木曽川の魅力発掘  | 【岐阜県 各務原市】岐阜県議会議員 松岡 正人(まつおか まさと) やらなあかんブログ

河川堤防に対する国交省の考え方が大きく変わってきて、ミズベリングやかわまちづくりで積極的な河川敷活用が進んでいます。

河川利用に対する許可申請はとかく難しく敬遠されがちでしたし、私も青年会議所時代の桜観覧船事業で行政との折衝でかなり苦戦しました。

木曽川堤防に接する距離が長い各務原市にとっては、国交省の方針変更は大きなチャンスであり、私が積極的に取り組んでいる「木曽川再発見プロジェクト」はそれを実現するための施策です。

遊覧船事業と連携する宝積寺町、浄化センターとの連携を見据えた前渡地区、3派川の水辺の親水公園に取り組む稲羽地区など、各務原市内の木曽川流域の各所で「かわまちづくり」が進むように取り組んで行きたいと思います。