先週Aさんから、先月無事に出産しましたとのご連絡がありました!

本日Aさんは鍼灸と漢方へそ灸のサポートで今年の始めに都内の某不妊治療専門病院にて、3日目で9分割の凍結胚の移植で、妊娠・出産された事をご紹介します!

Aさんは40代前半で、結婚歴8年で38歳迄に、タイミング治療や人工授精を受けられ、それからステップアップされ、不妊治療専門クリニックにて採卵、移植を繰りされていました。
しかし、なかなかいい結果に繋がりませんでした。

40歳の時、当院の鍼灸に通われてから妊娠された職場の同僚からのご紹介で、当院にお見えになられました。

Aさんは、チョコレート嚢腫があり、生理が重くて、いつも3日間ぐらい鎮痛剤を飲まないと仕事できない状態で、生理の出血のに黒っぽく、塊を伴い、お腹、足の冷えもありました。4㎝ぐらいの子宮筋腫もあったそうです。AMHは急低下0.2

東洋医学から見ると、Aさんのお体は典型的な冷え性と瘀血 (血流が悪い)でした。

質のいい卵を作る為に、まず冷え性を改善して、瘀血をなくして、卵巣や子宮内膜の血の流れを良くする事です。

栄養を卵に届けるように厳選したツボに鍼と当院特有な冷え改善や子宮内膜の血流に効果的な漢方へそ灸を生理の周期に合わせて、週に1〜2回のベースで、施術させて頂き来ました。


約半年後、再度不妊治療専門クリニックでの採卵で、卵が採れるようになりました。生理痛もかなり改善されてました。

その後3日目9分割胚一個と胚盤胞2個を凍結できました。今から約2年前に移植に集中的にされました。

まず一番グレードいい胚盤胞を不妊治療専門クリニックで1個移植されました。判定日に初めてβ-hcgが13出ました。継続出来ませんでしたが、少し子宮力アップ出来たと思われます。

2回生理を見送りとなり、引き続き体質改善する鍼灸と漢方へそ灸を週に一回のペースで施術させて頂き来ました。

もう一個の胚盤胞を移植となり、今回は残念ながらhcgが出ませんでした。着床しませんでした。

そして今年の3月頃に残りの3日目9分割凍結胚を上記同不妊専門クリニックにて移植されました。10日後の判定では、β-hcgが60出ました。

見事に着床してました。続けて胎嚢、心拍とも無事に確認できました。先週無事に男の子を出産されました❗️

Aさんの妊娠成功は、質のいい卵を作る為に特に生理が始まるちょっと前から、採卵迄と移植前後に週に2回ぐらい鍼灸と漢方へそ灸施術させて頂いた事も妊娠出産につながっていると思います。