鹿児島視察を終えて | やらなあかんブログ 岐阜県議会議員 松岡 正人(まつおか まさと)

テーマ:

午前中に岐阜県の「鹿児島県との友好の証プロジェクト委員会」からケヤキを寄贈した鶴丸城御楼門の建設現場と歴史資料センター「黎明館」を鹿児島県職員の方々に説明をいただきながら視察させていただきました。

建設中の御楼門は私が想像していたよりかなり大きな建造物になるようであり、岐阜県からのケヤキは5メートル近い門の扉をつくるためには不可欠なものであると大変に感謝されていました。

歴史資料館では木曽三川の宝暦治水事業など岐阜県と鹿児島県の歴史的なつながりを中心に説明をいただき、両県のつながりの深さとご縁をあらためて学び感じる良い機会でした。

連夜の県議会議員同士の意見交換や懇親の機会もあり、視察先では薩摩魂ともいうべきパワフルで想いの強い施策をたくさん学ぶとともに、両県の交流を大切にしながらより一層深める努力をしなければと感じた3日間の視察でした。






 


松岡 正人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス