県アンテナショップ巡り | やらなあかんブログ 岐阜県議会議員 松岡 正人(まつおか まさと)



昨夜行われた関西岐阜県人会に参加して宿泊したので、午前中に大阪にある富山県と徳島県、新潟県のアンテナショップや県事務所訪問しました。

富山県や徳島県のアンテナショップは、県や公益財団の持ちビルに出店されており、岐阜県との大きな格差を感じました。

特に徳島県関西本部には、職員が17名配属されており、大阪に対する施策が明確に打ち出されていました。

その本部長と副本部長と面談する時間をいただき、岐阜県の農産物と競合する話をお聞きしたり、移住定住施策に関して有意義な意見交換をできました。

最後に新潟県の関西情報発信拠点でリニューアルされたばかりの「新潟をこめ」を訪問しましたが、賑わいのある地下街で来店客も多く、新潟県の県産品のブランド化と販売戦略は見習うべきだと感じました。昨日の東京に続いて大阪でもいろいろな県のアンテナショップを回ったので、二日間で日本中を旅行した気分になりました。

今後、岐阜県の首都圏や関西圏へのアンテナショップの出店や県産品のブランド化や販売促進についてしっかりと取り組んでいきたいと思います。