下呂市のホテル水明館で開催された「岐阜県温泉協会通常総会」に参加するため、早朝に自宅を出発しました。


遠路の公務となるので移動の時間を利用して、往路に下呂市小坂地区高天ケ原谷と復路に郡上市大和町の奥田洞の緊急砂防事業の現場視察をしました。


いずれも土砂災害の現場ですが、既設の砂防堰堤が果たした役割や復旧工事状況、再発防止に向けた対策工事について土木事務所担当者から説明を受けました。


熱海で大きな土砂災害が起きて甚大な被害が出たばかりですが、山の国である岐阜県の土砂災害に対する備えや地域防災のレベルの高さを教えていただきました。