電車とバスで県庁へ | やらなあかんブログ 岐阜県議会議員 松岡 正人(まつおか まさと)

テーマ:

特別委員会の県内被災地の視察で県庁に集合だったので、名鉄電車と岐阜バスを利用して県庁へ向かい所要時間は1時間と数分、車よりは時間はかかりますが久しぶりに通勤時間に公共交通機関を利用しました。

到着時間は8時5分でしたが職員駐車場はほぼ満車、一方で私の乗ってきたバスはふれあい会館行きでしたが、加納高校で学生と産業会館あたりで民間サラリーマンが降車すると空席が目立ってガラガラの状況になり県庁で降りたのは10名ほどでした。

県庁職員さんは自動車通勤のために渋滞を計算して早めに登庁しているようですが、公共交通機関の活性化や排ガスの環境問題、渋滞の緩和などを目指して「利用して残す」という県民のお手本となるように努めて欲しいと思います。

庁舎建て替えに際して職員駐車場建設が始められましたが、建設費が約20億円で1台あたり200万円程度ということを考えれば、駐車料金は現状の無料開放ではなく応分の費用負担をすべきと考えるのは私だけでしょうか…

 

 

 

 

 

 

松岡 正人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス