今日は、40歳手前のBさんが妊娠、出産された事例をご紹介致します!
Bさんのご主人は2歳年上で、結婚歴6年。ご結婚されてから、ずっと妊娠に心かけてタイミングを図って居ましたが、なかなか妊娠しませんでした。

そこで、不妊治療専門病院で検査した所  、ご主人が無精子症と診断され、手術をしないと妊娠は不可能とその病院の先生に言われました。

Bさんご夫婦はもちろん子供が欲しいのですが、ご主人には、手術に抵抗がありました。そこで、とりあえず鍼灸で体質改善をしてから考えると決められ、ネットで調べられて、今から3年前に当院へお見えになられました。

お見えなられた当時のBさんは、腰から足にかけての冷えが酷く、地元の婦人科での検査で4㎝の子宮筋腫一個と、小さな筋腫が2個が有る状態でした。

又生理の出血量が多く、生理前のイライラと生理痛と生理前症候群(PMS)がありました。

PMSの原因は、現代医学では排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係しているようだと言われていますが、まだはっきり分かっていません。

Bさんの場合、東洋医学で観ると冷えによる瘀血と思われました。ご主人は、高校頃から腰がよく痛くなるとお聞きしました。

ご主人がお見えになられた時も腰痛と肩凝りがあり、緊張しやすい感じでした。ご主人の体質は東洋医学で観ると腎虚と瘀血と考えられました。ご主人の瘀血はストレスによるものと思われました。

Bさんの方に冷えと瘀血に有効なツボを選択し、基本的に週一で、生理前一回増やして、鍼灸と漢方へそを施術させて頂きました。

ご主人の方は、東洋医学では精子を作るのに腎のパワーが必要ですが、腎が弱いと精子が作られなかったり、精子の運動率が悪かったり、奇形率が多かったりしますので、鍼灸施術としては、腎を補うのを主として、自律神経をコントロールする事も心かけて、鍼灸と漢方へそを月に3〜4回のペースで施術させて頂きました。

施術約半年後、Bさんの冷えと生理痛が大幅に改善され、ご主人の方も以前より明るくお元気になられ、更に一年後にBさんが自然妊娠されました。奇跡的です!
昨年末元気な女の子が生まれました!
Bさんご夫婦二人して、よく頑張りました。おめでとうございます!