本日は、40代前半のJさんが、不妊治療専門クリニックにて2年間に渡り体外受精を試みられるも結果が出ず、病院での治療を休止され、当院の鍼灸と漢方へそ灸のサポートのみで自然妊娠され、出産された事例を、ご紹介致します!

Jさんは、4年前の30代後半で結婚されて直ぐに不妊治療専門病院に通われ、AIHを3回されてから直ぐステープアップされました。

去年の春頃までに、不妊治療専門病院にて十数回採卵し6回の移植をされていました。
その内で、一回だけ妊娠反応が出ましたが、妊娠継続になりませんでした。

なかなか質のいい卵が採れなく、治療と仕事の両立で精神的にも疲れた為に病院を一旦休まれ、お体を整える事と、卵の質を改善する為に、今から約一年半前に同僚のご紹介で当院にお見えになられました。

Jさんがお見えになられた時のお体は、冷え性が有り、生理痛も酷く、たまに不正出血がありました。
また、病院の先生から「少し子宮内膜症も有りますね」と言われた事も有ったとお聞きしました。

東洋医学的な観点から見ますと、Jさんの状態は、冷え性による瘀血で、卵巣や子宮に行く血流が減っていたと思われます。

卵巣や子宮に充分な栄養が行き渡らない為に質のいい卵が採れなく移植しても良い結果に繋がらなかったと思います。

また東洋医学的な考えでは、妊娠できるかどうかは腎のパワーと関係あり、一般的に女性は35歳から腎のパワーが弱って行きます。Jさんも年齢的も腎のパワーが弱くなっている状態だったと思います。

そこで、腎を補うツボを厳選し、鍼灸と当院の冷え性に特効な台湾式漢方へそ灸を生理の排卵するタイミングに合わせて、週に1〜2回のペースで施術させて頂きました。

そうすると、施術させて頂いて約7ヶ月した頃、生理が1週間遅れた為、病院に行き妊娠が確認されました。2年間体外受精しても妊娠出来なかったのに、驚きの自然妊娠でした!

赤ちゃんが順調に育つのと、つわりを軽減する為に、21週ぐらいまで鍼灸と漢方へそ灸を施術させて頂きました。

そして、去年年末に無事に待ちに待った女の子が生まれました!

Jさんみたいに病院を休止中に、鍼灸と漢方へそ灸の体質改善のみで、自然妊娠されている方が相当数あります。

卵管が通れば、鍼灸と漢方へそ灸により、卵の質と子宮力をアップさせ、自然妊娠できると思います!