グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:

 藤田さん(仮名・82歳男)は、車イスを自走して移動しているが、私はかねてホントは歩けるんじゃないか?と怪しく思っていた。家族によると、ホームに来る直前3ヶ月ほど入院しており、それで歩けなくなったという。その前までは手すりをもってどうにか歩いていた由。

自分で車イスからベッドへ手をついて移乗はできる。トイレで手すりをもって立つことはできる。ただ、「ちょっと歩いてみましょうか?」と聞いても、「イヤですよ、私は歩けませんから」。面倒くさいし、自信もないし、車イスで事足りているし、ということなのだろうが、どう言葉をかけて誘っても、歩けないんです!といい、そのうち怒り出す。確かに、長距離はムリかもしれないが、2、3歩からでも伸ばしていけないか?

まず試しに、これまではトイレから出るとき、車イスを便座のすぐ脇においていたが、意地悪をしてトイレの扉の外側におき、そこまで歩けるか観察。文句をいうかと思ったら、意外とすんなり歩く! 片手は洗面台などを伝い、片手は支えるが、小刻みに10数歩、距離にして1.5mくらいはOK!

できるだけ歩かせたい、今度はトイレに入るときも、扉入口で車イスを止めて便座まで歩いてもらおうとたくらむが、扉の手前でブレーキをかけたら本人すごく怒る! 当たり前か。もれたらイヤだし

それから別のスタッフはダイニングで。今までは車イスのまま端っこのテーブルに着き、早食いしてすぐどっか行っちゃうというパターンだったが、端っこで一度車イスを降りてもらい、どうぞどうぞとかいいながらテーブルの中央の席まで伝い歩きで移動してもらう。おばあさんに取り囲まれたあるじ風。で、いただきますのご挨拶を促すと、「今日も係の方のご尽力で美味しいご飯ができました…(中略)…じゃあいただきましょう!」と、すこぶるご機嫌で一席(話が長いとおばあさんは不機嫌)。

この試みつづく…。

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

ワンクリックでその一歩を応援

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。