料理男子を目指してる | Minotake+(ミノタケプラス)in Boston

Minotake+(ミノタケプラス)in Boston

2016年10月から主人の転勤でボストン駐在、駐在は2回目。結婚して6回、人生14回目の引越し。お気に入りに囲まれた自分の身の丈(Minotake)に合った生活を目指しています。アスペルガー症候群の変人夫とミドルの男の子と三人暮らし。料理とお菓子作りが大好き

うちの子には料理を
3歳位から教えています。
自分の好きな食べ物くらいは
友達にふるまえる腕前にとね。
 
時々
「お母さんが何でも作ってくれると
これからが大変だよ」
「彼女が料理が下手だったら
どうするの?」
と言う人もいますが、
うちの子、自分で作れますから
そこは心配ご無用です。
 
寧ろ自分で料理が出来ると
料理が出来ない彼女もアリだし、
一緒に作るもアリと
選択肢が広がるよね。
 
 
うちの子、
サンクスギビングに向けて
何か作りたいと。
じゃ、お得意のキッシュをお願いねと。
 
チョコレートケーキは一緒に
作ろうねと。
 
image
子どもの誕生日に作ったチョコレートケーキ。
フルーツとか不要なのよ、うちの子(笑)
 
 
キッシュも玉ねぎ2個分のスライスを
あめ色になる迄炒めます。
その方が甘みが出て美味しくなるって
子どもも分かっているから。
 
 
友達の妹の旦那様が
(関係は遠いけどよく一緒にご飯食べてる)
うちでご飯食べない?って誘った時に
「僕、ティラミスボランティアするよ!」
って言ってくれた事があります。
勿論、みんな大歓迎♡
 
彼は大学時代のルームメートの
お母さんのティラミスレシピを
ずっと作り続けているそうです。
うちの子もそうなれるようにと。
彼はいつも気軽に
「パスタナイトしようよ」
とカルボナーラを作ってくれたりと
気楽に作ってくれます。
 
いいお手本があるからね、
うちの子もそうなって欲しいわ。
目指せ、料理男子💖