フレンドリーパーク大平(八百津町)で川遊びをしてきました。 | 八百津っ子「渡辺大二」のイクメン日記(1年間の育休終了)

八百津っ子「渡辺大二」のイクメン日記(1年間の育休終了)

平成24年4月から
1年間育児休暇を取得した
八百津大好きな「八百津っ子」こと渡辺大二です。
職場復帰後
娘たち(5歳と3歳)の保育園で
慌ただしい毎日を過ごしています。
美濃加茂・可児市周辺の子育て施設・育児情報を
掲載してます。

みなさんこんばんは。

夏休みも後半戦。

最近よくトンボを見かけます。

 

ただ、まだまだ暑い!

暑いときに海やプールもいいですが

暑すぎて海やプールの水もぬるいですよね。

そんな時は、岐阜県民ならではの

「川」へ行きましょう!(清流の国ぎふです!)

今回ご紹介する「川」は、小さい子どもでも遊べる「川」です。

それはーーーー

八百津町にある

「フレンドリーパーク大平」です。

image

まずは見てください。この透き通った川の水。

image

まさに清流(の国ぎふ)です!(2回目)

image

八百津の町中から山の方へ向かい

旅足橋を渡ってしばらく行くと看板があります。

image

ただし、左折後は狭い道が続きますので

すれ違う時は注意が必要ですので、注意してください。

娘たちといった日はお盆の真っ最中で暑い日ということもあって

たくさんの車がありました。そして、けっこう多国籍です。

image

(ちなみにこれは第二駐車場)

そして、フレンドリーパーク大平の全体地図はこちら。

image

最初は機嫌が悪くて川行かないと言っていた下の娘も

川を目の前にすると「川で遊びたい」と言い出し

こっそり持ってきた下の娘の水着に着替えて遊び始めます。

image

image

やっぱり川の水は冷たい!最初は特にそう感じますが

慣れてくると大丈夫で、むしろこの暑さなので気持ちがよいです。

車をとめたのはフレンドリーパーク大平の中では下流の方で

うきわで流れていくとけっこう激流に感じる場所や

image

ジャンプすることができる大きな岩もあります。

image

※ジャンプするスペースの辺りは深いところもあるのでご注意ください。

娘たちは激流ポイントを浮き輪に乗って下るんですが

浅いためお尻に石が当たってけっこう痛いようです。

そこより上流の方へいくと

image

浅いところが続く広いエリアがあるので

ここだと小さいお子さんも安心して楽しめると思います。(写真上が下流)

流れていかないように、石のダムがあります。(写真中央)

さらに上流はこんな感じです。(写真上が上流)

image

「フレンドリーパーク大平」にはトイレもあります。

整備されていない川だと、この点が心配ですが

トイレがちゃんとあるので、安心ですね。

 

10時半くらいに着いて

午前中で終わるだろうと、昼ご飯を持たずに行ったのが失敗でした。

娘たちが飽きることなく遊ぶので気が付いたら2時・・・。

まだ遊びたいと主張していましたが

空腹により帰宅することになりました。

何か買っていけばよかったー。

 

八百津っ子としては

八百津の名所を紹介できてうれしいです。

まだまだ暑い日が続くと思いますので

ぜひぜひ八百津の良さをみなさん満喫してください。

※八百津っ子のホームページ

https://www.yaotsukko.com/

のトップページにあるプール情報の中に

今回の川情報を加えましたので、ぜひ参考にしてください。

 

 

※八百津っ子の子育て応援サイトを

  ぜひご覧ください。