとする。雨の中。うううちょっと待って…。


「何かご利用ですか?」と、そこへ職員の人が声をかけてくれる。あぁありがたい! 小声で認知症です、仕事をしにきたので、これ受け取ってください…とささやき、本山さんに「じゃぁ書類を渡しておきましょう」とか何とか。もっているチラシを職員の人に渡していただく。「よろしくお願いします、いやこれでよかった、間に合った! これで済みましたよね?」と職員さんに言うと、「はい大丈夫です!ありがとうございました」。うまい。


本山さんは…、ちょっと戸惑いながらも、間をおいて、「じゃ、よろしくお願いします」と軽く会釈。

はぁよかった。

ただ、仕事を終えたことにするにはちょっとあっさりし過ぎか? これで納得して落ち着かれるか?


「いや、雨のなか、来てよかった、やっぱり本山さんが来ると話しが早い! 助かりました、ありがとうございますっ」とか何とか、ダメ押し。ほとんど、人見明の課長に取り入る植木等である。昭和30年代の。(ネタが古いが、本山さん、植木等より2つ下の同世代だし)。


で施設を出て、右左。本人がどちらに行くか様子を伺うも、迷っている。そこでじゃぁ行きましょうとホームの方向へ誘う。「帰りましょう」というべきか、本人の気持ちがわかりかねる。これで一応満足されたのか、まだやり遂げることがあるのか…。


ただ、歩き方は、急にゆっくりになった。さっきのように、追い立てられるように早足ではない。しかも、傘はほとんど斜め前、顔を隠して前を見てないし、メガネは曇っているし、私と同じく靴のなかはぐしょぐしょだろうし、歩幅も小さく身体も前のめりになってきたし、寒いし、、、言葉をかけても、返答はほとんどない。


ここここ。やっと、ホームに着いたら、明らかに安堵の表情を浮かべ、玄関のベンチに座り込む本山さん。

お帰りなさい! 雨の中、お疲れ様でした! 寒かったでしょう、着替えてお茶をどうぞ~、というスタッフの声。

30分余りの旅、無事出発駅に戻って、今日はこれでおしまい。

次は書類を出すだけじゃなくて、打ち合わせもお願いしますね。英語で。


駅方面に向かったら、今度は駅前の英会話スクールに対応してもらおう…。

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

クリックでほかのブログにフライト

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日のTBS『情熱大陸』では、越智俊二さん(59)を追い、若年性認知症の当事者としての日常をドキュメント。


47歳から物忘れが始まり、アルツハイマー病と診断、仕事を辞め、妻と二人暮らし。でもその日常は、記憶を失っていく恐怖とか絶望、、、にさいなまれるのではなく、むしろ訥々と、できる範囲で一日一日を楽しく大切にやり過ごすといった風。


それには、奥様の力が大きい。できないことを指摘して嘆いたり、まして責めたりするのではなく、大したことじゃないと受け入れてできることに注目しフツーの日々に感謝する。

すぐに忘れてしまうのだけど、写真や胸の奥にとどめるために今繰り返す小旅行。

仕事に行くときは、行き先と帰りの時間を大書して貼る。それでも30分もいないと不安で玄関先で待つ当事者の夫。


夫は、アルツハイマー病への偏見を取り除くため、講演活動をしている。

最後に言う。「一番大切な人は、かあさん(奥様)です。いっしょにいると安心します。病気になって家族の大切さを知りました。かあさんを忘れてしまうのではないかと不安です。もし忘れたとしても心の中には残るはずです。大切な今日一日一日を、その時その時を大切に笑って生きたいです」


仲の良いご夫婦。夫の呼ぶ「かあさん」は、子どもの母というより、自分にとっての母になっている。進行する病気の先に不安を覚えつつ、いまを充分に大切にする。


夫婦に限らず、そんな時間を共有できる大事な人がいるのはよいと思う。


ただ、夫婦ならそうならねばならない、というのは違うだろうし、理想のモデルになるのも困る。

若年性の認知症は、隠している人を含めると10万人にのぼるのではという。

それぞれいろんな事情がある。


以前勤めた老健では、発症して、すぐに妻に離婚され、実母(ホンモノのかあさん)が通っていた方がいた。

それでも、軽々しく妻のことを悪くいえないと思う。

名前を忘れるほどになって、はじめて愛情を求められても、応えられない。


うちも、お互いかなり怪しい。

社会的なケアの整備を急がなくては。

と思ってグループホームで介護をしています。みんなやろうよ。呆けたら助けて!

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑


 ワンクリックで愛をとりもどす

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「忘れたくても思い出せない」、というのは赤塚不二夫がバカボンのパパに言わせた傑作フレーズ。「正義の味方悪党が、黒い白馬にまたがって前へ前へとバックする…」みたいな意味の矛盾したことばだが、忘れたくても思い出せないことってないだろうか?


先日受けた、認知症ケア専門士試験の二次試験について、あるとよいもの。


1.腕時計

 秒針つきのもの。はじめ1分間の発言の機会あり、1分に満たないと1分たつまで沈黙が生じる。

 逆に1分を超えると、ブザーを鳴らされ、ちょとあせる。秒がわかれば落ち着いて話せる。

2.筆記用具

 もちこみ不可とはいわれない。メモをとっている人と、そうでない人がいたが、それぞれの発言を記録した方が、整理されて自分も意見がいいやすい。はじめの発言は、他人の話の組み合わせでOK。紙は問題用紙のウラで。

3.愛想

 まったく初対面のメンバー6人で、それなりに会話を弾ませないといけない。出すぎず引っ込み過ぎず。愛想良く、他人の話に耳を傾け、うんうんとうなずき合ったりできると、雰囲気がよくなる。みんなで受かろうね!って浮かれたくらいで吉。


試験の結果が出るのは11月1日。

落っこってたのにその原因がどこにあったのか思い当たらなければ、試験のことは「忘れたくても思い出せない」。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

介護系資格マニアなら、とっておきたい、『認知症ケア専門士』。

学会丸儲けの仕組みは露骨だが、流行なので目をつむって受験してみた。


今年は第2回目で、今日が二次試験。

一次は幕張メッセで、気持ち悪くなるくらいの大会場に数千人の受験生。


これ、でっかい老人ホームにおける集団処遇の不安や孤独を体感する課題なのか?

自分の席がわからず徘徊する人も多数。前方は遥かかすんでいる。座っても居心地が悪い。

うわぁこんなに認知症のケアしている人がいるんだ、ここにいる人の数倍の認知症老人、ううう。迫力。


で、内容は、『標準テキスト』と銘打つ4冊組、をみておけばだいたいわかるのだけど、このテキスト自体、正直あんまりまとまっていない(というより認知症のケアの「標準」化が難しいというわけか)。

 例えば、「中核症状」と「周辺症状」という分け方について、介護現場ではわかりにくいとしてBPSD(認知症の行動症状)などの用語(もっとわかりにくい)を出しているのに、他の章ではあっけらかんと、そのまんま2つの分け方で説明していたり。はたまた、「基本症状」と「行動障害」という分け方をしているところがあったり。

 試験では「中核」「周辺」は出なかったが、行動障害は出た。学会の多様性を反映しているのだろうが、でもわかりにくい。


2次はあらかじめ論文を提出し、プラス今日のあるテーマに基づくグループディスカッション…。


むかし、新卒で就職活動をしていたとき、一度やったことがある。そのときの課題は、数人で某市の各部署の責任者になり、予算配分を決めなさいとかいうものだった。

私は確か警察の担当を割り当てられ、予算をバンバン削った(当時は警察=権力と考えるのがフツーだったのでごく自然な態度)。どういうわけか、その会社は落ちた。


昨年受かっている人たちにテーマを聞くと、「認知症高齢者の尊厳について」とか、「認知症ケア専門士になったら何がしたいか」「忘れた、認知症だわ」などの答え。当てにならない。割と抽象的で一般論を聞いてくるのだろうと思い、とりあえず「その人らしさ」とか「主体性の尊重」「差別を受けない」「なじみの関係」などなど、テキストを眺めてキーワードを追い、ハッタリが効くようにちょっと準備。


そこで臨んだ試験、私のグループに出た課題は「医療(医師)との連携で必要な視点について」。えらい具体的なテーマじゃないですか…。6人が、一人1分ずつ考えを述べ、その後ディスカッション。薬を盛るな! 入院させるのを嫌がるな! 入れたと思ったらすぐ縛るな! と盛り上がり出したところで終わり。これ、でも「連携」じゃなくて、医者への文句なのだな。


 医療がとかく症状や疾病部位に対してのみ関心を持ちがちなのに対して、介護の専門性として、その人の生活全般や価値観などを尊重した関わりから理解していることを伝え、共によりよい支援を模索すること。

 認知症高齢者に限らないが、内科的な疾患をもつ方も多いので、日常的な健康管理、観察内容やバイタルについて把握し、医師が判断できるよう伝えること。

 医療も介護も相談職も、本人を中心におき、その人らしい暮らしをつくることを目標に連携すること。などなど、エイヤッといえたらよかったのだろうが、残念、その場ではなかなか出て来ない。議論の流れにさおさすのも難しい。


 面接官は、おじさんとお姉さんの2人。でも、どこを評価しているのだろうか? 他人の傾聴か? ただのノリか?

どうかお二人が、医者じゃありませんように…。

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

受験必勝法といえば他ブログで

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NHK教育で3時間、認知症当事者を3組を迎えての討論会、というか座談会。


私は介護職でありながら、ナベプロのドラマに魂を売って

1時間くらいしか見ていないのだが、討論の噛みあわなさがせつない。


みのもんたは、認知症の親と同居して介護経験あり、とあるが、

やっぱり、対個人で話のできるケアワーカーじゃないわけで。

いわゆる大文字の政治ごと、社会問題としての認知症をどうするか、

「発言できるような当事者」ではない、もっと進んで大変になったら、

いまの日本ではとても暮らせない、年金が60歳でもらえなくなっても

誰も何もいわないようなところですから! とアッピール。


確かに、認知症を自覚し、自ら訴えることのできる方は、

みのにしてみれば、まだ「軽い」、恵まれているということなのだろう。

そして、実際、より重度で、家族も周囲も大変で、という認知症

(みのは「自ら認知できない認知症」というが)の方が、

問題としてわかりやすい。プラス、解答として、

「私ゃ東南アジアやヨーロッパの都市で資料を探している、

日本じゃもうダメ、、、」とか、金持ちらしい極論でアジテーションする。


せっかく、例の堀田力さわやか福祉財団理事長とかが、

地域での支え合いとか周囲の理解、さらに当事者の発言に感動という落としどころで

まとめているのに、みの、ぶち壊し。


人選と趣旨が出演者に共有されていなかったミスで、

当事者や家族のほか、堀田とみのと医療者とFAX回収嬢しかいないのがダメ。

介護、福祉職もおけば(和田行男や三好春樹も、ちょっとお約束だけど)、

あるいは、うるさい障害当事者でもおけば、まだ、発展的に

まとまったのではないだろうか。


当事者が出ると、よく、軽いからとか、特別な人とか、操られているとか

いわれるが、忘れてはいけないのは、急にボケが深くなって、

「な~んにもわからない」人に化けるのではなくて、

いわゆる初期の人から、行きつ戻りつのプロセスが、ずっとずっと

続いているだけなわけで、本人の思いや不安や不満やあきらめや脱力や

希望も、急に丸ごと忘れられたりなくなったりするわけではないこと。


ボケが進んだら、本人の言うことに耳を傾けなくていい、

わけではなくて、もっと知る努力や工夫が周りに必要になるわけで。


その意味で、きっちり当事者の発言を中心にすえたNHKの試みは

よかったけど、あまりにきれいなシナリオが見えていたことと、

みのもんたが、その反発もあったのか、あまりにデリカシーなく

吼えてしまったものだから、何だか後味が悪い番組に仕上がっていた。

(思いっきり生気分でズバッと怒り芸を見せられても困る。

自分がヘゲモニーをとれない場でのコミュニケーションスキルの貧しさ

認知症ケアに向かない)


ナベプロ創業、渡辺晋は、戦後の人々を楽しませたくて、まったく新しい芸能界、

エンターティメント産業をつくろうと夢をもって実現した(らしい)。

こっちのセミドキュメントドラマも、後半しめっぽかったのはいただけなかったが、

植木等やザ・ピーナッツがスターになり会社も発展する勢いには胸踊る。


いま、遅れて高度成長の勢いに乗っている「介護界」。ケアスタッフの労働条件の

圧倒的な低さに、身体も心も壊す使い捨て、「優しい人」「えらい人」あるいは

「バツいち女」「リストラ男」「外国人」が担うという偏見と現実、、、


日本の介護福祉業界を、いっちょまえの、魅力ある明るく楽しい産業にしていくためには

まだまだ、先は長そうだ。

渡辺晋のあとを追って、ハイ、スイスイスーダララッタ、スラスラスイスイスイスイ…


福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

♪徘徊アワーの行き帰り、

減らしたシューズが五万足リック


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「認知症」、いま介護福祉に携わるほとんどの人は、「痴呆」に替えて認知症を使っている。グループホームに文書が届いたのは昨年末頃だったから、それ以降半年ほどで急速に広がり、もうすっかり馴染んでいる。恐ろしい。確かに「痴呆」という表現は字面をみてもあんまりで、家族会のいう「ぼけ」の方がまだしもだった。「精神薄弱」とか「知恵遅れ」も「知的障害者」に正式に替わったのは、6年前。よく考えるとこの語もよくわからず、知的健常者というのがいたらかえって怪しいが、これも差別意識を薄め、客観的な用語という印象をもたす効果はあった(さらに正しくは「障碍者」「障がい者」)。

 「認知症」の決定過程は、厚労省と一部学者の出来レースだったといわれるが、一応昨秋、厚労省は「痴呆」に替わる用語に関する意見募集、を行っている。私もどこかでアンケートをもらい、適当に答えた記憶がある。以下、その報告http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/11/s1119-8a.html から。


「痴呆」に替わる用語に関する意見募集結果

総数6,333件。はじめに応募者の男女比率や年齢、地域などがまとめられている(20代も多いのは、学生の動員?)。 そのあと、「痴呆」という言葉に「不快感や軽蔑した感じを伴う」かどうか聞き、特に感じない人も結構いることが分かる(4割前後)。そしてメインレース、「認知症」「認知障害」「記憶障害」「アルツハイマー症」等のなかから本命を投票。

結果、1着は「認知障害」1,118票)、2馬身差で「認知症」(913票)。ところがこれでは決まらず、「認知障害」はすでに他の概念を表す用語として使われている等の横槍が自由意見の名目で入る。逆に「認知症」支持のコメントも強調され、なし崩しに「認知症」の逆転勝利!(え~?)

そもそも代替用語の用件として、分かりやすい、概念について混乱させないことのほか、「不快感や侮蔑感を感じさせたり、気持ちを暗くさせたりしないこと」とある。これをさらに、「気持ちを明るくさせるもの」という基準で選べば、自由意見として挙がっているもののなかにキラリと光るものがある。

例えば時空自在症候群。超能力者か。回帰症里心症恍惚症などはまだ重いが、逆にタイムトラベラーは飛びすぎ。ことばのアイデアでは知ほう症知豊症のほか、知恵薄れというのも唸らせる。

かわいいところではわすれんぼ症うっかり症とぼけ症。うっかり症対応型共同生活介護、アルツハイマー型とぼけ症、悪くない…。なにより、意見のすべてをちゃんと整理して記録に残す厚労官僚に脱帽。そういう手堅い仕事振り、将来認知症になりやすいよ。とまれ、ぼちぼち行きま症

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

明るい高齢社会のために一票!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。