岐阜県産材の素晴らしさ | やらなあかんブログ 岐阜県議会議員 松岡 正人(まつおか まさと)

今日は視察2日目で、神戸県人会会長さんのご案内で、「海外移住と文化の交流センター」と岐阜県の工務店さんが県産材を使って修繕した異人館を視察しました。
神戸北野の異人館は数多くありますが、「風見鶏の館」や「萌黄の館」を訪れて、岐阜県産材を使用して修繕した事の説明をいただきました。
改修の際に使用されている資材などを削ったりしたところ、100年以上前に建設された当時から岐阜県の木材が使用されていた事がわかったそうです。
岐阜県の森林や木材の質の高いことの証であり、もっと周知しながら活用していける可能性を実感しました。