岐阜県の婚活サポート | 【岐阜県 各務原市】岐阜県議会議員 松岡 正人(まつおか まさと) やらなあかんブログ


岐阜県が婚活サポート事業を委託している「ぎふマリッジサポートセンター」について、ご意見やご提言をいただく機会がありました。


5年前から毎年4千万円以上の委託費で運営されているセンターに対して、実績や様々な課題に対して貴重な意見を聞くことができました。


確かに、「婚活BOOK」や「親のための婚活応援BOOK」といったセンター発行の立派な冊子は、全国チェーンの結婚相談所が監修していて、その内容に岐阜県らしさは感じられません。


センターの事業を受託しているのは県内のイベント会社ですが、もう少し県内の民間結婚相談所や婚活イベント会社との連携や予算措置によって、婚活の成果が挙げられるのではないかと感じました。



県の委託事業全般に感じること

「最小の経費で最大の効果」


監査委員を務めたときも、たびたび指摘させていただきました。


地方自治法第2条14

地方公共団体は、その事務を処理するに当つては、住民の福祉の増進に努めるとともに、最少の経費で最大の効果を挙げるようにしなければならない。


ぎふマリッジサポートセンター1対1のマッチング(お見合い)やイベント・セミナーの開催・情報提供により、出会いや結婚を希望する20歳以上の独身の男女を応援しています。リンクkonsapo.pref.gifu.lg.jp