ブレーキマスターのあれです | ☆八尾カワサキ東大阪ブログ☆
2017年11月04日(土)

ブレーキマスターのあれです

テーマ:ブログ

こんばんは

しげっちでぃす

 

 

ブレーキマスターのフタのふち。

いつの間にか塗装が剥がれてボロボロに

なってしまっていることありませんか?

 

 

これの正体は

ブレーキフルードのにじみです。

 

DOT4は塗装への攻撃性が高く

溶かしてしまいます。

 

ということは気密が保たれていない?

フタがちゃんと閉まってないの?

ってなると思いますがそうではありません。

フタはちゃんと仕事しています。

 

じゃぁなんで滲んで出てくるの?

 

 

 

 

キャップの間に挟まってるゴム部品

(ダイヤフラムといいます)

にフルード溜まってくるからです。

 

DOT4のブレーキフルードは

ダイヤフラムを透過してしまうため

しっかり蓋をしていてもにじみ出てきます。

窓の曇りのようにごく少量ずつですが

汗をかいて溜まっていきます。

 

一体式マスターはキャップに

負圧調整用の空気孔が設けてあり

そこから垂れてくるので特に注意です。

 

部品の特性上、対応策がないため

定期的な清掃が必要になります。

もし垂れているのを見つけたときは

水で洗い流してからご来店ください。

 

 

特に車検のない車両は点検整備を忘れがちに

なってしまいますから一度ご相談くださいね。

 

DOT5なら浸透性も塗装への攻撃性もないので

入替えちゃう人もいるんですが

ゴム類がDOT5に対応していないので

変形してしまう可能性があり危険です。

 

またDOT4とDOT5が混ざるとクリーム状に

変質してしまいブレーキ故障、不能の原因、

特にABSユニットに大きなダメージを与えるので

絶対に使用してはいけませんよ。

 

 

不安な方は定期点検整備にいらして下さい。

ご予約ご相談お待ちしております。

 

気になることや疑問等は、気軽にスタッフまで。

 

しげっちでした。

ライムパンサー【八尾カワサキ東大阪】さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス