オーストラリア視察 最終日 | やらなあかんブログ 岐阜県議会議員 松岡 正人(まつおか まさと)
ハードスケジュールのオーストラリア視察も今日で最終日、日曜日でしかもシドニーでマラソン大会が開催されるために、早朝から世界遺産のブルーマウンテンズに向けて出発しました。





シドニーから約2時間ハイウェイで移動し、都会の空気から一気に大自然へ、人口わずか1万人の町に年間400万人の観光客を集客する世界遺産のブルーマウンテンズのカトゥンバは、景色も街並みもケーブルカーやロープウェイもさすが世界遺産の観光地だと思いました。景色を楽しむ人やトレッキングにトライする人など目的は様々ですが、世界中から観光客が訪れていました。カトゥンバは「水がサラサラ丘から流れ落ちる」という意味、ブルーマウンテンズはユーカリの木の油脂が揮発して太陽光に反射して青く見えるという説明を受けましたが、本当に綺麗で壮大な感動的な景色でした。岐阜県も大自然と豊かな水などの観光資源を有しているので、観光誘客の色々な施策や設備、インバウンドの受け入れ方など大いに参考になりました。

ミュージカル風に演出されたオーストラリアの歴史を紹介する舞台は、30分で原住民アボジリニーから白人の入植、開拓から迫害の歴史をわかりやすく伝える素晴らしい出来でした。また、ブーメランへの絵付け体験は?岐阜県でも美濃和紙や陶器の絵付けなどに応用できると感じましたし、体験型観光として面白い企画だったので体験できて良かったです。


帰路につき空港へ向かう途中に、オリンピックパークに立ち寄り、集約的に建設されたスタジアムや体育館、選手村など見るにつけて大きな国土を有するオーストラリアらしい設備で、東京オリンピックとは違ったダイナミックさを感じました。
機中で2泊現地ホテルで3泊の強行スケジュールでしたが、9時の成田行きのフライトで帰路につきます。