第28回 世界淡水魚園 運営協働会議 | やらなあかんブログ 岐阜県議会議員 松岡 正人(まつおか まさと)
第28回世界淡水魚園の運営協働会議が、県議会議員をはじめ行政関係者、地元自治会の代表者や観光協会の会長などが参加して行われました。
選挙の改選や役員交代によって参加者が変わったことで、いろいろな活発な意見が出て新鮮な感じがしました。
私からは、来場者のシーズンによるばらつきや年代の違いなどを考慮し、冬の閑散期の対策や夜の入り込みの対策など、もうすぐ20周年を迎えることを契機として考えてほしいと発言しました。
大変来場者の多いこの公園を一層活性化するとともに、県の観光の拠点としてしっかりと役割を果たして欲しいと思います。